お久しぶりです飛ばします 

January 13 [Sat], 2007, 19:38
帰宅途中にふと本屋に立ち寄ろうかと思い立ち、ああでも財布にお金が八十円しかないから何かあっても買えないなあ、まあ雑誌読むだけでも…とか
思って
行って
めぼしいものがなくそれでもうろうろしてたらASUKAを見つけ、前ちらっと見たけどまあいいかーと、開いたら
あがががががが猊下?
猊下?
しかも三連発?
ていうか独壇場?!
みたいなさ!
あごごごごなんかもうお人柄理想通りで愛・再確認空腹が一瞬で満たされたんですけどちょっと!
あー…

僕たちはあなたを恨んでます 

July 25 [Tue], 2006, 23:13
あなたは僕たちを知らないから

あなたは僕たちを知ろうともしないから



あなたに僕たちは必要が、なかったから

(無題) 

July 21 [Fri], 2006, 12:56
そろそろ改装をしたい…のですが時間が取れません。その前にまずアンケートをなんとかしろという話ですよね。それはそうと(話そらした)ひさびさに自分の書いた捏造眞賢を読んでみたのですがなんかかすりもしなくてある意味面白かったよ…。妄想力って偉大!(それでごまかせると思うのか)

捏造で眞健で妄想です。 

July 13 [Thu], 2006, 0:46




彼が消える。
消滅。消失。完全なる。
涙が頬を伝う。
哀しいからでは、多分、ない。
「四千年の復讐をするよ。」
その青を見つめる。(僕ばかり損な役まわり)
『『あの人』はちゃんと僕の中にいる』

僕はこれから、かつての何十人もの僕たちにできる唯一の仕返しをする。
ひとことを口にするだけの、ささいな仕返し。
それなのに、
どうしてなんで



(なんでこんなにも残酷なんだろう。)

(無題) 

July 10 [Mon], 2006, 21:02
眞健なのか。
眞健なのか。
眞健…なの…か…!!




うわあああああ

だれか見せてください(無茶言うな

眞王賢者 

June 22 [Thu], 2006, 13:05
「私はあなたが死ぬまで私が死ぬまであなたの側にいることにします」
「では俺はどちらかとにかく死んでからその後ずっとお前の側にいてやろう」

箱はマのつく水の底! 

April 30 [Sun], 2006, 15:23
ネタバレ注意







村田さん愛してる。
好きだ。好きすぎて死にそう。なんだってこんな、こんな!


次巻で髪形が坊主になってたりしませんように!

たのしく雑談 

April 17 [Mon], 2006, 22:22
「たとえば、たとえばの話として、僕は大賢者様だけど別に貴族じゃないし、そういう点できみと挙式に踏み切るのを遮るものはないわけだ。
そしてこの国にはツェリ様という素晴らしい味方がいる。まず間違いなく僕らの未来は陽の下にあるね。」
「といいますかね、実際本気で添い遂げたいならあなたならなんとかしちゃうでしょうに。」
「つまりは本気で言ってないってね。だから最初からたとえばってことわってるよ僕。」

きっとだれより悲しかったのはたぶん 

March 12 [Sun], 2006, 14:39
この魂の人生通して付き纏ってた、ついてけない淋しさも、置いていく恐怖も、もうない。

マニメ最終回 

February 25 [Sat], 2006, 9:34
微妙にネタばれしてるようなしてないような。

























とりあえず一言。
ヨザケンにフォローあったのに驚いたよ!!!絶対スルーされると思ってたのに!うわよかったっ…
全体的に見ても、好きなラストでした。なんだかんだで猊下はドス黒くどこでもなんでも人生謳歌できる強い人だと思うから、うん。(私は)十分です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kk-ai0
読者になる
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる