婚姻によって氏を改めた夫又は妻が祭祀に関する権利

December 07 [Fri], 2012, 17:08
民法770条1項5号では離婚事由の一つとして「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」を規定していますが、どのような場合がこれに該当するのでしょうか?財産分与とは、結婚してから離婚するまでの間に夫婦が形成した財産を清算することです(民法768条)。妻はその状況を素早く読みとり、相手が何を望んでいるかを察知し、速やかに望みどおりのことを実行するようになる。婚姻によって氏を改めた夫又は妻が祭祀に関する権利(897条1項)を承継した後に離婚したときは、当事者その他の関係人の協議でその権利を承継すべき者を定めなければならない(協議離婚につき民法第769条1項、裁判離婚につき771条により準用)。未成年者の子がある場合は親権者を決める必要がある。


情報の空白は、マイナスの印象や思考で埋められやすい。当事務所は、離婚そのものを迷っている方や、何とか夫婦関係を修復したい方に対して、専門の資格を持つ離婚カウンセラーによる、カウンセリングを行う等のサポートを行っております。(フェミニズム論)離婚とは、家庭内で虐げられてきた女性達による、ある種の革命であると主張する。財産分与の対象としては、自宅(住宅ローンが残っている場合には自宅の時価から住宅ローンの残額を差し引いた残額)、預貯金、生命保険、株式、自動車などがあります。


電話は着信拒否、メールは都合の悪いことは完全無視連絡つかないので、自分の母親から連絡とってもらい話し合いすることになりましたが、自分(嫁)が全部悪いことは認めるが今更元の関係に戻れるとは思えないとのこと。財産分与の時効は、離婚から2年(民法768条2項)なので、その期間内であれば請求する事ができます。次に、慰謝料と養育費の支払いを関連付けるのは不当です。子の監護に関する事項(子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項)について、協議離婚の場合には父母の協議によって定め(766条第1項)、協議不調あるいは協議不能の場合には家庭裁判所がこれを定める(766条第2項)。


今後の人生を大きく左右する第一歩と思えば高額の出費も仕方ないかもしれません。アメリカの心理学者ジュディス・ウォーラースタインは、親が離婚した子供を長期に追跡調査して、子供達は大きな精神的な打撃を受けていることを見出した。「弁護士を依頼するのははじめてなので、よくわからない」という人でも、これを読めば安心。裁判離婚には、他にも審判離婚などがありますが、とりあえずはこの2つを検討しましょう。


配偶者から悪意で遺棄されたとき(770条1項2号)。しかし、貴女が悪いのではなく、貴女はモラハラの被害者なのかもしれません。裁判離婚の場合、証人による届出書への署名押印は必要ない。裁判上の離婚は、民法上の離婚原因がある場合に限って提起しうる(旧813条)。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:絶望って呼ぶなよ
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kjugczzt/index1_0.rdf