陽炎 / 2017年08月12日(土)
8/16にシングル「陽炎」が発売されます。

「最高新記憶」から時間が経ってしまいましたが、良いものができました。
最高新記憶のツアーファイナルで配布した「結実は遠い夢の中」以来の新曲です。

ここ2年は、自分たち発信の動きはワンマンと正月の餅つきライブぐらいで、あとは誘ってもらったイベントや、ツアーに参加するという活動でしたが、それもまた非常に有意義だったと思います。

毎週のように各地でライブをしましたが、そのすべてで新しい出会いがあり、刺激があり、何よりも心から楽しいと思えました。
台湾に二度行く事ができたのも自分にとってすごく大きな事でした。

音楽の可能性というのを今までよりも感じています。
その可能性をもっと感じるために、アルバムへ向かっていこうと思いました。

僕は曲を作るのが遅いです。
少し作っては壊し、また作って壊す。
壊そうと思ってはないんですが、なぜかいつもそうしてしまうのです。

そして煮詰まったスタジオで、あーもうできない、と叫んでいます。
もう出尽くしたと自暴自棄になっています。

ドラムの高永君が言いました。

「求やレコンキスタの曲作ってる時から、いつもそんな事いってるから大丈夫やろ」

たしかにそうだった・・・

余裕で何曲もできた事なんか今まで一度もないんだった。
毎回、毎回、一曲ずつ、もうあかんと言いながら作ってきたんだった。今までずっと。

だからこれからもそうするしかない。

自分が大好きな新しい曲を、一つずつ作って、みんなに聞いてほしい。

心、技、体を次のアルバムに向けて、整えています。

日々生きる中で思う事、ライブでみんなにもらったモチベーションと感動、それを肥やしに曲を作らないと自分の唯一好きなところがなくなってしまう。

まず自分のために、最新の自分を歌わなければ。
そう強く思います。


今回の「陽炎」はシングルですが、これを皮切りに新しい局面に向かいたいと思います。

またもや背水の陣です。
悲しいことにこれしか戦い方知らない・・・

いつまでも音楽を楽しむために、全力を尽くします。


今回の陽炎の2曲「僕はかげろう」「夢破れて」どちらも大好きです。

この2曲を聞いて、これからのbachoの新たなる局面を楽しみにしてくれたら嬉しいです。



今回の「陽炎」、And protectorと同日のリリースだと、宇宙さんから聞いたとき、とても嬉しかったです。
好きなバンドと一緒なのは単純に嬉しい。
レコ発ツアーも一緒の時が何本かあるので、切磋琢磨して最高のライブをしたいと思います。

And protectorとなら必ずそうなるという自信があります。

ぜひライブハウスで、And protector、そしてbachoがかっこいいか、好きか、嫌いか、ジャッジしてください。

よろしくお願いします!








 
   
Posted at 09:42/ この記事のURL
コメント(0)
台湾TOUR 3 / 2016年11月25日(金)
台北にて昼前に起床。

昨日は行けなかったのでおばちゃんの店で朝食。
途中でロロが来て、色々頼んでくれた。
ここではじめてルーロー飯を食べた。
おいしい!初めからこれ頼んでおけばよかった・・・
他の物ももちろんおいしい。
台湾はなんか薄い味と濃い味が極端な気がする。
でも大丈夫。おいしい。

今日はライブ最終日。
台北で船の上でライブするということは聞いていた。

みんな集合して、電車で淡水へ。
そのあとタクシーで埠頭へ。漁人埠頭?というところ。

ケニーが機材とともに車で登場。
どんな船でライブするのか回りを見てもそれらしき船はない。
どの船?とケニーに聞いたら、これだよ、と目の前を指した。

ええっ!
これ?
この狭さでライブできるのか??

と正直思った。
ケニーは本当におもしろい男だ。

みんなで機材を積み込んで、酔い止めを飲む。
ロロのボーイフレンドで今日一緒にやるB.H.Dのbig coolに機材を借りる。
一番手の勝利一族がサウンドチェック。
めっちゃかっこいい。
ギターの方に頼んでエフェクターを借してもらうことになった。謝謝。

そして出航。
40人くらい?乗ってたかな。
船底のほうにも部屋があって思ったより船は広かった。
アンプはソファの上にガムテープで固定(笑)
みんなタフに遊んでいる。

俺も外に出て、ビール飲みながら談笑。
一日目にあった人や初対面の人、みんなナイスガイだ。
いくら話しても話足りない。

揺れる船でライブスタート。
台湾のパンクバンド、勝利一族から。
すごくよかった。

続いてJinny。天気がだんだん悪化してちょっとした嵐になってくる中ですごく楽しいライブだった。
Jinnyのメンバーもおかしくなってきている。

このあたりから外は暗くなるし、雨だし、船酔いとビールでわけわからんテンションになってくる。
続いてB.H.D。かっこいい。暗い船内にアンビエントなインスト。

続いて最後は俺たち。
船は狂ったように揺れだして、音が出るのだけを確認してライブスタート。
この日一番の大波でトモアリとシンバルは飛んでいき、俺は揺れでマイクに近寄れない。
めちゃくちゃな状況だけど、本当に楽しい。みんなめちゃくちゃ楽しんでいる。
ケニーがもう時間がないからラスト一曲だ!言って俺は頷き、最後にNENASIGUSA。

最初のボーカルをトモアリに任せて、ギターを弾いていたら涙が込み上げてきた。
はじめての経験だ。
今までたくさんの感動を味わってきたけど、ライブ中に泣いた事はない。
最高新記憶ツアーファイナルもこれ以上ない感動を感じたけど、涙は出なかった。
どちらの感動が上かとかそういう話じゃない。

From Local to WorldというTシャツに書いた事。
日本語がわからない人にbachoはわからないと言われた事も何度もある。
きっと伝わると言ってくれた人もいる。
俺も本気で歌えば何か伝わると信じていたし、だから台湾に来た。

でもたぶん俺は本当はどこか不安だったんだと思う。
だから涙が出た。
最高新記憶ツアーファイナルではやってきた自信が漲ってた。
伝わらない不安など微塵もなかった。それは日本のみんなのおかげでついたかけがえのない自信だ。
涙は出ない。もっと行くぜという気持ちだけだ。

なんの実績もない初めての台湾で、やはり俺はどこか不安だった。
メンバーにも絶対大丈夫やでと言いながら、自分に言い聞かせていた。

目の前で踊るケニー、本当に楽しんでくれている台湾のみんな。
それが嘘じゃないという事はさすがにわかる。
一緒になってめちゃくちゃになるjinnyのみんな、笑ってるまゆみさん。
後ろでニコニコしているロロ、Wangちゃん、台湾の友達。
最終日、揺れる船と真っ暗の外。
なんか異空間にいるようだった。

曲間に涙拭いて、謝謝といってまた歌おうとした時、Don't cryという声とbacho、bachoというみんなの声が聞こえてきて、俺は情けない事にまた涙が出てきた。
ケニーと握手をして、完全に涙ふいて、また歌った。
とんでもなく最高な瞬間だった。

ライブが終わるといつのまにか船は港についていた。
Tシャツくれ、CDあるか?とたくさんの人にいってもらった。
本当にありがとう。

撤収して、jinnyのみんなと写真を撮り、また電車で市内へ戻った。

電車では無言で本当に心地よい疲労感を感じた。
感じすぎてトモアリは電車を乗り過ごした。

そして最終日の打ち上げへ。
台湾CrewのMckeyのお母さんの店。
ちなみにMckeyは静カニ潜ム日々とkillieが好きだと言っていた。
俺は静カニのカワモの株を下げて、トモ君の株をあげておいた。

打ち上げは最終日だけあってみんな高粱酒を飲みまくった。
ホァンさんに変な苦い木の実をもらい、MOMOに腕につける飾りをもらった。
高永君もみゅうごもトモアリもあほみたいに酔って吐いてた。
Jinnyのメンバーもまゆみさんもベロベロだった。
big coolは泥酔して、Huei Yenはずっとニコニコしてた。
山田君(台湾人)も大阪!大阪!とずっと言ってた。
Hanaがまた強い酒をもってきた。
Wangちゃんも、Mayuも、ロロも楽しそうだった。
許くんも。
名前が思い出せないみんなも全員。

ケニーは運転のため、その全員泥酔の中、シラフでいた。
本当に尊敬できる、最高の男だ。
俺が船の中で思った事をケニーに伝えると、ケニーは俺もbachoを見て本当に頑張ろうと思ったと言った。
今回の台湾の目的は達成できたと信じることができた。

俺も泥酔して記憶が曖昧だけど、まだまだ飲むと言ってjinnyとロロの家にいったがそこですぐ寝た。

7時頃起きて、一人ゲストハウスに帰り、荷造りをした。

ロロ、big、ヨンさんが朝、見送ってくれて空港へ向かい、日本へ帰ってきた。

素晴らしいTOURだった。
俺の中にめちゃくちゃ大きな記憶として残ると思う。
さらなる挑戦をし続けたいと思った。
成功は約束されてるわけない。
日本でも海外でも時に完全に打ち負かされて、悔しい思いをこれからもするだろう。
でも諦めんぞ。

また次回、新たなる音源を携えて、また成長して、台湾にも行きたい。

次回は絶対泣かん。

最後に、できる限り直接伝えたつもりだけど、台湾のみんな、Jinny Oops、まゆみさん、日本から来た3人、
本当にありがとうございました。

次回、日本でも台湾でも。
これからもよろしくお願いします。

頑張っていきましょう!加油!

 
明日11/26土曜、神戸Harbor Studioで感謝祭と銘打ったワンマンライブやります。
盛りだくさんで絶対楽しませるのでみんな遊びに来てください。
台湾の模様も映像で少し流します!

詳細、チケット予約は
http://bacho.jp/ まで。

読んでくれてありがとう。



 
   
Posted at 15:29/ この記事のURL
コメント(0)
台湾TOUR 2 / 2016年11月25日(金)
この日は台中へ。

昼前に起床。

すでにjinnyチームは集合して、近くでご飯を食べているとの事。
急いで準備して出発。
ロロが俺たちの分の朝食も買ってくれてた。謝謝。

貸し切りのバスが来て、台中へ。
ロロとケニーは後で来るとの事でGONZOのWangちゃんの引率。
車内で昨日のライブの動画を見てたら、寝てた。
我ながらいいライブだったなと思う。

2〜3時間ぐらいたったら、急に到着。
台中のSOUNDというライブハウス。

サウンドチェックまでの間、歩いてビールを買いにいく。
台中も活気があっていい街だ。

帰ってタバコを吸ってライブハウスの人達と談笑してたら、急に火を消して!と言われ、何事かと思ったら警察登場。
なんか抜き打ちの検査?なのかな。火気に関するなんかのチェック?
よくわからないけど、とりあえずおとなしくしておく。

警察が帰って、サウンドチェック開始。
今日はアンプがROLANDのJCとオレンジなので、久しぶりにJCを使う。
想定していた事なので、持参したBOSSのBlues Driverで歪ませた。
いつもとはもちろん違うけど、問題無い。没問題。

本番スタートまではまた談笑。ケニーとロロも到着。
昨日MCで話した事と同じはつまらないのでロロに新しい言葉を教えてもらう。
昨日会った人とも再会できて嬉しい。

ライブ開始。今日は2番目。
奮楽団、bacho、一歩、Jinny Oopsの順。
今日は台中で無料のフェスをやっているからお客さん少ないよとケニーが言った。
全然大丈夫。俺たちは初めて台湾に来た誰も知らない日本のバンド。
ライブハウスで演奏時間をもらえて、共演してくれるバンドがいるだけで十分すぎるほどありがたい。
あとは俺たちがやるだけ。見た人に見てよかったと思わせる事だけなので。

ライブは昨日と同じか昨日より良かったと思う。
いいテンションでやれてる。みんなのおかげです。

一歩はまさかの「はじめの一歩」から名前をとったらしい。
ライブも良かった。ナイスガイ4人だ。
Jinnyもかっこよかった。段々と台湾TOURのグルーブが高まっていく感じ。いいなあ。

ライブ終わりで近くの野外食堂みたいなところで、打ち上げ。
一歩のメンバーと本当に色々な話をした。
テーブルには台湾人しかいなかったがまったく話に困る事もない。
日本の事、台湾の事、政治の事、下ネタ、本当に色々な話。
どうしても伝わらない事は調べたり、日本語がわかる一歩のメンバーの彼女に聞いたり。
台湾の若い人、俺の印象では特に女性、は本当に日本語が達者な人がわりといる。
俺といえば台湾語は話せない上に、発音がクソみたいなでたらめの英語・・・
もっと色んな話がしたいので、勉強が必要だ。

終わり際に、一歩のメンバーが俺に言った。
英語だったけど、だいたい伝わった。

日本人のバンドと何度か一緒にやったけど、その中でお前は一番親密に接してくる。
そういう事を言ったと思う。
とても嬉しかった。
当たり前だ。俺は友達になりたいんだ。
そういうふうに答えたけど、伝わったかな。顔を見たらたぶん伝わっている様子だった。
ありがとう、奮楽団、一歩、台湾の友達。

12時回った頃、バスが来た。
名残惜しいけど、台中を後にした。

爆睡したら台北着、すぐ寝た。
 
   
Posted at 14:38/ この記事のURL
コメント(0)
台湾TOUR 1 / 2016年11月22日(火)
久しぶりにブログを書きます。
bachoで台湾へ行ってきました。

台湾へ行こうと誘ってくれたJinny oops、俺たちを誘ってくれてありがとう。
本当にありがとう!

書き出したら絶対長いんやけど、ざっと流れを振り返ろうと思う。
自分に備忘録も兼ねて書くので、暇つぶしに読んでください。

関空でJinnyのみんな、そして色々手伝ってくれるチームJinnyのまゆみさんと合流し、台北へ。

桃園空港に到着。
暑い。すぐ半袖になる。

タクシーで台北市内へ向かう。
3泊するゲストハウスの前に着いたところで、今回の台湾で宿泊場所その他、色々助けてくれるロロと初対面。
Jinnyチームは以前から面識があるので、再会を喜びあっている。
俺たちは当然初対面なので自己紹介をする。
ロロは日本語も英語も中国語も台湾語も流暢に話す非常にスマートで賢く、それでさらに気さくでかわいいという完璧な女性。あと何か国語か勉強中といっていた。マジで尊敬する。

Jinnyチームのゲストハウスは別の場所なので、そこで一度別れ、荷物を部屋に運び、それぞれのベッドを決めた。
一日目のライブはないので、この後、士林夜市に夜は行く事になる。

とりあえずビールが飲みたいと思ったので、合流する前に、ゲストハウス前にあった飯屋でビールを飲もうとメンバーを誘う。
ビールを注文したら、向かいの食料品店で買ってと言われたので言われた通りに。
ビールを買ったら、お釣りを渡されるときに笑いながらサービス!と言われたが、数えたら正規の値段だった。謎。

ご飯はみんなが合流してから食べるつもりだったんだけど、ビールを向かいの店で買って、それだけで座っているのはさすがに怒られそうだったので、食べ物を注文。
まずメニューが一切読めないうえに、俺たちの片言英語もまったく通じないので、もう適当に指をさして注文。
なんか色々おすすめされているうちに結構な量を頼んでしまい、腹一杯・・・
全部おいしかった。4人満腹で250元。800円くらい?安い。

そうこうしてたらロロとjinnyチームが来た。
みんなお腹減ってたのに俺たちだけ先に飯を食ったのがばれた。ごめん。
ロロに頼んで店のおばちゃんに月曜までここにいるからあと5回は来るよと伝えてもらう。
まゆみさんは以前にその店に来たことがあるらしく、その店をババア飯と呼んでいた(笑)
もちろん悪気ははい。敬愛を込めて。
なんか俺はババアと呼ぶのにためらいがあって、その後ずっとおばちゃんの店と言っていた。

合流して電車で士林へ。
夜市で色んなものを食べたり、海老釣りをして遊んだ。とても面白い。
臭豆腐は匂いはひどいけど、味はおいしい。
あとはそれぞれ買い物。俺は謎に靴を買った。安かったから。

夜まで散策してその後俺たちのゲストハウスに集まり、深夜まで飲んだ。
そこにケニーが来た。
ケニーは今回のTOURのブッキングをしてくれたナイスガイ台湾人だ。COUNTERVALVEというバンドもやっている。
すごい発想と行動力の人。非常に尊敬する。
日本語もうまいので初対面だったがすぐに打ち解けた。
ヨンさんと、MOMOの二人も合流。もちろん初対面。
二人ともとても良いやつだ。あとPiSCOというバンドをやっているレイチェルも来た。ヨンさんはPiSCOのローディのような事をしていると言ってた。
レイチェルはなぜかサムライジャパンのユニホームを着ていた。
プロ野球が好きらしい。
俺も野球好きだと伝えて、誰が日本の選手で好きか?と聞いたら、「今江」と言われた(笑)
なんで今江・・・・(笑)

そんなこんなでお開きして寝る。
寝る前に明日のライブで言いたい文章を中国語に自分なりにPCで調べて、メモした。



翌日昼前まで寝た。
みんな合流して、小籠包を食べにいく。
小籠包めちゃくちゃ美味かった。腹一杯。店員さんも非常に丁寧。

一旦みんな別れて、腹一杯のくせにおばちゃんの店でビールと粥を食べた。
こっちのほうが台湾ぽくて俺は好きだと思った。
その後にロロが昨日俺が書いた変な中国語の文を正しくて言いやすい文に書き換えてくれた。
あと発音を録音してくれたので、それをお手本にひたすら練習した。
自分の意志を伝えるんだからできる限り、ちゃんと話したいと思ってひたすら練習。

夜になってライブハウスへ。
REVOLVER。いい感じの広さ。機材も揃ってる。

REVOLVERの下は外国人の集まるBARで、夜になればなるほど人があふれ、だいぶ混沌としてた。
割とガチな喧嘩をしてる人とそれを止める人がいたり、コスプレしてる人がいた。
リハやって、色んな人と話したり、ロロとMOMOに中国語の発音をチェックしてもらった。
ケニーに発音を試してみたら、それじゃあ伝わらなくてしーんとなるかもと言われちょっと不安になった。

ライブはBB彈、Jinnyoops、GONZO、bachoの順で俺たちが最後。
みんなのライブを見ながら気合を入れた。

ここできっちりやれなきゃ、何しに来たのかわからないし、単純にかっこ悪い。
そう何度も言い聞かせて、ライブに臨む。

ライブが始まると台湾のみんなの熱気を感じる事ができて、本当に興奮した。
もちろんみんな歌も知らないし、歌詞もほとんどすべてわからないはずだ。
ケニーがうまくフロアの空気を作ってくれたのもある。
言葉もお客さんのみんながリアルタイムでフォローしてくれたおかげでうまく話せたと思う。
とにかくいいライブができたと思う。物販も売れた。
俺だけでは言葉が不自由すぎて、GONZOのドラムのWangちゃんが物販を手伝ってくれた。ありがとう。

昨日、台湾についてからライブするまでただただ遊んだだけだったので正直ほっとした。
なんか遊びすぎると楽しすぎるあまりににまだ本来の目的を何もやってないじゃないかと勝手に不安になるので。

ライブ後は台湾人や外国人、色んな人に声をかけてもらい嬉しかった。

気に入ってくれたアメリカ人の二人と雑談してて、Are you Trump supporter?と聞いたら、強めにNO!!!!と真剣にいっていた。決まった時は悲しくて泣いたって。
色んな人と話すと興味深い。

その後、打ち上げ。
みんなで楽しく歓談した。総じてみんな優しくて、楽しい。ありがたい気持ちになる。

深夜お開きになり、宿に戻りすぐ寝た。


2に続く

一旦ここで終わります。
また明日。
 
   
Posted at 14:59/ この記事のURL
コメント(0)
結実は遠い夢の中 / 2015年10月30日(金)

間もなく、11/1の神戸VARIT.、11/5の渋谷O-WESTの2つのワンマンライブをもって、最高新記憶TOURは終わる。

あっという間の8ヵ月だった。
2/25にリリースし、3/21の下北沢シェルターを皮切りに、10/27の津山K2まで61本、全力で歌い、全力で楽しみ、全力でやりきった。
あっという間だったという感覚はあるけれど、一つ一つ思い返してみたら、どの日も濃密で、はっきりとそれぞれのライブの光景を思い浮かべる事ができる。ライブ前をどうやって過ごし、どんなライブをして、どんな打ち上げだったか、そのすべてをはっきり覚えているし、それを思い出し、ニヤニヤしたり、感傷に浸ったりしながらこの文を書いている。

その街でずっと待っていてくれた人、遠くから遊びに来てくれた人、「はじめて見たけどかっこよかったです」と言ってくれた人、何度も来てくれた人、その街の楽しい場所を教えてくれたり、案内してくれた人、企画してくれた人、一緒に飲んだ人、共演してくれた人、ツアー頑張れと言ってくれた人、とにかく人の力でここまでやってこれたと本当に思う。


素晴らしいツアーだった!!!!

みんなのおかげです。本当にありがとう。

自分でつけた「最高新記憶」というタイトル、そして最高新記憶TOUR。
その名に恥じぬ、というかその名の通り、最高の新記憶になった。

18才で知得と和也と馬超を始めて、山あり谷あり、メンバーチェンジを繰り返して、みゅうごと高永君に出会う事ができ、素晴らしい仲間とともにたくさんの良い思い出があるけど、最新で最高の記憶で塗り替える事ができた。

アルバムを制作するまで、脇目もふらずバンドに熱中していた僕だけど、アルバム制作直前の時期は自分にとって初めての、悩んだ時期だった。自分にとってバンドとは何か、音楽とは何か、メンバー4人それぞれの人生について、考えた。元々自信家ではあった僕だけど、「絶対いけるって!」という自分の言葉にメンバーも、僕自身ですら、不安を覚えるようになっていたと思う。

音楽というのは芸術だからすごく不確かなもので、(それこそが面白さなんだけど)、点数とか順位で測れるものではない。たとえばスポーツなら勝ち負けがはっきりするから、自分の才能と努力の到達できるところというのは、経験を積むうちにうすうす感じていくのかもしれない。音楽というのは一つの夜のライブの感動でどこまでも行ける気分になれる、そういうものだと思う。地下の煙草くさい狭いライブハウスでも、お客さんが少なくても、その感動を感じる事ができた。それは本当にかけがえのない感動だった。だからやめなかったし、やめようと思った事もなかった。

その感動の虜のまま30才を過ぎて少し経ち、次は40才に向かう30代という期間をどう生きるか、どう生きていこうよと一緒にやってるメンバーに提案できるか、そう考えた時に、「絶対行けるって!」という言葉の曖昧さにやっと気付いた。

来年はアルバムやるぞ!その年の終わりに今年はアルバムできなかった来年こそはやるぞ!そしてその年の終わりに来年こそ絶対に・・・・。
このままじゃダメだ。そう思った。

音楽は自由だ。いろんなやり方があっていいし、かっこいいものはかっこいい。どんな生活をして、どんな音楽をするのか、自由に決めていい。僕は様々なスタイルでかっこいい音楽をやっている先輩や後輩、友達を見て、本当に刺激と勇気をもらった。その上で僕はどうしようと考えた。

もしバンドが終わったら終わったで仕方ない。バンドをやる上で一つの目標だったフルアルバムを作って、大きなツアーをやろう。持てるすべてをぶち込んで、確かめてもらおう。これがbachoです、みなさんどうですか。というふうに。ある意味でバンドを終わらせにいく、その過程でしか得られないモチベーションを得て、はじめてその先の自分達の音楽が見えるはず。そう思い込んだ。

田舎の男4人、凡人4人。
だからそういう方法しか思いつかなかった。
メンバーでそれを確認し、曲を作り、そこに最高新記憶という言葉が降ってきて、準備は整った。

そういう気持ちで4人一丸となって回った最高新記憶TOURは調子に乗った言い方だけど、最強だった。音楽の感動にまみれた最強で最高のTOURだった。「俺は今を生きとるなあ」という謎の実感を言葉に出して一人何度も呟いた。ずっと来なかった来年こそはというのが2015年だった。そう思う。もちろん大前提として僕たちはまだまだだ。先を行く人から見れば、その程度で何を熱くなっているのと思われると思う。まだまだ先は長いし、世界は広い。音楽の可能性は無限だから。
ただ僕たちにとってはこのTOURがとても大事で必要な確認であったいう事に変わりはない。

あと2本、TOURは終わる。

本当に全弾打ち尽くす。はっきり言って何も残らない。
最高の思い出以外は。

TOUR中ずっと考えていた、その後どうするかという答えは正直言ってまだ出てない。
書きためた曲もない。アイデアもない。
でもずっとそうだった。そうやってずっとやってきた。ずっとギリギリだった。だから大丈夫。
このやり方しか今の僕にはない。ここですべてをやりきる以外に次のアルバムはできない。
そう思って神戸と渋谷に臨む。

TOUR中に唯一書いた曲は配布する「結実は遠い夢の中」です。
この文を書く気持ちと似た気持ちで作った歌だから、わざわざこうやって文にしたのは野暮だったかもしれない。
でも、どうかみなさんに11/1の神戸、そして11/5の渋谷に足を運んでほしいという正直な気持ちで、書きました。

チケットはまだあります。

来たいと思ってくれた人が全員来れるように、絶対売り切れないだろうと無謀に大きい箱でやりたいとわがままを言いました。昔よく来てくれた方、いつも来てくれる方、はじめての方、友達、先輩、後輩、同僚、上司、同級生、地元の友達、お世話になった方、家族。
わがまま言ってすいません。みんなに見に来てほしいです。

ギリギリ当日思い立って来ても入れます。

チケット代も高くならないようにしたつもりなので前売りで買ってもらえたら一番ありがたいです。

新たな未来のためにbacho4人で一旦燃え尽きます。

必ず最高のライブにする。
どうかそれを楽しみにきてください!


あなたを心から待ってます。










 
   
Posted at 11:26/ この記事のURL
コメント(0)
最高新記憶 / 2014年12月06日(土)
12/5付けで情報公開になりました。

2015年、2月25日、1st full album「最高新記憶」リリースします。
http://handlshop.com/cosmicnote/pc/

さいこうしんきおく。
この言葉が頭に思い浮かんでから、これだ!ってなって一度も揺らぐ事なくタイトル決まりました。
我ながらピッタリだなと思います。
アルバム作るといってからずいぶん時間がかかってしまい、お待たせしましたが、ようやく発表する事ができて、ホッとしています。
おおよそ12年のbachoというバンド人生を後悔した事は一度もないし、音楽の楽しさを120%で感じながら刺激的に続けることができました。
ライブに来てくれるみんな、そしてマジで声が大きくて思わず笑ってしまうようなみんなの歌声が本当に力になって勇気をもらいました。永遠に続けばいいのにと思える最高の夜を何度も体験できました。

でも、永遠には続かないし、維持しようとすればするほど面白くなくなっていくんじゃないかなという怖さを感じていました。
もちろんずっとbachoを続けていきたい。常に興奮していたい。
そしてもっと自分達の音楽の可能性を確かめてみたい。

そのためにみんなからもらった勇気を使って新たなる挑戦をしようと思いました。
それが今回のアルバム「最高新記憶」です。

冗談半分で、次の作品がラストやとはたまに言ってたのですが、それはある意味本心です。
これで終わったら仕方がない、そう思ってやろう。
「あーダメだったかー」もしくは、「そこそこやったんちゃう?」じゃダメだ。
「次頑張ろー」じゃもう続けていけない。
まさしくこのアルバムのリリースとレコ発ツアーを今までの最高を塗りかえまくった一番"最高"の"新記憶"にする事ができた時だけ、また次の歌が作れるだろうし、新たなる世界が待っている、僕はそう思い込んでいます。

自分じゃない誰かの生活の中でbachoの音楽が流れたり、口ずさんだり、みんながライブに来てくれるというのは言葉では言い表せないとんでもない嬉しさがあります。
できるだけたくさんの人の耳に届き、その人生に音楽という形で関わる事ができれば最高だなと思います。

アルバムの内容はもちろん、ライブも"最高"の更新をしていきます。

前から応援してくれている皆さん、本当にありがとうございます。
もらった勇気とモチベーションありがたく全部使わせてもらいます。
今さら言ってんのー俺なんてbachoずっと前から好きだわって周りの人に自慢できるようにします!

これから好きになってくれる方、末永くよろしくお願いします。
飽きさせないように頑張ります。
遠慮はいらないので思い切り楽しんで、歌ってくれたら嬉しいです。

発売までまだありますが、楽しみにしていてください。

レコ発ライブも初日はすでに発表されました。
2015年3月21日下北沢シェルター
kamomekamome/endzweck/bachoの3MANライブです。

2009年、1st mini album「求」のレコ発以来の下北沢シェルターです。
その時はsora/endzweck/kamomekamome/bachoの順番でやったのですが、田舎の小心者の僕は自分達のレコ発にも関わらず、リハで3バンドに圧倒され、ビビりすぎて宇宙さんに順番変えてください〜と真面目に頼んだ記憶があります。
この5年半の僕達の成長を見に来てください(笑)
まず初日を最高の新記憶にします。
soraは残念ながら解散してしまい出れないのですが、すぐメールをくれるあたりがウッチーです。ありがとう。

その後ツアーは全国各地たくさんやると思うので、発表を楽しみにしていてください。

どうかよろしくお願いします!!!!

最後に何かと足りない事ばかりの僕達を叱咤激励しながらアルバムの制作を助けてくれ、さらにリリースしてくれるcosmicnote/宇宙さん、今回含めて全アルバムのアートワーク、フライヤー、サイトのデザイン、をしてくれたまっつんさん、二人がいなければ絶対作れなかったアルバムだと思います。
本当にありがとうございます!!!



追伸、日付変わってもう今日12/6は神戸BLUEPORTでDEEPSLAUTERのレコ発です!この気持ちのままぶちあげていくので遊びに来てくださいっ!



 
   
Posted at 02:16/ この記事のURL
コメント(0)
ダメだったけどありがとうございました! / 2014年04月24日(木)

発表されました。
先に結果をいうと、フジロックのメインステージ出場をかけた投票の結果、僕たちは選ばれませんでした。


できる事なら良い報告をしたかったのはやまやまですが、残念です、、、


bachoに投票してくれた方々、本当にありがとうございました。
そして、出れなくてごめんなさい。


たくさんの人が票を入れてくれたのを知っています。
投票したで、と僕達に直接言ってくれた方々もたくさん居たし、TwitterやFacebookで投票を呼びかけてくれた方々、地元の友人やバンドの友人、昔からの仲間、同級生、先輩、後輩、本当にありがとうございました!


人知れず投票してくれた方、何気なく投票してくれた方も本当にありがとうございました!


みんな力を貸してくれて本当に嬉しかったし、それだけで十分といいたいところですが、勝ち負けのある事で負けてしまったのはやっぱり悔しいし、みんなの期待に応えられなくて申し訳ないです。


みんなが入れてくれた価値ある一票を励みにして、頑張ります!


今、新しいアルバムを制作しています。
ミニアルバムではなく、フルアルバムを作っています。


リリース時期はまだお知らせできませんが、完成には着々と近づいています。


すべてをぶち込んだ最高のアルバムを作ります。
リリース後にはたくさんツアーをします。


ツアーが終わったその日の打ち上げの最後で死んでしまったとしても悔いはないと言えるようなやつ。




音楽で心が震える感動の瞬間をまだまだ感じたいし、みんなで分かちあいたい。


楽しみにしていてください!!




フジは未来にとっておく。
きっと出れる。




追伸
去年フジロック2日目深夜ルーキーアゴーゴーで見た溺れたエビの検死報告書、めっちゃ良かった。
おめでとうございます。









 
   
Posted at 07:58/ この記事のURL
コメント(0)
まっすぐ未来へ進め / 2013年07月04日(木)
今日付けで発表になりました。

FUJI ROCK FESTIVAL'13、一日目の夜中ROOKIE A GO-GOに出演します!

http://www.fujirockfestival.com/


ROOKIE A GO-GOは応募から選ばれて出演できるステージなんですが、ほぼ毎年応募して選ばれず、という流れを繰り返していて、今年やっと出演する事が決まりました。

正直去年あたりから、今年はでれるんちゃう?と割と本気で思っていたのですがダメで、凹みました。

ただ出すだけじゃ選ばれない、とか、出来レースじゃないの?とか選ばれなかった事で親しい友人には酔って悪態をついていました。
今年も締め切りギリギリになって、やっぱり出さんと何も始まらないって事で大急ぎで応募しました。
メンバーにも「一応出しといた」とだけ伝えました。

月日は流れて、やっぱり今年もダメかと思っていたある日、突然連絡がきて、出演できるとの事でした。
当然ですが、どういう方法で連絡がきてどんな流れで出演が決まるのか全く知らなかったので、かなりびっくりした後の嬉しさ爆発でした。

みんなにすぐ電話したけど、誰も電話に出ず、早く伝えたい一心でもどかしすぎて落ち着かなかった。

まっつんさんと宇宙さんにはすぐ伝える事ができて、二人ともびっくりした後の大喜びでそれが相当嬉しかったです。

その後みんなにも連絡がつき、高永君は今まで聞いたことない大声リアクション、みゅうごは寝起きからの一瞬で覚醒、知得には寝起きの電話口でいきなりアントニオ猪木の「道」を朗読してあげたのですが、ずっと「は?は?」と半切れの後、よかったやん〜!という謎の他人事の返事を頂きました。

後日スタジオで再度報告して、気をひきしめてやろうぜって事でできるだけ浮かれずにいたんですが、なかなか難しかったです・・・

特に昨日の発表のあとのみんなの反応は胸が熱くなりました。

喜んでくれた方、本当にありがとう。


オーディションとか審査とかが好きじゃないので、フジロック以外は今までそういう類にエントリーした事ないのですが、フジロックはどうしても出たかった。
なんでか明確に理由はわからないけど、それがフジロックの魅力なんだと思います。

やりたい事が実現して本当に嬉しい。


フジロックに出るのが夢の一つではあったけど、それがすべてじゃないし、出たから何?ってなるかもしれない。
これからも今までやってきたように自分達がやりたい事を自分達で選んで進んでいくだけ。

自分で歌いたい好きな歌を作って、4人で演奏して、認め合う仲間と切磋琢磨して、乾杯してきただけ。
必死で本気で面白くて楽しい事を目指してきたし、これからもそうします。

ちょっと迷った時には心強い味方がありがたい事にいてくれる。

宇宙さん、まっつんさん、

俺たちのライブに足を運んでくれたり、音源を聞いてくれたりする最高な人たち、写真や映像を撮ってくれる仲間、昔からの仲間、がんばれーって言ってくれる友人、先輩、後輩。やりあえる好敵手。なかなかライブに来れなくても気にかけてくれる方々。

そういうみんなのおかげで俺は何も心配なく、この道を進む事ができています。
本当にありがとう。


もちろんまだまだこれからです!

フジロックもROOKIE A GO-GO夜中の小さなステージです。
でも全然良い。俺たちルーキーだから。

そこで精一杯楽しみます。
来れたら一緒に楽しみましょう。
きっとやばい夜になるはず。


フジロックの翌週には落葉発売、そしてレコ発の渋谷、神戸とその間に姫路。
まるで仕組まれたようなスケジュールなんで、全部よろしくお願いします!!

このタイミングと運、ありがたく使わせてもらいます。


最後にsoraのウッチーから今朝来たメールの一文を勝手に晒します(笑)


「遅れてきたルーキー、かましたれ!」


よっしゃああああやるでえええええ!!!




















 
   
Posted at 12:55/ この記事のURL
コメント(0)
落葉 / 2013年06月20日(木)
出す出す詐欺になりそうなところやったんやけど、やっと"落葉"7inchのリリースを先日発表できました。


bacho / 落葉
2013年7月31日(水)発売
(収録曲)
SIDE A : 落葉 SIDE B : ビコーズ
フォーマット:7インチレコード *MP3ダウンロードコード付き
定価 : 1050円(税込)
品番:EZEP-47 / cosmicnote

http://www.cosmicnote.jp/rakuyou/
http://cosmicnote.ocnk.net/

上記の2サイトでプレオーダーを受け付けているのでよろしくお願いします!
プレオーダーは盤面の色を選べるし、特典もつくので是非。


たぶんもう軽く一年以上前から次は7インチをリリースしたいと言ってたのですが、ずいぶん時間がかかってしまいました。待ってくれてた方すんません。
でもその分中身はは最高です。
落葉もビコーズも今自分が最も好きな歌です。

レコードプレーヤー無いし、なんでCDじゃないの?って方もいると思うのでその経緯を少し。

僕も数年前までレコードというものに触れていませんでした。
プレーヤー持ってなかったし。
しかしひょんなきっかけでレコードプレーヤーを手に入れて、せっかくだしちょっとアナログで聞いてみようかなと思い、アメ村のタイムボムで初めて買ったのがこれです。(中古)

eastern youthの青すぎる空の7inch。
大好きな名曲だし、アルバムはCDで持ってたのですが、ジャケットに惹かれてこれを買いました。
(あ、レコードの良さは皆さんがおっしゃるようにそのジャケットの大きさ、というのもあります。CDで見慣れたジャケットをLP(12inch)で手に取るとそれだけで大興奮...)

早速家で針を落とす。
どうやってやるんや?こうかな?

ジ...ジジジ.......

ん?

ドゥン ドゥン ドドド ドゥンドゥン (最初のベースね)

ドンドコドンダッドット (ドラム)

ジャージャジャージャジャー (ギターね)

!!!!!!!

おおおおおおおおお!!!!!
やべえ!!!!!!!!!!!

なんとも言えない生の音と最初のノイズ、溝を這う針に本当に感動したのです。
ちなみに今では最初のジジジ...っていうかすかなノイズが一番好きです。
あれ本当にいい。あの音だけで興奮できる。


それ以来、家に帰って来てくつろいで音楽聞こうってなった時はレコードをかける事が多くなりました。

自分の作った歌をこれで聞きたい...
いつしか自然にそう思ってました。

次の作品はどうしても7インチで出したい。
cosmicnote宇宙さんに相談してみたら、
「いいねー!!」と即答してくれて、すぐ決定。

そこからの制作に時間がかかってしまいましたが、やっと完成です。

「落葉」「ビコーズ」どっちもすごく気持ちを込めれた歌で、自画自賛ですが、名曲です。
今も試聴盤を部屋でかけながらこれを書いています。

是非みなさんにも部屋で、レコードプレーヤーで、歌詞カード読みながら、酒でも飲みながら、聞いてほしいです。
きっと最高です。

プレーヤー持ってない方もいると思うけど、これをきっかけで手に入れて、レコードを楽しんでもらえたらめちゃくちゃ嬉しいです。

プレーヤー持ってなくても、MP3をダウンロードできるクーポンが入ってるので、それでダウンロードして、ipodに入れたり、パソコンで聞いたりできます。やろうと思えばCDRにも焼けるしね。
それで楽しんでくれても、全然大丈夫やし、嬉しいです。

あと一ヶ月で発売ですが、プレオーダーしてもらうのが、一番早く手に入る方法なので、是非プレオーダーよろしくお願いします。盤の色も指定できるし、ささやかな特典も付けるので。
盤の色は通常の黒+4色で、その4色はメンバーで一色ずつ選びました。
誰がどの色かは言いませんが(笑)

AOWジュンジが落葉をプレオーダーしてくれたんですが、カラーの指定がトモアリカラーで!!って書いてあって笑いました。
人での指定はできないので、某チルドレンの方々、名前での指定やめてください(笑)


ともかく、もうすぐ現物も届くはずなので、非常に楽しみ。
みんなも楽しみにしてくれたらこんなに嬉しい事はありません!

レコ発企画8/3渋谷乙でワンマン、8/11神戸BLUEPORTでLOSTAGEとツーマンでやりますので、よろしくお願いします!
めちゃくちゃ楽しみです。
企画については次またブログで詳しく書きます。

8/4に自分達の企画じゃないけど、姫路でのライブもあります。
そっちもよろしく。


とにかく、とってもいい作品ができたので、是非とも多くの方に聞いてほしいです。

よろしくお願いします!!!!







 
   
Posted at 20:07/ この記事のURL
コメント(0)
KIRAKIRANOHIBI / 2013年05月20日(月)
土曜日はCLAPPERでEX-Cのレコ発。

久しぶりにCLAPPERだし、HARDCOREバンドが多い中でやるのは刺激が多くて楽しい。
BURNING SIGN、GUAYS、MASTERPEACE、THINK AGAIN、FIGHT IT OUT、EX-C、と興奮必至のラインナップでした。

俺たちの次のFIGHT IT OUT先週の横浜も一緒でやばかったけど、この日はさらにキレててすごかった。
フロアもめっちゃくちゃ。
普通に怪我しそうで自分は近づけない(笑)
でもああいう光景見てるのって最高に楽しいっす!

EX-Cも水田さんがドラムでめっちゃかっこよかった。

打ち上げも十分楽しんだ。
こういう日に声かけてもらえるのは本当に嬉しい。
ありがとうございました。


日曜は広島県福山にてCOKEHEAD HIPSTARSと。
shuly to 104kzも一緒。

たくさんお客さんも来てて楽しかった。

トシカズさんは相変わらずやばすぎるよ。
かっこよすぎる。憧れの先輩です。
そんでライブ以外は超POPやからね。
本当に大好きな人です。

COKEHEADも良かったです!
コバさんはじめ、皆さん本当に若く見える・・・
年齢聞いてびっくりした。

来月、神戸でまたCOKEHEADと一緒なのでチェックしてください。
6/23です。
ISCREAM7SHOWERS企画PUNK ADDICT SHOWですよ!

楽しみすね。

福山での打ち上げはシュウがいたので久々にはいたわ・・・
あいつ・・・

というか俺も全然飲めなくなっててしょぼい・・・

でもラーメンまで打ち上げ完遂して帰宅。

今週もいい週末でした。



僕達の今後の色々をもうすぐ告知できると思うので楽しみにしていてほしいです。
よろしくお願いします。



 
   
Posted at 18:54/ この記事のURL
コメント(0)
P R
2017年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!