雛人形の準備完了

March 15 [Sat], 2014, 13:24
雛人形木目込みナビでもキャラクター雛人形は人気が高く、一般的なものをひとつ購入して二人目の女の子にキャラクターものをそろえるという家庭も少なくありません。
古くは平安時代、3月のはじめに疫病が起こりやすいことから無病息災を願い、草や藁で人形を作って川に流す習慣が生まれました。
顔色もベージュのようになっている雛人形があるなど、本当に現代風です。
雛人形木目込みナビとしても、雛人形ひとつでもかつての身分制度からその変遷までが反映されていて、多くのことを学習することができるのです。
はじめに原型が作られ、年度ごとなどに基本となる原型が作られ衣装の合わせ目やヒダ、帯などの形を彫り込んでいきます。
雛人形選び方バイブルでも形や人形の顔などはさまざまであり、種類も豊富ですから雛人形を選ぶことはなかなか大変です。
写真だけでは、なかなか決めることができないところもあります。
たとえば着物の襟は左が上であることも、ひとつの象徴であるのです。
お雛様の存在が京の上流階級から町民へと広がってきたのは、江戸時代のことです。
とはいってもシンプルで飾りやすく片付けやすい平飾りは、多くの家庭で購入されるようになりました。
その風習は、江戸時代から始まったとされています。
その後は胴体に頭、手、持ち物を取り付けます。
しかしながら住宅事情や核家族化によって、七段飾りの雛人形を自宅に置くことは難しいという場合も少なくありません。
雛人形は一家族にひとつでなく、1人の女の子にひとつということが基本です。
ピアノの上に置くならば、親王飾りの下に赤い毛氈を引くなどすると、黒いピアノと赤い毛氈でお雛様が引き立って見えます。
価値がある雛人形
雛人形は顔が命
雛人形を守れ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kjfifdjl
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kjfifdjl/index1_0.rdf