久々に弱音を 

May 31 [Thu], 2007, 22:49
最近充実しててほんとにちゃんと楽しい反面、これでいいのか正しいのか、と不安になるよ。
というか、こんなにあっさり今までの世界を投げ捨ててさ、別にいんだけどね。
むかしが恋しいというよりは、昔の痛みが愛しいなあ。
色んな愛しいものを思って涙流してるときが一番切なくて一番しあわせだったんだよ。
冷たくてやわらかい思い出だな。
はやく冬にならないかな。
でもこうしてる間にもどんどん地球の温度は上昇してさ、わたしの大好きだった冬はもう二度と来ないんだね。
雪がみたいなあ・・・。

「ずいぶん遠くまで流れ流れて切ないんです 大切な思い出さえ忘れていきそうです」

大事な思い出は時間がながれるたびになくなってくけど、
片手でもてる量になっても、両手で重そうに抱え込んで、よろよろ歩いていくね。

いつか動かなくなるときまで、ね!


全部おっことすまえに死ねたら。いいのにね。

クラウディー 

March 10 [Sat], 2007, 23:57
blue sky, white cloud, in the horizontal lights
"protect your teeth... with colgate!"
this was how my show-biz life began
mummy so star-struck, daddy so easy-going
me, i was smiling for cheese-doodle
tv shows, sit-coms, sure, i had a pretty good time
but once in a while i spoke babble-bubble in a washbow!
'cause i wanted to forget the end of the story
october windows a bit cold, easy sorrow suddenly hits you
elvis for fight, or polnareff
at the age of 12 years and months, i retired

15 eyars have passed, the end of summer vacation
a funky wagon on a country road
gettind up early in the morning, making coffee
to the rhythm of dan hicks, i go to work every day

let me sing to the august sky, easy sorrows still hits you
elvis for fight, or polnaff
cloudy is my sunny mood, and i've got cavities

let me sing to the august sky, easy sorrows still hits you
elvis for fight, or polnaff
cloudy is my sunny mood, and i've got cavities, it hurts alright


青い空 白い雲 ホリゾントのおかげ
「虫歯には気をつけてコルゲートで磨け」
ミーハーなママと 無責任なパパ
成り行きで始まる 子役人生
ソバカスで笑うのさ cheese-doodleのため
ちやほやとtv show わりと気分いいけど
洗面器の中 ブクブクと喋る
物語の終わり 忘れたいから
ah 10月の窓は 少し冷たくって
イージーな悲しみが押しよせるさ
闘いのエルビス またはボルナレフ
齢12と3ヶ月 「もうやめるのさ!」
15年ひとっとび 夏休みの終わり
錆びついたワゴンカー 田舎道を走る
朝早く起きる コーヒーを淹れる
ダン・ヒックスにのって 家を出るのさ
ah 8月の空に 鼻先で歌え
イージーな悲しみはまだ寄せるけど
闘いのエルビス またはボルナレフ
クラウディーはサニームードさ虫歯あるのさ
ah 8月の空に 鼻先で歌え
イージーな悲しみはきりがないから
闘いのエルビス またはボルナレフ
クラウディーはサニームードさ虫歯あるのさ
少し痛むのさ

ラブアンドパレードふたたび 

March 10 [Sat], 2007, 23:56
trombones in a parade, dried fruit to shoot
our do-nut talk going round and rounde, we're so vain
grow your hair again and things are not the same
so i'll repeat some meaningless words
like a huge bunch of flowers that blocks your view
will that sweet and tender nihilism, sneer?
"...and love and dreams for all."
gloves, enameled shoes and star-collector in a department store'
mixed up telephone line in mexico, endless romanticism
i don's care about the time,
i just want to look at the inside of the clock
so i'll embrace some worn-out words
like a big bunch of flowers that blocks your view
recognizing it when it's gone to past
"...and love and dreams for all."

it's kinda funny, all we know is
that we never know who we're talking to

against the winter's gravity,
boxing gloves of tricks and wits!
so maybe i'll repeat some meaningless words
like a big bunch of flowers that blocks your view
will that sweet and tender nihilism sneer?
"...and love and dreams for all."


パレードのトロンボーンと 撃つためのドライフルーツ
あやふやで 見栄ばかり張る 僕たちのドーナツトーク
髪を長く伸ばしてみて 元には何も戻らないと知るはず
意味のない言葉繰り返すだろう 向うの見えない花束のよう
甘いニヒリズムが笑う時にも
and love and love and love and dreams
love and dreams for all
手袋とエナメル靴とデパートのスターコレクター
メキシコの混線電話 きりのないロマンティシズム
今何時か知ることより 時計の中を開けて見てみたいから
ありふれた言葉を抱きしめるだろう 向うの見えない花束のよう
気づくのはいつだって過ぎた後だろう
and love and love and love and dreams
love and dreams for all
可笑しい程いつもただすれ違うことがセオリー

寒い冬の引力に トリックとウィッツの赤いボクシンググローブ
意味のない言葉を繰り返すだろう 向うの見えない花束のよう
甘いニヒリズムが笑う時にも
and love and love and love and dreams
love and dreams for all

chapter 8 

March 10 [Sat], 2007, 23:55
Now I see the trees are thinning
My eyes see the seashore there
Shimmering, the sea is brimming
Simmers salty air
If I don't guess then I won't know

Now I've seen a blue beginning (now I go)
And I've seen a blue "the end" (now I know)
Set the scence for seaward swimming(now I go)
Dim the stage again

If I don't guess then I won't know

Dream, dream, dreaming of a sound (dream,dream,dream,dream)
Scream, scream, screaming underground (scream,scream,scream,scream)
Its green, green, green, now I'm sure (green,green,green,green,)
The mean, mean, meaning is obscure...I know

Now I've seen a blue beginning (now I go)
And I've seen a blue "the end" (now I know)
Set the scence, man, seaward swimming(now I go)
Dim the stage again

If I don't guess, then I won't know - oh I'll never know
I'll never yes, I'll never no

Dream, dream, dreaming of a sound (dream,dream,dream,dream)
Scream, scream, screaming underground (scream,scream,scream,scream)
Its green, green, green, now I'm sure (green,green,green,green,)
The mean, mean, meaning is obscure...I know
Now I go
Now I know...


木が少なくなってきたのに気付く僕
僕の目には砂浜が見えてくる
きらきらと光る海があふれそう
塩いっぱいの空気をぐつぐついわせてる
予想しなければ僕は分かんない

ブルーな始まりを見てきて(僕は行く)
ブルーな「ジ・エンド」も見た(僕は知る)
シーンを変えて海にむかって泳ぐ舞台を作る(僕は行く)
またステージを暗くする

予想しなければ僕は分かんない

夢、夢、音の夢を見る
叫ぶ、叫ぶ、アンダーグラウンドで叫んでる
緑だ、緑、緑、僕は分かった
意味が、意味、意味がはっきりしない...
ってことは分かってるけどね

ブルーな始まりを見てきて(僕は行く)
ブルーな「ジ・エンド」も見た(僕は知る)
シーンを変えて海にむかって泳ぐ舞台を作る(僕は行く)
またステージを暗くする

予想しなければ僕は分かんない
いつまでもイエス、いつまでもノー

夢、夢、音の夢を見る
叫ぶ、叫ぶ、アンダーグラウンドで叫んでる
緑だ、緑、緑、僕は分かった
意味が、意味、意味がはっきりしない
ってことは分かってるさ
僕は行く
僕は知る

めもめもめもめも 

March 10 [Sat], 2007, 23:54
よろこびよ 美しい神の火花よ
お前の天にあたる聖堂に進む!
すべての人々が兄弟となる
すべてよろこびの声をあわせよ!
世にひとつでも人の心を自分のものとした者は共に歌え!
抱き合おう諸人よ!
このくちづけを全世界に!
兄弟たちよ お前たちの道を進め!
よろこびを持って英雄が 勝利の道を歩むように!
すべての善 すべての悪が
自然のばら色の足跡を追う!
光の天使ケルビムは 神の御前に立つ!
星空の彼方に神を求めよ!
星の彼方にかならず主は住みたもう!

めもめもめも 

March 10 [Sat], 2007, 23:52
Morning prayers took the girl unawares
She was late for class and she knew it
The broadcaster had a voice that was soothing
She couldn't tell if it was a man or woman
A patch of sun fell onto her neck
She put her head on her arms on her desk
The lesson today was Acts of Apostles
The crazy hippies, they're running scared
She shut her eyes and imagined the desert
No cars, no mobiles, just sun and bread
What would she look like standing by the well?
More like a women and less like a girl

“Oh, if I could make sense of it all!
I wish that I could sing
I'd stay in a melody
I would float along in my everlasting song
What would I do to believe?”

Later on she plays Morning Has Broken
She knows she's bad
She is slowing everybody down
The choirmaster, usually a bastard, knows her mother's sick
He'll be nice to her
She thinks that she shouldn't be there at all
Her worries make everything else seem trivial

“Oh, if I could make sense of it all!
I wish that I could sing
I'd stay in a melody
I would float along in my everlasting song
What would I do to believe?”

めもめも 

March 10 [Sat], 2007, 23:51
Veruca Salt, the little brute,
Has just gone down the garbage chute
And She will meet as she descends
A rather different set of friends
A rather different set of friends
A rather different set of friends
A fish head, for example, cut
This morning from a halibut.
An oyster from an oyster stew,
A steak that no one else would chew,
And lots of other things as well,
Each with a rather horrid smell.
horrid smell
These are Veruca's new found friends
That she will meet as she descends,
These are Veruca's new found friends
The one's who spoiler her
Who indeed?
Who pandered to her every need?
Who turned her into such a brat?
Who are the culprits? Who did that?
The guilty ones now this is sad
Dear Old Mum and Loving Dad

メモ 

March 10 [Sat], 2007, 23:51
まぼろばのピンヒール 直接な口づけがcock-a-hoop
今宵生まれては今宵消え行くままの恋じゃない
だから見せつけて 透明の向こう側のシャワーシーン
大都会午前25時 帰れない帰しはしないから
もっと裸でタブーを泳ごう 知らない君の奥深くを
体でわかりあいましょう
声にならない声が今 何よりもおしゃべり

広いベットの下で君は飛ぶと叫んだ後
のけぞり僕の上でどこまでも淫ら落ちるという
所詮知らない名前を呼ぶこともできはしない
大都会 未明の渋谷 風のないこの坂の上

なぜに体と気持ちを競わす?そういう自虐的な趣味なの?
無理に演じたりするから
「君は強い女」だからってふられたりしたでしょう?

もっと裸でタブーを泳ごう 知らない君の奥深くを
体でわかりあいましょう
声にならない声が今 何よりもおしゃべり

まほろばの光を見て 焦がれる悲しき性よ
爆ぜては元の他人へと
恋にならない恋が今 夜のしじまに消ゆ

あ〜あ 

January 27 [Sat], 2007, 15:48
眠い。 はやく帰ってあのカオティックな絵を完成させたい! これから6時間かー。だりーよ!

希望の光なんてなくったって 

January 18 [Thu], 2007, 23:36
なんか最近感動しやすい自分がいるなあ。
気持ちが上へ上へむかっているかんじがする。一時的なものかもだけど。
なんか人間のひたむきさに遭遇すると思わず涙がでてくるよ。
涙が出るタイミングがまるで年寄りそのものな気がしてなりません。
むかしは複雑なきもちや難しいことばこそが大人なイメージだったけど、
いまは単純にたのしいとかうれしいとかすてきとか、
そういうシンプルなことばやきもちを大事にしたいなあって気持ちがあるよ。
お別れがちかいからかな?
やっぱりいつだって思い返せば辛い思い出もやさしくわたしに話しかけてきます。
なんだかんだいって高校ってたのしかったのかな。
3年丸まる大殺界だったらしいけど。
この気持ちを大事にしてたいなあ。いま凄く頑張りたい気持ちが強いです。
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる