スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけること

June 25 [Thu], 2015, 14:53
どんな方であっても、スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけることは、お肌に余計な刺激を与えてしまう成分をなるたけ含んでいないということが大変重要です。



保存料などが入っていると肌に刺激を与えやすくてかゆみや赤みをもたらすことがあり、何が入っているのか、充分注意しましょう。



CMや値段に惑わされず肌に合っているかどうかなのです。



お肌のお手入れではアンチエイジング効果のある化粧品を使うことにより、しわ・シミ・たるみといった肌の老化現象を遅くすることが可能です。



とはいえ、アンチエイジング効果のある化粧品を使っていたとしても、生活習慣が乱れていれば、肌の老化のほうが優ってしまいあまり効果はわからないでしょう。



体内からスキンケアをすることもポイントです。



お肌のお手入れにオリーブオイルを利用する人もいるようです。



オリーブオイルでお化粧落としをしたり、お肌の保湿のために塗ったり、よく小鼻に溜まりやすい皮脂の汚れをきれいに落としたりと、それぞれの方法で用いられているみたいですね。



かと言っても、上質なオリーブオイルをつけないと、お肌に支障が出ることもあります。



そして、何か起こった時にもただちに使用を中止してください。



乾燥肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことは一にも二にもまず保湿です。



また、皮脂を必要以上に落とさないというのも重要なことです。



クレンジングで力強くこすったり、強力な洗顔料を使用して皮脂が必要以上に落ちてしまうとお肌の乾燥の元になります。



顔を洗うときのお湯の温度はヒリヒリするような熱さではダメです。



保湿ももちろんですが洗顔も大切なので常に意識しておきましょう。



スキンケアで基本であることは、汚れを落としキレイにすることと潤いを保つことです。



肌に汚れが残っていると肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。



さらに、肌の乾燥もまた内側の水分が逃げていかないようにする機能を弱めてしまうことになるため、保湿は必ず行ってください。



でも、潤いを与えすぎることも肌のためにはなりません。



エステはシェイプアップだけではなくスキンケアとしても利用できますが、その効果は気になりますね。



エステティシャンのハンドマッサージや特に春先に気になる毛穴の汚れを見事に取って滞りがちな血行もスムーズに流れますから新陳代謝も進むでしょう。



実際、エステでフェイシャルコースを利用した人の90%以上の人が肌の調子が以前よりいい感じになったと答えています。



あなたはスキンケア家電が密かに注目を受けていることを知っていますか。



自分のスケジュールに合わせて家の中で、わざわざエステに行った先で受けるフェイシャルコースみたいなスキンケアさえも望めるのですから、評判になるのもわかりますね。



残念なことに、スキンケア家電を購入した後で毎回使うことが億劫になってしまうことだってあります。



すぐさま手に入れようとするのではなく、使用方法が自分に向いているかどうかもあらかじめ確かめることが重要です。



女性たちの間でスキンケアにオイルを使うという方も増えてきているのではないでしょうか。



スキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、保湿力が上がり、さらにお肌がしっとりとなるでしょう。



また、オイルの種類によりいろいろと効果が変わってきますので、自分の肌に合った適度なオイルを使うとよりよいお肌になるでしょう。



さらにオイルの質もとても大切ですし、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしましょう。



スキンケアにおいては、肌を保湿することやマッサージをするなどということが大切です。



ですが、お肌に内側からケアをするということももっと重要です。



不規則な食事や睡眠、喫煙といったことは、高価な化粧品を使用していても、肌の状態を良くすることはできません。



生活のリズムを整えることにより、肌を体の内部からケアすることができます。



スキンケアをオールインワン化粧品に頼っている方も非常に多いです。



スキンケアに使う化粧品をオールインワン化粧品にすると、時間をかけずにケアできるので、日常的に使われる方が増えるのもまったくおかしくありません。



様々な種類の商品に惑わされるよりもお金がかからず、非常に魅力的です。



しかし、当然効果には個人差がありますので、配合成分をよく読み、ご自身のお肌とご相談ください。


肥満傾向にある子達

September 01 [Mon], 2014, 10:13
今や、ダイエットは大人の私たちだけでは、ありません。

子供にも肥満傾向にある子達がいます。

子どもの場合、男女ともおへその位置の腹囲が80cm以上、腹囲が身長の半分以上ある場合に内臓脂肪型肥満と判定されるそうです。 

内臓脂肪の解消には、適度な全身運動が効果的です。

十分に体を動かせば、肥満の解消だけでなく、体力を高め、気分転換や記憶力のアップ、学習能力の向上なども期待できます。

それには、週3回程度の運動が不可欠です。 

体育の授業とは別で、週1回程度は運動をする機会をつくりたいものです。

スポーツでなくても、毎日30分、犬の散歩に行くだけでも違いますね。


また、夜更かしや睡眠不足が肥満の要因となることが確認されています。

睡眠不足が摂食にかかわる脳内ホルモンのバランスを乱すといわれています。

夜更かしをして睡眠時間が短くなると、食欲を抑制するホルモン(レプチン)が減って、食欲を促すホルモン(グレリン)が増え、そのほかのホルモンにも変調がおこります。

その結果、空腹感が強くなったり、こってりしたものを食べたくなったりするのです。

逆に十分に睡眠をとれば、レプチンの働きが促され、間食やまとめ食いなども抑えられるようになるといわれます。

このような食生活は私たち大人に責任でもあります。

私たちも子ども達と一緒に見直す必要がありますね。

当たり前の日課がダイエットの基本

September 01 [Mon], 2014, 10:12
DNA(遺伝子)に結合しているたんぱく質、BMAL1(ビーマルワン)いうものがあるそうです。

これは、脂肪をつくり、ため込むための酵素を増やしたり、脂肪を分解してエネルギーに変えるための酵素を減らすようDNAに対し働きかけること。

つまりBMAL1は脂肪をため込ませる“司令塔”なのです!

だから、BMAL1の量が多いほど脂肪がたまりやすいことになります。 

BMAL1は人の体内リズムと密な関係をもち、時間帯によって増減することがわかったようです。

この量が最大となる深夜は、指令機能もピークに達し、脂肪をため込みやすい状態・・・これが「夜遅く食べると太る」という原因のようです。

 また、朝になるとBMAL1の量が減るのは、太陽光線と関係があるとみられています。

だからBMAL1を減らすには、朝日をしっかり浴びることも重要のようです

ダイエットのためには、まず夜遅い食事を避けること、そして生活リズムを朝型にすることです!

朝食をしっかり食べて、夕食は8時くらいまでにすませることが大事なようです。

そして、しっかりと睡眠をとって、朝も太陽の光を一杯にあびる。

この当たり前の日課がダイエットの基本かもしれないですね。

食事制限するよりも、まず規則正しい生活を作ることですね。

ダイエットは夜食べちゃダメ

September 01 [Mon], 2014, 10:11
ダイエットをする場合、「夜遅く食べない」ことは鉄則ですよね。 

食べてすぐに寝てしまうのでエネルギーが消費されず、脂肪としてため込まれるというのがその理由ですよね。


そして、DNA(遺伝子)に結合しているたんぱく質、BMAL1(ビーマルワン)というものも影響しているようです。

私には難しいのですが、分かりやすくいうと、脂肪をため込まないために生活習慣の改善をするとよいそうです。

その改善策として

1. 生活リズムを朝型に。朝食はしっかり食べ、夕食はなるべく午後8時くらいまでに済ませること。

2. 仕事などでどうしても夜型になってしまう場合、夕食や夜食は軽めに。低カロリー・低脂肪で消化吸収のよいものをとること。

3. 毎日の適度な運動を習慣づけること。


充分な食事ができていなかった時代、、夜中、寝ている間に脂肪を積極的にため込み、昼間それをエネルギーに変えて活動するという仕組みは、生き延びるために私たち人間がつくりあげた性能でもあります。

今は、夜遅い時間に高カロリー・高脂肪の食事をとるような生活パターンが習慣化し、脂肪がどんどんため込まれるような状況にありますが・・・。

誘惑の多いこの世の中で、継続することは難しくもありますね。

まずは誘惑にも負けない強い気持ちから作るべきかもしれないですね。

ダイエット効果は期待できない

September 01 [Mon], 2014, 10:10
筋肉トレーニングやハードなスイミングなどは無酸素運動となり、ダイエット効果は期待できないそうです。

ウォーキング、ジョギング、サイクリング、ゆっくり泳ぐスイミングやエアロビクスなどが、ダイエットに向いてる有酸素運動となるようです。

「運動するような時間がない」という人は、日常生活の中で、工夫できることがありますよ。

たとえば、買い物も車ではなく、自転車や徒歩、エレベーターをつかわずに、階段を使う、などなど、工夫次第で運動の機会はたくさんあります。 

極端に食事制限をしなくても、生活習慣を変えるだけで、健康的にダイエットできちゃいます。

理想のプロポーションのために生活習慣を改善し、「健康美人」をめざすと、自然と体重もおちているのかもしれません。

ダイエットというと、「食べる量を減らす」方法から、はじめようとしますが、人間の体は栄養を適量摂取することで健康的でいられると思うので、、外から入る栄養を減らしてしまうと、健康に良くない影響が出てしまいます。


過剰なダイエットは美容にも健康にも、精神的にもよくないのです。

楽しく、気楽にできて、きれいになりたいものですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kkkhoio5l
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる