版社勤務をへて、手紙や文章の書き

February 28 [Tue], 2017, 13:01
こに覚えさせて、それをもう一度コンピューターに取り込むと音がするんですね。「ピーー、ポ、パ、ポ」という音が人の作ったプログラムの記録です。
エムシーエムiphone7ケース

 で、父親が在庫管理を最初ノートでやっていて、それが大変だということで、僕も何か親孝行しようというので、ベーシックで一生懸命、在庫管理のプログラムを作ったのが最初のコンピューターとの出会いです。

孫氏:何歳ぐらいでした?

山中氏:20歳ぐらいです。
iphone7 plus最初テープだったんですけど、その次はフロッピーディスクになりました。「随分すごいな、これは」と思いました。
iPhone7ケースヴィトン風

 医者になったときにはハードディスクが出ていまして、これが確か5メガバイトとかそれぐらいで。20万円ぐらいしたのですが、研修医の2カ月目の給料をはたいて、その5メガバイトのハードディスクを買ったら、周りの人が「山中先生、これ、一生使えるなあ」と、「こんな大量のディスクをどうするんだ」と言われたんですが、もうぜんぜん足りなくなりました。
iPhone7ケースグッチ

 コンピューターの進化っていうのはちょっともう信じられないですね。だから、今のみんなは大変な時代に住んでいるなと思います。
シリコンiPhone7ケース

 僕がみんなと同じぐらいのときは、コンピューターもないですし、インターネットもないですし、ぜんぜん違う感覚の中で、情報量もぜんぜん少なかったですし、世界の情報もまったく入って来ませんでした。そういう意味で今はすごくみんなは恵まれていますし、逆にその中でどうやって人と違うことをやるのかというのがとても難しい時代であるのも確かだと思います。
iphone7ケース

●変なものを作ると大人が「異常に褒めてくれた」経験

孫氏:ありがとうございます。五神先生どうですか?

五神氏:“登る山の決め方”というテーマですが、私はいつ山を見定めたかというのが、なかなか思い浮かばないんですね。
シャネルiphone7ケース


 小さい頃はものを作るのだとか、絵をかくのだとか、粘土細工をしたりだとかするのが好きだったんですが、なんでそんなことを好きになったのというと、歩いて5分ぐらいで行けるところに彫刻家の先生がアトリエを持っていたんですね。

 その先生は抽象的な彫刻を作る先生だったので、彫刻が売れたりすることはなく、たぶんものすごく奥様は大変だったんじゃないかなと思うのですが、そこに行くとその先生の仲間が集まって、いつも楽しそうにものを作っているのです。
超人気iphone7ケース

 そこに近所の子供たちが集まって、プロの彫刻家が使うような彫刻刀とかいろんな道具を自由に使わせてくれるようなところだったんです。

 たぶんうちの親は情操教育だと思って、そこに出入りするようにしたんだと思うんですけど、先生はそういう方たちなので何も教えない。
iPhone7ケース シャネル風好きにものを作る。

 皆さんは、皆さんが作ったものを周りの大人が異常に褒めてくれる経験を持っているんじゃないかなと思います。
iPhone7ケース変なものを作ると、普通の人から見ればそれは何の意味も持たないものなんですけど、彫刻家の方たちのような感性がある人たちが見ると、感動してくれるんですね。

 で、私は子供ですから、すごいことをしたんじゃないかという錯覚を起こすんです。
シャネルiphone7ケース私は絶対、芸術家になろうと思っていたわけです。そう思っていたんですが、だんだん次第に育ってくると、やはり生まれながらの才能というのが合致しているのかというのがわかってきます。
ルイヴィトンiphone7ケース

 美術とかそういうものは好きだったんですが、これで一生食べられるわけではないなということに気がつくのが、中学、高校ぐらいでした。

●本当に新しいものは必ず役に立つ

五神氏:で、その頃他に何をしていたかというと、たまたま父もエンジニアだったものですから、当時はアマチュア無線とかが流行っていて、無線に凝っていて、それで友達と一緒にアンテナを立てて、通信をしたりとか。
iPhone7ケース シャネル風

 高校時代には顧問の先生に、「雷が落ちるから絶対にやめてくれ」と言われて、でもそれを無視してみんなでテントを張って通信したりしていたんです。

 そのときに電波の伝わり方とかそういうようなことを、子供ながらに、高校生ですから少し本を読んだりもするなど、そういう物理現象に結構興味を持っていたんです。
iphone7ケース

 ただ大学に入ってみて専門で何かをやろうといったときに、いわゆる理学として真偽の探求をするということと、人々の役に立つことと、どっちが大事だろう?というようなことを、しきりに悩んでいたんですね。

 私がつとめる東京大学というのは、理科1類、2類というのがあって、入ったあとで自分の進路を選択することができる。
ルイヴィトンiPhone8ケースそれ自身は非常に良いシステムだと思うのですが、高校時代は数学・物理などを非常に好きになっていたので、理学部の物理とか数学をやりたいなという気持ちがあったのですが、でも社会から切り離されてしまうということに少し不安がありました。

 それでそのときに東大のいろいろな先生方に聞きに行って、ま、一人で行くわけですね。
ルイヴィトンiPhone8ケース大学というのはちょっと敷居が高いように思うかもしれませんが、自ら戸を叩くと先生たちは喜んでいくらでも話をしてくれる。

 そのようなことをしていたら、「心配しなくていい。
エムシーエムiphone7ケース本当に新しいことは必ず役に立つから」と言っていただき、その例としてあげたのがトランジスタとレーザーでした。トランジスタは孫さんのお話にもありましたように、コンピューターというものを生み出して世の中を一変させた。
iPhone7ケース シャネル風

 そういうようなことが頭にあって、進路を決めるっていう時に、芸術的なことにも興味があったので、大学2年生ぐらいまで悩んでいました。

●光をあてると、ものが温まるのではなく冷えるという現象

五神氏:しかし、あるきっかけがあって物理学をやろうと、特に光というのがどういうものかっていうことを理学として理解したいなと思ったんですね。
アイフォン7シャネル

 一年生のときに相談した先生から「たとえばトランジスタとかレーザーとか」という言葉が頭にずっと残っていて、「そうだ、レーザーを使って光の研究しよう」ということで、研究室に入りました。

 私が大学院の修士で研究室に入ったのが1980年なのですが、レーザーは1960年に発明されているのです。
グッチiPhone7ケース
エルメス iphone7ケースですから、発明されて20年経っているので、もうレーザーというもの自身は、実験室にはちゃんと製品があるというような状態でした。

 しかし、当時、光の強さで20ワットぐらいのレーザー光を出そうとすると、30キロワットぐらいの電源を使うような状態でした。
グッチiPhone7ケース

 ですから、強いレーザー光でいろんな面白い実験をしようとすると、まず大きな電源を用意して、それから30キロワットの電源を使◆メールで心からの感謝を伝えるお礼の仕方
メールでは自分の気持ちを率直に具体的な表現で述べるのが好印象。「御礼申し上げます」はビジネス文書向きな儀礼的な表現で、「ありがとうございます」がベター。
エルメス iphone7ケースまちがいやすい「失礼なお礼表現」にも注意したい。

「何様のつもり」と思われてしまう失礼表現
×参考になりました。
超人気iphone7ケース⇒◎勉強になりました
×感心しました⇒◎感服しました
×お願いして正解でした/助かりました
⇒◎おかげさまで、首尾よく運びました
 また、各パートの最後には実力判定ができる練習問題つき!

◆試してみよう!「敬語力判定テスト」
次の文章には敬語が過剰なところがある。適切な表現に直してみよう。
Kate Spade iPhone7ケース

(1)お客様がお越しになられました。
(2)お名前様をこちらにちょうだいさせていただけますでしょうか。
シャネルiPhone7ケース
(3)課長がご指摘されました個所は、早速、訂正いたしました。
(4)お車にお乗りになってお時間までお待ちください。
エルメス iphone7ケース
正解は…尊敬語、謙譲語の完成形には「れる」「られる」をつけない!

(1)お客様がお越しになりました。
「お越しになる」で尊敬語が完成している。
アイフォン7シャネル「なられる」とするのは過剰。

(2)お名前をこちらにいただけますでしょうか。
超人気iphone7ケース/ちょうだいできますでしょうか。
「お名前」で十分な尊敬表現のため、「様」は不要。
エルメス iphone7ケース「ちょうだいする」は謙譲語なので、さらに「させていただく」を加えるのはくどくなる。

(3)課長がご指摘の個所は、早速、訂正いたしました。
iphone7ケース
「課長が指摘された」と「課長がご指摘になった」がミックスしてしまったような過剰表現。「ご指摘の」のひと言で、スマートな言い方になる。
ゴヤールiphone7 ケース

(4)車にお乗りになって(乗って)時間までお待ちください
「お」「ご」の使いすぎは聞き苦しいので、1文に1〜2つまでにする。この際、「お待ちください」は生かして、敬語表現で文章を結ぶと丁寧。
エルメス iphone7ケース

 ビジネスで使える文章の書き方から儀礼的な社交文書や、実務的な社外への文書などの作り方、敬語まで学べる『生涯使える大人の文章力スピード学習帳』。デスクに常備することをおすすめしたい、文章マナーの基本書だ。
ルイヴィトンiphone7ケース

著者:杉本祐子
「くらし言葉の会」主宰。NHK文化センター札幌教室「『わかりやすい』と言われる文章の書き方」講座講師。
シリコンiPhone7ケース1957年生まれ。津田塾大学卒業後、出版社勤務をへて、手紙や文章の書き方、冠婚葬祭のしきたりマナーなどの書籍編集や原稿執筆を行っている。

ysl イヴサンローランiphoneケース


ysl イヴサンローランiphoneケース


iPhone7ケースヴィトン風主な著書は『新版きれいな言葉づかいと好感度アップの敬語』『心に響く葬儀・法要のあいさつと手紙&マナー』『必ず喜ばれる!友人・同僚のスピーチ』『新社会人の基本マナー&常識』(以上、主婦の友社刊)ほか。います。
iphone7ケースものすごく熱が出るので、レーザーを冷やす装置を作ります。大きいレーザーを使うと横に温水プールができるというわけです。
シリコンiPhone7ケース

 特に興味を持ったのは、光をあてることによって、ものが温まるのではなくて、ものが冷える現象というのがあることです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kliiui
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる