山西省環境保護庁に自動モニタリングデータを

May 28 [Mon], 2012, 11:29
山西省環境保護庁関係者は、今回の電源を警告標識、省環境保護の法律の執行に伝統の現場に全天候執法、全過程のデジタル化は規制に向けて、形成してきた集観測、監視制御と監視システムの三位一体定量法アラド戦記 rmt 。山西は今後継続利用汚染源の自動制御システム監督重点汚染源の排出、違法汚染物質排出と不正常運行環境保護設備の行為を監視手段をとる。上記のシステムが正常に運行して以来、山西省環境保護庁に自動モニタリングデータを効果的に企業の審査、規準を超え自動監視システムをタイムリーに警告、なお個別企業の深刻な規準を超える排出の違法行為。山西省環境保護庁関係者は、今回の活動は同庁初めて正式にオープンし汚染源の自動制御システムの遠隔停電警告、初めてを経て有効性審査の後のオンラインモニタリングデータ正式に執法を初めて使う環境管理、オンラインモニタリングデータを証拠としては規準を超え企業を罰金処分初めて現場指示監視企業期限を是正要求重点都督。2009年9月、年間かけて建設の山西省の汚染源の自動制御システム経環境保護部検収後投入が正常に実行され、これは全国初の唯一一例を利用して汚染源の自動制御システムの実施は「また監控のシステム工学rmt 。全省の実現24時間リアルタイムオンライン、重点監視376家排気汚染物質排出企業と290汚染物質排出企業家の廃水。新華ネットの太原3月26ニュース(記者晏国政)山西省の汚染源の自動制御システム警告深刻な規準を超え企業活動がこのほど正式に始動、環境保護部門は全省の汚染源の自動制御システムを適時に発見した国の電気太原第一の火力発電所、孝義横山コッキング有限会社と太原市殷家堡汚水浄化工場3家深刻な規準を超える企業に実施した遠隔切れるように警告、同時に行政処分を下した告知書。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kjdgfq/index1_0.rdf