年収の5パーセント 

2013年04月06日(土) 15時15分
大きな顔をしていいのです。130万円-給与控除額65万円-基礎控除額38万円で、27万円となります。

実は年収200万円以下の方の場合、医療機関等に支払った自己負担額が年収の5パーセントを超えた段階で高額医療費と見なされます。年収103万円の主婦は非課税者ですが、年収108万円の主婦は納税者ですから、医療費控除が受けられるのです。

まあね、たったの・・・!?という気もされないでもないでしょう。確かに、年収130万円の方で、年間に5万円の医療費を自己負担で遣われたとしても、返って来る税金はたった800円か900円程度です。

主婦だって医療費控除を申請すれば還付が受けられる!そうなると、今度は一体全体いくら位税金が返って来るのか?それが最も気になるところですよね。医療費控除の対象となる金額は、年収200万円以下の場合、その総額から給与控除額の65万円を差し引いた納税対象額の5パーセントです。

医療費控除の保険外負担詳細
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:kkr78jo9
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる