熟達した看護師集団、栄養サポートチーム専門療法士の説明との仕事

July 19 [Fri], 2013, 14:15
栄養サポートチーム専門療法士とは、患者さんの病気や症状に伴って栄養管理をする看護師が集まったチームの事を言います。これは基本的な医療の代表格ともいえる物です。栄養サポートチームはアルファベット3文字で「NST」とも呼ばれています。看護師のスキルアップのために勉強する人もいます。日本ではあまり聞く事のない名称ですが、1960年代の欧米で始まったものです。日本国内では栄養サポートチーム専門療法士の重要性がほとんど認識されておりませんでした。設立すると、費用等が膨大にかかるため設立されないままでいましたが、ようやく注目が集まったのは2004年の事でした。この年に栄養サポートチームが設立されて、2年後の2006年には栄養管理実施加算が新設されました。診療報酬も改定されて日本でも市民権を得始めました。栄養サポートチーム専門療法士の一般的な仕事は、患者の食事チェック、NST診療録の管理、カテーテルの管理等です。看護師でも医療従事者であり、かつ5年以上の勤務実績がなければ年1回ある認定試験に合格しなければNSTに入ることはできません。合格しても、日々、スキルアップに専念する必要があります。しかし、就職した病院がNSTを設置していれば、この資格は大きく役立つと言えるでしょう。最近では看護師 派遣で採用する病院が増えてきているようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ねね
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kjhkjhkjhkjh7/index1_0.rdf