好気的な運動により体の中にある余分な脂肪が燃えさかるので

April 28 [Thu], 2016, 20:09

ダイエットをやるのに食事を抜いてしまうのは認められません。







実際、長続きしませんし、体調を害してしまいます。







食べ物を取りながら。







カロリーの低いものに置き換えると良いです。







運動を併用する者は、筋肉をつけて脂肪を減らす効果を高めるため、高たんぱくで低いカロリーの食品がお勧めとなります。







体型の変化はすぐに表れるわけではないと思います。







いきなり体型を変化させることは身体によくないので、無理なく痩せるための方法を選び、それを何度も行い、ゆっくりと体重を落としていくのが基本です。







ダイエットが成功したといってすぐやめてしまうと、リバウンド現象が起きてしまいますので、少なくとも3ケ月は続けましょう。







ダイエット中の人は運動で減量するのは普通だと思うのですが、時間を決めて行っているでしょうか?出来る範囲で日々、朝だったら朝、夜なら夜と決められた時間に運動した方が痩せやすい体作りを行うことが出来ます。







若い頃は基礎代謝力がしっかりとしているため、少し食べ過ぎてしまい体重が増加してもしばらく経てば元に戻ることが多いです。







けれども、歳をとっていくと基礎代謝が衰えてしまい、エネルギー消費量も落ちてしまうので、何もしないと太りやすい体になります。







私は子供の誕生後、増加した体重とたるんだおなかを元にもどすために、ダイエットと一緒に生まれて初めて筋肉を鍛えました。







完全母乳で育児をしていたので、思うように減量はできなかったのですが、筋トレはかなり熱心に鍛えました。







おかげで、半年ぐらいでほぼ以前のような体型に戻す願いがかないました。







ダイエットを成功に導くためには有酸素運動(ジョギングなど)をしない訳にはいきません。







好気的な運動により体の中にある余分な脂肪が燃えさかるので、たるんだ部分を引き締める事ができます。







中には、厳しい筋肉トレーニングをやっている人もいますが、こういったのは辛くて長続きしない場合も珍しくないでしょう。







有酸素運動は短くても20分は運動しないと効果がないといわれてきましたが、今は、休まず運動しなくてもあわせて20分運動していれば結果が出るといわれています。







また、筋トレのほとんどは有酸素運動とは反する運動ですが、継続する軽い運動、短い時間に行うハードな運動を交互い行うことで効果をよりアップさせることが、可能です。







痩せることの出来る食事のイメージとしては脂肪分や糖分が控えめに入っているものが浮かぶと思いますが、私個人の経験からすると、塩分が控えめの食事がとても効果を感じやすかったと思います。







特に下半身太りのほうが気になっている人は、まず減塩を行ってみることを勧めます。







炭水化物を減らすやり方で食事制限をしたことがあります。







たくさん噛むことで、充分に心を満たそうとしたけれど、やっかいだったです。







日本人ですので、時々は、がっつりと白いお米を欲します。







だから、現在は、炭水化物の摂取は夜だけは控えますが、朝食と昼食は通常通りに食べるようにしています。







この間、私はダイエットを決意した時、自宅で可能なダイエット法として腕立て伏せ、腹筋、スクワットをして、筋肉量を増やすことで体内の代謝がアップしやすい状態にした後に、少し速足でウォーキングを30分以上しました。







これをなるべく毎日継続することで、2か月の間に5キロのダイエットに成功しましたが、続けることは根気がいりました。







基礎代謝量が高い方についてですが、ダイエットには適しています。







椅子に座る機会に背もたれにもたれかからず背筋を、引き伸ばすようにしたり、歩みを少し注意するだけでも、基礎代謝を上げることができます。







座り方や歩き方がきれいになれば、レディとしての魅力も上がります。







合わせての利点ですよね。







昔に比べて、肉がついてきたので、体重を減らそうと調べていたら、良いやり方、ダイエット法を見つけました。







それは、酸素によって糖質などをエネルギーに変える運動です。







有酸素運動は効果的で食べ物を我慢するよりずっと体重が減ります。







実際、数週間前から有酸素運動に励んでいますが、どんどんスリムになって嬉しいです。







走ることはことのほかききめがあるんだなと体感しました。







ダイエットには様々な方法がありますが、基本となるのはやはり運動と食事のバランスだと思います。







運動と食事制限を同時にやると一段と効果的となるので、毎日ストレッチやトレーニングをすればなおいいですね。







スポーツジムを利用するのもいいですし、それが無理な人は自分でトレーニングやジョギングを行うように心がけるのが良いでしょう。







基礎代謝をアップさせるということはダイエットにも効果的です。







普段あまり汗をかかないタイプの方は、体の中に老廃物という害が溜まりやすい状態になっています。







老廃物が体内に蓄積されることによって基礎代謝を下げることになるので、汗をかきづらい人は太りやすくなるのです。







基礎代謝を良くする事によって汗をかきやすい体に、していくことが大切です。







実際、もっとスリムになろうと思ってもたびたびジョギングしたり徒歩したりするのは正直ちょっとやりたくない気持ちが芽生えてきますよね。







そこでわたしが、一押ししたいのが室内での酸素を取り込む有酸素運動です。







ラジオ体操も、効き目のある有酸素運動なので、楽な服装でオーバーアクションで体操をすると、おのずとカロリーも消費されます。







ダイエットを長い間継続していると、カロリーを計らなくても、大まかですが、摂取カロリーが予想できるようになっちゃうもんです。







主食と主菜、副菜をこのくらいの量食べたので、昼食の摂取カロリーはこのくらいという具合に予想できるのです。







私にもデブだった時があるので、いたしかたないのですが、ちょっぴり切なくなります。







基礎代謝の一般的な平均値は20歳を過ぎたあたりから、徐々に減っていくものです。







これが示すことは、成長期の終わりとともに代謝量が安定しだしたことと、運動量の減少のために筋肉量も、それまでの数値よりだんだんと低下しているからです。







30代を過ぎ中年に差し掛かると太りやすくなってしまうのはこのような理由が実はあったのです。







短期間でからだに負担をかけずにダイエットするには水泳が一番だと思います。







走ったりは苦手な方でも、水泳ならば浮く力で、体にも負担がありませんし、泳ぎ終わったら心地よい疲労感が残っています。







ダイエット目的でスイミングをしている人はたくさんいますので、1人で泳いでいようと全然恥ずかしくはないです。







水泳は想像以上にカロリー消費が激しいので、継続すればダイエットも成功間違いなしです。







痩せるためにはある程度の努力が必要ではないと思います。







いきなり痩せることは体が弱くなってしまうので、無理なく痩せるための方法を選び、それを試し続けて、少しずつ体重を落としていくのがいいでしょう。







体型が変化したからと言ってやめてしまうと、すぐに戻ってしまいがちですので、最低3ケ月は行いましょう。







人は、年を取っていくにつれて、運動をすることも減り、ほっておいたら、基礎代謝が低下していく気がします。







そのためか、せっかくダイエットをしても、自分が思うように体重が減少しません。







やはり、体質を改善しないとダメですね。







まず始めに、体を温かくするために、生姜湯からやりたいと思います。







寒い冬には良い飲料ですし、これで代謝がアップしていくことでしょう。








http://yaplog.jp/k23a0i0/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kl85hug
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kl85hug/index1_0.rdf