板前 児玉昇司の評判

May 02 [Thu], 2013, 10:07
はじめまして、児玉昇司です。

親と同じ職業に就きたいか、就きたくないか。これは人によってかなり意見が分かれますよね。私の周りでも、家が歯科医院だから歯科医を目指すという人もいれば、親が教師だから、教師にだけはなりたくないという人もいました。

私の父親は板前です。いつも仕事が忙しく、普段はあまりかまってもらえなかったので、子どもの頃にはあまりいい思い出がありません。そのため、私は子どもながらに自然と板前になりたくない、と思うようになりました。思い返してみれば、将来の夢や志望を「板前」としたことは一度もありません。

しかし、結果的に板前と関連する大学に進学した私は、そこで初めて父親が携わってきた板前という職業と向き合いました。そこで感じたのは、大変だ、つらそうだ、という子どもの頃に感じたネガティブなものではなく、やりがいがある、やってみたい、というポジティブな感情でした。

今、私は人生の中で初めて父親と同じ板前になることを志しています。身近でずっと見てきたからこそ、板前の大変さやつらさはよく分かっているつもりです。しかし、それ以上にやりがいや魅力を知りつつあります。父親は私が板前を目指すことに複雑な思いでいるようですが、私は、父親がずっと携わってきた板前という仕事のやりがいや魅力をこれからもっと知っていきたいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kkkoda6
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kkkoda6/index1_0.rdf