高崎観音山で「和」がテーマの屋外コンサート−農大二校吹奏楽部OBデビュー /群馬 / 2010年05月08日(土)
 高崎市染料植物園(高崎市寺尾町、TEL 027-328-6808)で5月9日、津軽三味線「松本梅しょう(ニンベンに正)と梅しょう会社中」と金管バンド「NOB」による屋外コンサートが開催される。(高崎前橋経済新聞)

【関連画像】 農大二校吹奏楽部OB「NOB」がデビューするステージ

 松本梅しょうさんは、国内はもちろんアメリカやヨーロッパなどで活躍する三味線奏者。奈良県出身だが1970(昭和45)年、前橋市に住む藤本秀竜師に入門し三味線の世界へ入った。現在、梅しょう会とともに「高崎から三味線、民謡、尺八など邦楽器の素晴らしさを世界に発信したい」と精力的に活動している。

 「NOB」は東京農大二校(同市石原町)吹奏楽部のOBで構成された金管楽器のアンサンブルで、今回がコンサートデビューとなる。同校はラグビー部、野球部の活躍でニュースになることが多いが、吹奏楽部も全日本マーチングフェスティバルに連続出場するなど全国的に知られている。

 同園担当者は「新緑の観音山丘陵の美しさは言葉で表現できないほど。森林浴をしながら楽しめる津軽三味線と金管楽器のセッションを一人でも多くの人に楽しんでもらえたら」と参加を呼びかける。

 同園のコンサートは人気があり、毎回250〜300人が訪れる。

 コンサートは11時〜12時30分(雨天の場合は休憩室で開催)。開園時間は9時〜16時30分。入園料は、大人=200円、大高生=150円。

【5月8日17時19分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000012-minkei-l10
 
   
Posted at 19:10/ この記事のURL
流通BMS対応の受発注システム導入、初めの一歩 / 2010年05月08日(土)
 前回「流通BMSの先行事例から見えてきた受発注システムの課題(※)」では、流通業界のお荷物的な存在だった受発注システムが、流通BMSと呼ばれる標準によって生まれ変わりつつあることを説明した。

 しかし、先行事例を見る限り導入に当たっての課題は多い。システム担当者にとっては頭の痛い問題であり、“触らぬ神にたたりなし”、できることなら先延ばしにしたいというのが本音ではないだろうか。とはいうものの、20数年にわたり使い続けられてきた旧来のJCA手順はもはや限界で待ったなし。遅かれ早かれ検討を始めなければならない状況である。本稿では、そんな悩めるシステム担当者が流通BMS対応の受発注システムを導入する際、事前に考慮すべき点についてアドバイスしていきたい。

※流通BMSの先行事例から見えてきた受発注システムの課題
→http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1003/15/news01.html

●導入に当たってまずは既存システム・業務の課題を洗い出そう

 あらためて整理してみると、流通BMSを導入するに当たって流通業界のシステム担当者は以下の課題を抱えている。流通業が抱える共通の課題を自社に置き換えて考えることは、導入方法を検討する上で非常に有効だ。

受発注システムの課題

 EDI(Electronic Data Interchange)に関しては、混在する既存の種々の仕組み(JCA手順、全銀手順、Web EDI)を持っているのに加えて、新たに流通BMSへの対応を迫られている。既存の仕組みが一気に流通BMSに置き換わる状態ではないため、既存の環境を残しつつ、流通BMSにどう対応するかが課題である。

 小売業のシステム担当者にしてみると、大小の規模を合わせた何千という取引先に対して一度に流通BMS化への依頼をすることは到底できないと考えている。一方で、卸売業やメーカーのシステム担当者は、得意先である小売からの依頼だからといっても、1社からの依頼で流通BMS化に充てられる費用は限られている。たとえ今後ほかの取引先から同様の依頼があると予想できても、あらかじめそれを見越した上で予算も含めたシステム化の検討を行える企業は少ないだろう。

 われわれがコンサルタントとしてお話しさせていただくと、小売側にしても、卸・メーカー側にしても、このような課題を抱えている担当者をよく目にする。特に小売よりも卸やメーカー担当者は、得意先である小売各社が今後(段階的ではあるにしても)流通BMSに対応していくことは分かっていながら、全体を見据えた流通BMS化の予算を取ることができないようだ。結果として、1社ごとに対応するたびに工数や費用を掛けてしまっている企業が多い。

業務面での課題

 既存システムが日次や月次の業務の締め処理に合わせて構築されているため、各業務の締め時間にシステム負荷が集中してしまう。そのため、月末や年度末の負荷に耐えられるシステムリソースの増強を常に考える必要がある。しかし、締め処理の時間以外はシステムリソースに十分余裕があるにもかかわらず、「システム側の都合で業務や締め処理の時間を変更できない」と考えてしまうシステム担当者は少なくない。結果として、業務的な改善を提案できずに、単に最大負荷に耐えられるだけのシステムリソースを追加するしか処置がないのだ。

 その原因には、一般にシステム担当者が「業務をうまく回るようにするのが大前提で、自分たちは裏方に徹するのが本分だ」と考えている背景がある。そのため、ハードやソフトの保守が切れたことをきっかけに業務システムを入れ替えたとしても、システム担当者が常日ごろから業務課題を取り除くようにはかかわっていないため、以前と比べて何ら導入効果が感じられないシステムが出来上がってしまっていることも多い。

 例えば、マスターデータなどは、先にシステム登録されていなければ入出荷はおろか発注・受注すらできない。しかし、マスターデータの更新がリアルタイムにできるシステムを備えていないため、システムの対応ができるまで新商品を販売できなかったり、システムが対応する前に販売してしまった場合には、後日手作業でデータを修正したりしている。マスターデータのシステムを更改したとしても、商品アイテムの増加によるHDD容量の拡充と性能を含めた操作性の向上だけに着目してしまうと、業務として抱えている課題であるマスターデータのリアルタイム更新は未解決のままとなる。

 このように、業務課題を解決するためにシステムを導入したはずが、結局は業務課題を棚上げしてしまっている例はいくらでもある。

システムロードマップの課題

 多くの企業がそうであるように、必要に迫られつつシステムを整備してきた結果、いざEDIとして流通BMSを導入しようとしたとしても、その効果が実現できるはずの、物流・トレーサビリティ・会計をはじめとする基幹系の仕組みとの連携が容易でなくなっている。具体的には、各システム内で利用しているマスターデータやけた数、項目の属性などがシステムごとにバラバラで統一されていない仕組みをよく見かけるのだ。

 流通BMSを基幹システムと連携させるには、各システムの経年劣化に合わせて更改計画をあらかじめ作成し、伝票レス、トレーサビリティ、在庫管理、RFID、自動発注などの今後取り組むべき機能と併せて、既存基幹システムの効果を引き出せる要件を明確に定めた上で、段階的に連携を図る必要がある。そのためには、システム担当者は企業内のシステムをふかんした上で、必要に応じて適切な要件を既存基幹システムに追加しながら流通BMSの導入を進めるのがよい。

 われわれがコンサルタントとしてよく直面するのが、自社のシステムをふかんできずにいるシステム担当者である。「システムをふかんする」ということは、単にある業務システムのI/Oを明確にするだけではなく、企業の業務全体の業務フローを把握した上で、ロールとミッションがどのように結び付き、いつシステムを利用(参照・更新)しているのかを把握することである。その結果、おのずと業務とシステムのズレや課題が見えてくるのである。

 流通業のシステム担当者は、大小の差はあるにしても上記のような課題を抱えて既存のEDIを運用しながら、流通BMSの導入を検討している。システム担当者として考えていただきたいのは、流通BMSの導入はシングルポイントでは解決できないということだ。前述の課題が示すように、既存EDIのメンテナンス工数に加えて、さらに場当たり的に追加する形で流通BMSを導入するのであれば、一向にメンテナンス工数が減ることはないのだ。ここはぜひ腰を据えて取り組む必要があると理解していただき、それが結果として担当しているシステムをより良い仕組みに変えていく近道となり、システムを変えることで業務が改善し、全社がより良くなるととらえていただきたい。

 次回は本稿で挙げた課題を踏まえ、流通BMS対応製品の種類や製品選びのポイントを解説していく。

※「流通BMS」は、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。 5月8日13時7分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000012-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 19:09/ この記事のURL
デノン、HDMI 1.4a対応のAVアンプ3機種を投入 / 2010年05月08日(土)
 デノンは、AVサラウンドレシーバー「AVR-3311」「AVR-1911」「AVR-1611」の3機種を6月中旬に発売する。いずれも3DとARCに対応したHDMI 1.4a端子を備える3Dレディーモデル。上位機のAVR-3311にはブラックとシルバーのカラーバリエーションも用意した。

【拡大画像や他のモデルの紹介画像】

 AVR-3311は、各チャンネル125ワット(定格)のディスクリート構成パワーアンプを搭載した7.2チャンネルAVアンプ。ドルビーTrueHDやDTS-HD MAといったHDオーディオ対応のデコーダーを搭載。さらにAudyssey DSXやドルビーPro Logic IIzのプロセッサを採用しており、幅や高さ方向に音場を広げる「3D時代にふさわしいサウンド」(同社)を作り出すという。

 信号経路のシンプル化やストレート化を徹底したほか、パワートランスを高剛性のボトムシャーシに固定するなどの防振対策を施している。パワーアンプの性能をフルに引き出すため、電源部には高速の整流ダイオードや大容量ブロックコンデンサーを採用した。

 スピーカー端子は、全チャンネルバナナプラグ対応の締め付けタイプ。ハイト、ワイド専用のスピーカー端子を備え、アサインモード“ノーマル”でAudyssey DSXやドルビーPro Logic IIzを選択すればそれぞれのスピーカーに自動的に出力される。また、サブウーファーは2台まで接続可能だ。

 HDMI入力は6系統、出力は2系統を装備。HDMI CECを利用した各社のリンク機能をサポート。シャープ、パナソニック、東芝、日立製作所、三菱電機、ソニーのテレビと組み合わせた場合、アンプの電源オン/オフや入力切り替え、ボリューム調整などがテレビのリモコンで行える。もちろんアンプの電源がスタンバイ状態でもソース機器の映像を伝送するパススルー機能を装備。新たに3D信号のパススルーにも対応している。

 このほか、iPod/iPhoneやUSBメモリーなどを接続できるUSB端子、Windows PCと連携して楽曲・画像ファイルをネットワーク再生するメディアクライアント機能、インターネットラジオなども搭載。Windows 7のLLTD(Link Layer Topology Discovery)機能やWebブラウザ(Windows Vista以前)によるAVアンプのリモート設定が可能など、ネットワーク機能も充実している。

 外形寸法は、434(幅)×171(高さ)×381(奥行き)ミリ。重量は12.2キログラム。ブラックとシルバーの2色を用意した。

●AVR-1911

 AVR-1911は、各チャンネル90ワット(定格)の7.1チャンネルAVアンプ。HDオーディオに加えてドルビーPro Logic IIzプロセッサを搭載。高さ方向に音場を広げるサラウンドを楽しめる。サラウンドバックチャンネルのアンプは、フロントのバイアンプ駆動やフロントハイトチャンネルに割り当てることが可能だ。

 HDMI端子は、入力4系統と出力1系統。上位機と同様に3DやARCに対応した。もちろんHDMI CECによる連係動作も可能だ。

 このほか、iPod/iPhoneの接続が可能なUSB端子や、別売のiPodコントロールドック(ASD-11R)用端子を装備。AM/FMチューナーやスリープタイマーといった機能は上位機と同じだ。

 外形寸法は、434(幅)×171(高さ)×381(奥行き)ミリ。重量は10.2キログラム。

●AVR-1611

 「AVR-1611」は、各チャンネル75ワット(定格)の出力を持つ5.1チャンネルAVアンプ。USB端子はないが、別売のiPodコントロールドック(ASD-11R)用端子を装備。AM/FMチューナーやスリープタイマーといった機能も備えた。

 HDMI端子は、入力が4系統、出力は1系統。3D映像伝送やARCをサポートしている。

 外形寸法は、434(幅)×171(高さ)×381(奥行き)ミリ。重量は9.2キログラム。

【5月8日13時28分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000014-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 19:07/ この記事のURL
iPad、日本ではソフトバンクモバイルが提供 / 2010年05月08日(土)
 ソフトバンクモバイルは8日、「iPad(アイパッド)」(アップル社製)の取り扱いについて正式発表した。5月10日午前10時より先行予約受付を開始し、Wi-FiモデルとWi-Fi+3Gモデルを提供する。提供は5月28日より。

【その他の画像、より大きな画像、詳細なデータ表など】

 iPad本体とともに、専用プリペイドプランをラインアップ。24か月の分割支払いプラン、月々のデータ料金の割引、そして公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供する。

 Wi-Fiモデルの本体価格は24回分割払いの場合月々2,220円〜。Wi-Fi+3Gモデルの本体価格は、前払い方式のプリペイドプランに申し込んだ場合で、月2,760円〜(24回分割払い)。国内使い放題の「(iPad専用)データ定額プラン」に申し込んだ場合、月2,430円〜(24回分割払い)となる。

 プリペイドプランを契約すると、2010年6月30日まで4,410円で3Gネットワークが使い放題となる。7月1日からは4,410円で30日間もしくは1GBまで利用できる「(iPad専用)プリペイドプラン(1GB)」と、1,510円で30日間もしくは100MBまで利用できる「(iPad専用)プリペイドプラン(100MB)」を選択可能。国内使い放題の「(iPad専用)データ定額プラン」は、「iPad向け月月割」によって、月額2,910円で利用可能。

 取り扱い店は、限定のソフトバンクショップや家電量販店のアップルコーナーなどのiPad正規販売店。また、Apple直営店ではiPadの全モデルを、AppleオンラインストアではWi-Fiモデルを予約可能となる予定。

 ソフトバンクモバイル代表取締役社長 兼 CEOの孫 正義氏は「アップルとのパートナーシップによりソフトバンクモバイルが日本でiPadを提供できることを喜ばしく思います。ソフトバンクモバイルのお客さまが、この魔法のようなプロダクトを経験して、楽しんで頂くために、驚くべき幅広いプランを用意しました」とのコメントを寄せている。


【5月8日13時10分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000000-rbb-sci
 
   
Posted at 19:05/ この記事のURL
シャラポワが東レ・パンパシテニスに出場 / 2010年05月08日(土)
女子テニス世界ランキング14位のマリア・シャラポワ(ロシア)が、9月26日(日)に開催される『東レ パン・パシフィック・オープンテニス』(東京・有明)に出場することが決定した。

マリア・シャラポワの写真

昨年この大会を制覇したシャラポワは、リンゼイ・ダベンポート(アメリカ)以来5人目の連覇を目指す。シャラポワ以外にもセリーナ・ウィリアムズ(世界ランク1位/アメリカ)やディナラ・サフィナ(同3位/ロシア)らトップ10のうち8選手が本大会に出場する。また、クルム伊達公子(同70位)もワイルドカードでの出場が決まっている。チケットは発売中。


【4月26日16時57分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000002-pia-spo
 
   
Posted at 19:04/ この記事のURL
イチロー、松井秀の試合予定=9日、マリナーズvs.エンゼルス第2戦 / 2010年05月08日(土)
 米大リーグ、マリナーズのイチローとエンゼルスの松井秀喜が8日(日本時間9日)、マリナーズの本拠地で直接対決3連戦の第2戦に臨む。前の試合で4打数無安打だったイチローは、今季はここまで29試合に出場し、打率3割8厘、0本塁打、3打点の成績を残している。一方、日米通算1500打点まであと「1」と迫っている松井秀だが、前の試合で3打数無安打で打点なしに終わり、記録達成へ7試合足踏みが続いている。今季はここまで31試合に出場し、打率2割3分、4本塁打、13打点。

 マリナーズの先発予定は右腕フィスター。今季は5試合に登板して2勝1敗、防御率1.29。松井秀とは過去2打席対戦して、四球とソロ本塁打を打たれている。一方、エンゼルスの先発予定は左腕ソーンダース。今季は6試合に登板して1勝5敗、防御率7.04。イチローとの通算対戦成績は打率2割1分4厘(28打数6安打)、0本塁打、0打点。

【5月8日18時16分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000027-spnavi-base
 
   
Posted at 19:02/ この記事のURL
ヨーロッパの大都市で仁義なきカーチェイス――「ストリートレーサー ヨーロッパ」5月7日発売 / 2010年05月08日(土)
 オーバーランドは、5月7日よりPC版レースゲーム「ストリートレーサー ヨーロッパ」のオンライン販売を開始する。

【拡大画像や他のゲーム画面】

「ストリートレーサー ヨーロッパ」はヨーロッパを代表する6都市、プラハ、サンクトペテルブルク、モスクワ、ワルシャワ、アムステルダム、バルセロナの市街地を舞台にストリートレースバトルを繰り広げるゲームで、露Noviy Disk社が発売する「European Street Racing 2」の日本語バージョン。レースといっても単にサーキットで速さを競うのとは異なり、ライバル社を激突して壊したり、暴走レーサーを取締まるパトカーとカーチェイスを繰り広げるなど、アクションバトル要素が強い仕掛けになっている。各ステージで1位を取ると賞金が与えられ、その資金を元にクラッシュした自車を修理したり追加部品でパワーアップしながら、全23ステージのクリアを目指す。また、ドライブするクルマは四輪車14種類のほか、3種類のオートバイも選べる仕組みとなっている。

 なお、オンラインによるダウンロード販売のほかWebサイト上からCD-R版を購入することもできる。価格はオンライン版が1980円なのに対し、CD-R版は2480円となっている。

【5月8日2時6分配信 ITmedia Gamez
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000001-zdn_g-game
 
   
Posted at 19:00/ この記事のURL
大人のフェス『情熱大陸』、第2弾アーティストが発表に / 2010年05月08日(土)
葉加瀬太郎がプロデュースする野外音楽フェスティバル『情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA '10』に出演する第2弾アーティストが発表になった。

出演者の写真

今年で9年目を迎える本フェスは、7月31日(土)に大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場、8月7日(土)に東京・夢の島公園陸上競技場、21日(土)に北海道・札幌芸術の森 野外ステージの3か所で開催。

すでに、葉加瀬太郎、佐藤竹善、鈴木雅之、藤井フミヤ(東京&札幌のみ)、押尾コータロー(東京&大阪のみ)、キマグレン(東京のみ)の6組の出演が決定。今回新たに発表になったのは、斉藤和義(東京のみ)、森山良子(東京&大阪のみ)の2組。これで計8組の出演が決定した。

なお、チケットの先行予約は、東京公演が5月10日(月)11時まで、大阪公演が5月18日(火)11時までチケットぴあにて受付中。

【5月7日17時43分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100507-00000007-pia-ent
 
   
Posted at 18:58/ この記事のURL
ギリシャ問題による市場下落は優良企業に投資する格好のチャンスだ / 2010年05月08日(土)
■貧富の格差? 

 連休を利用して私の生まれ故郷である旧満州を訪ねてきた。旅の主な目的はかつての日本人がいかにして帝政ロシアやその後のソ連の脅威から日本を守ろうとしていたか、その跡を訪ねることである。

 いま沖縄をめぐって鳩山首相は抑止力に思いが浅かったなどと寝言を並べているが、昔の日本があれだけ守りを固めていても、ソ連に侵略されたら総崩れになった歴史ぐらいは知っておくことだ。

「攻撃は最大の防御」とも言うが、別に攻めなくても、攻められたらこっぴどい目にあわせるぐらいの準備は必要だろう。

 それにしてもいまの中国の東北部(旧満州)は広い。北は黒河から南は大連まで縦走してきたが、北の国境あたりの風景と南の大連では月とスッポンほどの差ができていて、貧富の差はものすごいものがある。

 しかし貧しいなりにそれぞれが「いつか見ていろ俺だって」と考えているのは明白で、そのエネルギーたるや目を見張るものがある。これで共産党一党支配なのだから「国に政策あれば民に対策あり」をまざまざと感じてきた。すぐ隣りにバイタリティに溢れ、厄介なことに大金を持ち始めた国が存在することを忘れないことだ。

■ユーロの自損事故

 日本がのんびり連休を楽しんでいる間にも世界は大きく変わり、ギリシャの大借金がやっと市場の関心事となってきた。

 ドル不安が高まっていたころには、もうドルは暴落するからこれからユーロだと言っていた連中が沢山いたが、きっと目が節穴だったか、市場の原理をまったく理解していなかったのであろう。

 そもそもユーロ圏がすんなりと理想通りにいくわけがないことぐらい、市場やその参加各国の思惑を考えたらすぐ思い当たったはずだ。

 カネの単位はひとつに、人の出入りは自由にしたとしても、財政については各国がバラバラ、おまけに貧富の格差も大きいままだから、ユーロ圏内の貧しい国の労働者を安くこき使い、そこにカネをじゃぶじゃぶ貸付ければ焦げ付くのは自明の理。いまになってドイツなどはギリシャ救済に反対しているようだが、いちばんメリットを享受したのではなかったか。

 世界中の株式市場が金融株を中心に大きく下げているが、もとはと言えば金融機関が自ら蒔いた種であり、不良債権が増えたとしても自業自得だろう。

 いまはCDSなんて便利な仕組みもあるから、そのうちうまく立ち回った金融機関と、そうでないところではまた差がつくのだろうが、あのゴールドマン・サックスは何をしていたのかは大いに気になる。

 おそらくまた世界の関係者が集まって、金融制度を締め上げる対策を練るのだろうが、これは「後悔先に立たず」を絵に画いた好例となるのではないだろうか。

■あらためてバフェット

 毎度しつこく主張しているが、株式投資の本質は企業の将来に投資することであり、目先のトレーディングとは異質なもの。

 トレーダーにとっては今回のギリシャの問題は大ごとだろうが、投資家にとっては企業を買うのだから企業の実質価値より株価が下げてくれた方がありがたい。

 市場はいつの時代も合理的に動かないのだから、本質が外れたところで株価が不合理な下げをやってくれれば、そこは格好の買い場になる。

 米国の著名投資家であるウォーレン・バフェットはこの原則を忠実に守ってあれだけの富を築いたのであり、金融市場の混乱で株価が下げるのなら、投資家にとってはいいチャンスとなると考えて対処すべき時だろう。目先でバタバタしているだけではとても富など築けるわけもないのだから。

【5月8日10時40分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000000-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 18:56/ この記事のURL
バンドー化学、インドなどを重視:中期経営計画策定 / 2010年05月08日(土)
 バンドー化学グループはこのほど、中期経営計画を策定した。2012年度の営業利益目標を、従来計画の100億円から70億円に縮小するほか、中国、インド、ASEAN諸国などを中心に、海外事業の拡大を図るとしている。

 また、「環境・省エネ・クリーン」をキーワードとして、差別化した新製品を連続的に市場に投入するとともに、現行製品の改良を行い、製品のリニューアルを推進する。

 さらに、今後成長が見込まれるオプトエレクトロニクス、新エネルギー、ロボット市場を重点市場とし、新規用途やニーズに対応した新製品開発を加速するとともに、次世代の柱となる新事業の創出にも取り組む方針。(10年5月6日、バンドー化学のニュースリリースから)

05/06/2010 5月6日23時0分配信 インド新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100506-00000011-indonews-int
 
   
Posted at 18:55/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!