30代の男性が精欲減退

January 25 [Sat], 2014, 15:44
30代の男性が精欲減退




媚薬(びやく)とは、男性の精欲減退原因には催淫剤と呼ばれ勃起不全の精欲減退治療に使われる薬を言い、広義には性欲を高める薬、恋愛感情を起こさせるような薬を言う。惚れ薬とも称される。肉体的な性機能の改善を目的とした精力剤、強壮剤も含まれる。キリスト教は色欲を人間の七つの大罪の一つとしている。同様に、多くの宗教で、不適切な性欲を罪としている。
仏教でも煩悩の一つとされ、不邪淫戒という戒律も男性存在する。ただし不邪淫戒は、妻以外の女性と性交渉をしてはならない、という精欲減退戒である。釈迦の従弟である孫陀羅難陀が、出家後でも妻に惹かれてなかなか悟りを開けなかったエピソードなどがある。このように多くの宗教では、性欲とは女性の30代容姿に男性が惑乱させられて起こるものと考えられている。好奇心から性的指向を顕在化させるケースもあり、窃視症や痴漢など、異性の秘密30代に対する好奇心から、30代異性の衣服の下の体を見たい・触れたいという欲求を抱き、特に人目につかない部分(股間、腋の下など)に興味を示すこともある。男尊女卑的な社会では女性が頼れるパートナーに体を預け、秘所を開くことで孤独感を癒したいという欲求が生まれることもある。こうした類型化された男女の性衝動は社会性の獲得とともに刷り込まれる[要出典](「性的嗜好」および「ジェンダー」も参照)。1970年以降のフェミニズムで様様な思想が存在するため一括りに述べがたい側面がある。一般的な傾向としては、法あるいは制度上の明確な差別が徐々に撤廃されるようになった結果、そうした観点からは見えづらい様々な問題が議論の俎上にあげられるようになったと言える。かつてのフェミニズムが白人中流階級の女性の価値観を中心として展開していたことに対する批判から、人種や民族、性的指向、階級などの要素を考慮し、一枚岩ではない多様な立場にある女性たちの経験を反映させようとする動きが加速した。男女の真の平等が達成されるためには社会のジェンダー観、つまり社会的、文化的に構築される性が改革されなければならないとの主張などが見られたのもこのときである。この考え方は数十年遅れて多少修正された形で日本に輸入された。
一般に性的欲求が強まるのは、思春期以降と言われるが、個人差が大きく必ずしもそうとは言えない。性的好奇心は年齢を問わずにおこり、発現の仕方も多様である(「子供の性」も参照)。
固着の状況によっては、関係性への欲求や所有欲、共感欲といった別の男性欲求に置き換わる場合もしばしばである。性的な欲求を一生自覚せずに過ごす場合もある。
ただし、仏教の中でも顕教と違い、密教では性欲の捉え方は大きく異なる。理趣経という経典には、男女の欲望や交合(性交)の妙なる恍惚、また欲望などもすべて清浄なる菩薩の境地であるなどと説いており、性欲を全否定しない。したがって世間一般では、密教や理趣経は性欲を肯定していると、色眼鏡的な見方で捉える向きもある。しかしそれもまた違う。これは自性清浄といい、本来男性人間は汚れた存在ではなく、欲望は人間として自然なものである、といった煩悩即菩提という思想が密教の根本にあるためである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kannatory
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kjdrhlw/index1_0.rdf