やっくんの桜の木」事故現場近くに3月25日植樹 岸田健作が報告

February 26 [Fri], 2016, 11:39
2013年に不慮の事故のため37歳の若さ三便宝で亡くなったお笑い芸人、桜塚やっくんさんの事故現場に桜の木を植えようというプロジェクトに対して募金が目標額に到達、3月25日に植樹が行われることを25日、やっくんさんの親友で俳優で歌手の岸田健作が公式ブログで報告した。

 岸田は「この日本に『やっくんの桜の木』と三體牛鞭いう名の新たな命が誕生すると思うと本当に嬉しい」と感慨をつづった。

 このプロジェクトは岸田と、Dear LovingのMASAがやっくんさんの死んだ場所に桜の木を植えようと2014年8月、山口県美祢市の市長らに相談し狼一号、快諾を得てスタートした。

 ちょうど美祢市の市の木が黒倍王桜で、市内の「美祢さくら公園」に植樹する予定。木はソメイヨシノで、やっくんさんを偲ぶモニュメントも設置される。

 募金額には昨年4月に達していたが、タイミングを見計らって今年に実行されることが決まっていた。

 やっくんさんは2013年10月5日、地方営業へ向かう途中の山口県美祢市の中国自動車道で、単独事故を起こして車外に出たところを後続車にはねられ、心臓破裂で死亡した。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kk731q/index1_0.rdf