シミに効果的な化粧品の選び方

October 15 [Mon], 2012, 9:15
シミに効果的な方法はやっぱりスキンケア
お肌の土台作りをしっかりやらないとね

紫外線対策として日中美容液を塗るのも美白対策になります。


美白化粧品という種類には当てはまらないかも知れませんが、化粧品という大きな分類で見るのであればサプリメント類も入ります。
美白サプリメントはドリンクを使って体の内側からも美白を目指しましょう。
内面美容の場合は先手必勝が重要となります。
早めに対策を取らなければならないので、紫外線を浴びすぎてしまったと感じたら即始めた方が良いでしょう。




日焼け止めと同等の効果があるので美白化粧品というカテゴリに入れても良いでしょう


メラニン色素には黒褐色の色素のほかに、別の色素をつくる経路があります。ドーパキノンからシステインの働きにより異なる反応を起こしてフェオメラニンを生成しています。
フェオメラニンは黄色、赤の色素で、フェオメラニンと区別するために黒褐色メラニンをユウメラニンとよんでいます。

一般にメラニンといわれているのはユウメラニンとフェオメラニンの混合体であることが多いです。



紫外線や加齢、ホルモンバランスの乱れ以外に、色素沈着が起こることがあります。化粧品、家庭用品、植物などで皮膚炎を起こすとその部位に色素沈着をきたします。

皮膚の過剰防御反応のひとつと考えられていて、化粧品に含まれる香料やタール色素をアレルゲンとするアレルギー製皮膚炎を起こし、かぶれをおこしたりかゆみなどの症状がでた後に色素沈着を起こしてしまうこともあります。

美白剤は日焼けによるシミそばかすを防ぐことを目的とした美白化粧品に配合される成分のことです。

日焼けやシミそばかすなどの色素沈着はメラニン色素の増加が原因なので、それらを防ぐ働きをします。皮膚が黒くなるまでには何段階もの過程があるので、さまざまな美白成分はそれぞれのステップでの作用を効果的に抑えるようにバランスよく配合され、総合的に美白の効果をたかめているということです。
浴びてしまった紫外線や出来てしまったシミを撃退するためには美白化粧品を使うのが一番です。



<美白化粧品の種類>

・美白化粧水
化粧水の役割としては硬くなってしまった肌を柔らかくするというものです。
しっかりと水分が浸透しておけばその後に美容液等の導入が簡単になるのです。
化粧水が肌にしっかりと浸透していないとただ肌の上で蒸発してしまうだけになってしまい、全く意味がありません。
浸透させるということが大切なので、浸透しやすい仕組みになっている美白化粧水を選びましょう。


・美白美容液
美白美容液は出来てしまったシミなどに有効的です。
シミに直接的に作用するので効果が出やすいように浸透率の高いものを選びましょう。

・美白乳液やクリーム
蓋をする役割を持っているので肌質に馴染みやすいものを選ぶようにしましょう。
美白化粧品において乳液は保湿の役割しか果たさないので、直接的に美白という効果がありません。


これらの化粧品使いでシミの対策になります(^^)v
忘れてはいけないのは値段で判断すりるのでなく浸透力と美容成分がポイント!


生コラーゲンが配合されてる化粧品は普通のコラーゲンとは違う



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ラッキー☆
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kkaiajsjsj/index1_0.rdf