表参道の美容室で炭酸泉トリートメント

February 05 [Tue], 2013, 13:16
初めての美容室に行った時の感想として、二通りの人がいると思うのです。仕上がりに対して「まあ接客も悪くなかったしこんなものかな、もう一度ぐらいは来てみようか」と思う人と「接客が良くても私が思っていたのと少し違う仕上がりじゃない!これならもう来ないわ」と思う人ですね。前者の人はもう一度、もう一度、とその美容室に通っているうちにその美容室が行きつけになっていくのでしょう。ですが後者の人は次に行った美容室でもまた同じ不満を持つのではないでしょうか?その結果その人はいつまでたっても行きつけの美容室には出会えないでいると思います。そいういう人に言いたいのですが、思った通りにならなかった美容室と言うのはそんなにダメな美容室だったのでしょうか? 思うようになる、と言うのは自分の思いをちゃんと伝えきった、解ってもらえるまで話した、と言う自信があっての事ですか?なかなか日本語と言うのは初対面の人と話すときにはそのニュアンスを伝えるのは難しいものです。初めての人だと遠慮して言いたい事も言えなかった、というのは良くある話です。思い通りにしてもらうにはその美容師さんとの会話がちゃんと細かいニュアンスまで伝わるぐらいの間柄にならないと難しいと思うのです。ですからそれでだめな美容師、と決めつけるのはあまりに早すぎます。表参道の美容室で炭酸泉トリートメント一人の美容師さんには余程ほかに悪い所が無い限り、少なくても3度ぐらいは切ってもらってはどうでしょうか? そうしている間に伝えたい事をちゃんとわかってもらえる仲になれるものです。それで初めて「思い通り」にしてもらえるのではないでしょうか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kjjjghkiu0123
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kjjjghkiu0123/index1_0.rdf