2016年3月仙台に行ってきたよ(その14・宇都宮からグリーン車で帰路)最終回

May 23 [Mon], 2016, 13:08
前回から続く

さて白石から乗った福島行きはラッキーなことにそのまま黒磯行きになるとのこと。
だったら最初から快速シティラビット黒磯行きで運転すればいいのに?と思いますが、場合によっては福島で車両交換をする時があるとかなんですかね??

福島から郡山まで50分弱。この区間夜行列車の通過も含めて子供の頃以来ですね。
ちなみに子供の頃に、親と郡山から福島まで今となっては貴重な?715系の普通列車に乗った覚えがありますが、結構退屈で嫌だったような。しかも途中の駅で715系の折り戸に挟まれて痛かった思い出も

松川付近で山の中腹のようなところを走る区間で下に東北新幹線を見下ろす区間があったのが印象的。右側に座ってたので写真撮れなかったのが残念。
二本松まで起きていたものの眠くなって寝て、起きたら郡山近く・・。まぁ寝てしまえば結構あっという間です。

郡山の少し先の須賀川で18時34分。所要時間的には名古屋からと須賀川からで家までの所要時間はほぼ同じぐらいですね。距離的には須賀川から松田まで303km、名古屋から松田までは289.8km。意外なことに名古屋の方がちょっと近い。

白河駅で車内からライトアップされたお城を発見・・・!!
そういえばエージェント氏が「福島と栃木の間に『しろくろジョーカー』で位置情報が取れる城がある」と言っていたような・・・。その話を聞いて特に調べもせず、駅から徒歩40分とかそういう場所にありそう。と勝手にイメージで思ってしまったものの、もしやあの城がそれか




福島から約2時間で黒磯駅4番線に到着。
到着前の車内放送で「JR東日本・東北線の御利用ありがとうございました」と流れます。
ちなみに黒磯の3つ手前の豊原駅から栃木県に入っています。

黒磯駅。今は交流電車は4・5番線の発着に固定されているようで。狭い跨線橋経由で乗り換えるわけですが、ちょうど逆方向宇都宮方面から黒磯行も到着して双方向に乗り換える人が交錯して大混雑。
階段なども横に3人並べる程度の幅しかないし・・・。



東北線はここ黒磯駅で架線電源が交流(仙台方面)から直流(東京方面)に切替ります。
交流と直流が切替るポイントは全国各所にありますが、ここ黒磯は切り替えポイントとしては全国でも早かったことや、当時機関車牽引の列車が多く黒磯駅で直流用機関車と交流用機関車の交換をしていた経緯で「地上切替え方式」という珍しい方式が採用されています。

各ホーム(線路)ごとにその時々で架線に直流の電気を流すか交流の電気を流すか切り替えられる珍しいシステムで、私も子供の頃には黒磯駅で停車中に切替え。という列車に乗車したこともありました。

しか〜し今では貨物列車も含め交流直流両用の機関車が主流となり黒磯駅での地上切替は不要に。近年中に「地上切替え方式」を廃して、隣の高久駅との駅間で交流と直流が分かれる一般的な方式に変更になる。ということがJR東日本の中期計画でも発表されたよう。

そうなると先ほどの719系など交流電車は黒磯駅には入れなくなります。
代わりに黒磯駅から東北線下り方面の列車は烏山線で試験導入されているEV-E301系のような充電タイプの電車になるとも、常磐線・水戸線で活躍しているE531系5両編成で宇都宮〜新白河・郡山を中心の運転になるとも言われているようですが、最近の噂ではE531系が有力みたいですね。

充電タイプの電車は交流充電型が、JR九州が開発した車両を男鹿線用に導入するという話だそうですが、まだまだ量産化の見通しが立ってないのかも??

まぁE531系を多めに増備して、余ったE231・233系で東海道線の迷惑10両を多少でも解消して欲しいものですね。



黒磯から宇都宮行きに乗車。
この区間は今は元京葉線などの205系4両編成が主体。ですが私が乗った電車はE231系5両
205系もどのみち黒磯駅完全直流化完成までのつなぎなのは明白。205系に乗っておきたかったのですが、ちょっと残念ですね。

最初の予定では宇都宮の駅ビルで餃子を食べて夕食にする予定でしたが、白石で時間をつぶしてしまったので、宇都宮での余裕時間はわずか14分。駅1階の吉野家で牛丼を持ち帰りで買って夕食にします。



宇都宮駅20時36分発の通勤快速上野行きに乗車。ここからは980円追加でグリーン車なので楽々ですね。ここまで来たら着いたも同然??



黒磯〜宇都宮間はグリーン車連結列車は殆どないです。

車内販売でお茶を買おうかと思ったら、アテンダントが回ってこない小金井までは検札がないパターンのようで・・。小金井を出たところで来たのでお茶を買えました。



宇都宮の隣の雀宮駅で宇都宮〜黒磯の区間運転用の205系を発見



さてお茶を買ったところで宇都宮で買った牛丼を食べつつ夕食にします。
スマホの充電も尽きてしまったのでパソコンから充電することに

普通列車グリーン車、今となっては座席にコンセントがないのが時代遅れ感が大きいですね・・。せめてE233系には設置するような先見性がなかったは困ったところ。今後増備される車両や中央線用グリーン車には設置して欲しいものですね。



食後は仙台で買ったお菓子、萩の月と伊達絵巻も食べます

通勤快速は小山から大宮までの50.3kmを途中、古河と久喜の2駅停車で39分で走破します。表定速度は77km/hと結構早いですね。

乗っている列車は上野行きなので、大宮で蓮田で抜かした後続の沼津行きに乗換えるとします。



平塚で東京駅を7分後に出る湘南ライナー15号に抜かされるので乗換え。東京駅で湘南ライナーに乗り換えてもよかったのですが、なんか乗り換えるのが面倒になって・・・。



特急形車両としては何かと遜色な185系ですが、グリーン車はシートピッチも広くて流石に特急車両のグリーン車といった座席ですね。腐っても鯛というか・・・。今日び特急用車両で窓が開くのもなかなかレア
やっぱり東京駅でこっちに乗り換えておけばよかったカナ??

国府津まで10分弱ほど185系のグリーン車に乗って、国府津で御殿場線最終に乗換えです。

東海道線から松田だと小田原から小田急経由な作戦もあるのですが、平日だと最終接続の東京駅を出る時間は殆ど変わらない

以前に東京駅22時50分発で小田原駅23時57分着の通勤快速があって小田原0時3分発の小田急の最終町田行きに乗換え出来たのですが、通勤快速がなくなって平日は御殿場線最終も小田急上り最終にしても東京駅を出る時間は殆ど変わらなくなってしまいました
通勤快速が廃止になった時に代わりに設定された小田原0時9分着の湘南新宿ラインを特別快速にして小田原23時58分までに着くようにして欲しい

といったところで帰着して3泊4日の仙台の旅が終わりました

<おわり>

3月28日の行程
宮城野通10:26→八木山動物公園10:41 仙台地下鉄東西線 300円
八木山動物公園駅11:10→霊屋橋11:29 J704系統  交通局東北大学病院前行 250円
瑞宝殿11:35→仙台城址11:49 るーぷる仙台バス 260円 
国際センター13:18→仙台駅13:23 仙台地下鉄東西線 200円

仙台14:30→白石15:19 東北線普通 白石行

城下広場16:25→白石駅16:28 白石市民バスきゃっするくん 刈田病院行 200円

白石16:49→黒磯19:25 快速シティラビット6号福島行→普通 黒磯行
黒磯19:31→宇都宮20:22 普通 宇都宮行
宇都宮20:36→大宮21:42 通勤快速 上野行
大宮21:49→平塚23:23 普通 沼津行
平塚23:25→国府津23:36 湘南ライナー15号 小田原行
国府津23:38→松田 御殿場線普通 山北行

交通費
青春18きっぷ1回分 2370円(計算上)
宇都宮→国府津 グリーン券 980円
仙台市営交通 1010円
白石市民バス 200円
合計 4560円

【PR】amazon.co.jpで「白石城」を検索

2016/5/23 13:08(JST)

2016年3月仙台に行ってきたよ(その13・白石城を見学)

May 22 [Sun], 2016, 23:18
前回から続く

さて白石城の近くまで来てスマホゲーム「しろくろジョーカー」の白石城の位置情報をゲット



この白石城三階櫓は平成7年に木造で復元されたものだそう。3階の釣鐘型の窓が特徴的ですね。

併設されている資料展示館を見物するとします。
戦国BASARAというゲームで片倉小十郎が登場した縁なのか、戦国BASARAバージョンの片倉小十郎グッツなどがみやげ物店で売られています。私は折角なので乾麺の白石温麺を買うことに。



1階の食事コーナーで昼食に白石名物の温麺を食べようと、券売機で食券を買おうとするとお金が戻ってきて買えない・・係りの人がカウンターで「こちらで伺います」というので「○○温麺を・・」と注文すると、「食事物は終わりでソフトクリームしか出せない」となおいおいな・・

ともかく2階の資料展示コーナーを見学することに。資料展示コーナーは無料。他に有料のハイビジョンシアターもあるのものの既に最終回の上映は終わっているよう。



白石城は仙台藩の支城として、伊達家の家臣の片倉小十郎氏以下片倉氏の居城となり、一国一城令以降も存続を許され南の上杉藩などに睨みを効かせていたよう。
白石城は幕末期には奥羽越列藩同盟が結成される舞台にもなったそう。その後、明治維新で賊軍となった伊達氏の家臣団は北海道に渡り登別市などで開拓に従事したそう。
家臣団の北海道に渡る決意と現地での厳しい開拓生活を思うと、先ほどの仙台城址で「官軍側を祀る護国神社」の件がますます気になってきますね。

展示館を一通り見物して駅に戻るとします。



16時25分発の刈田病院行きが白石駅に向かうようなので、待合室でバスを待っていると1台到着。
とりあえずバスの方に向かっていったら
「このバスはここで終点だべ、ねぇちゃん何処に行きたいんだべ〜」
「白石蔵王駅でなくて白石駅かのう〜??」
「白石駅ならすぐだから歩いていってもいいだっぺ〜」
「荷物がたくさんあるから歩くのは大変だっぺ〜」
という感じでまぁ、到着したバスの運転士氏や他のお客さんも交えて、リアル路線バス乗り継ぎの旅(蛭子さんが出て来るやつ)みたいな状態に

もうみんなモリゾーに見えてきますね。そうこうしているうちに、またバスが到着。
このバスが白石駅に向かうようで乗るとします。
ちなみに運賃は200円でした。

駅前のコンビニで電車の中で食べるように、菓子パンと唐揚げ棒を買って昼食代わりにします。



白石駅の改札。
この時間帯は窓口と改札を1人で兼務している状態。有人改札には柵がしてあります
窓口でこの先で使うグリーン券を買っていたら、ちょうど到着した列車から降りてきた人が・・。
降りてきた人は有人改札前で足止めされつつ出迎えの人と世間話を始め・・。係員は私の方が終わってから有人改札の柵を開けて・・。とまぁいやはや、なんとも田舎らしいのどかな光景だなと
私だったらきっぷ持ってたら絶対自分で勝手に柵を開けて通るぞ・・



白石16時49分発の快速シティラビット6号で先に進むとします。



またまた719系の2+2の4両編成。
本来は「シティラビット」のヘッドマークが付いているはずなんですが、2日前、3月26日のダイヤ改正からヘッドマークの掲出を取りやめたそうで。ちょっと残念な??

快速シティラビット号は仙台〜福島間を3往復運転されている快速列車。(繁忙期に臨時列車が追加)。

前回の記事で書いたように、東北線の仙台〜白石間は仙台の近郊区間のようになっていて、普通列車が毎時2〜3本運転されていますが、白石から福島までは快速を含めて概ね毎時1本程度。(福島から先の栃木県黒磯までも多少増える区間もあるものの毎時1本ペース)

この仙台〜福島間のうち、特に県境を挟む白石〜藤田間は90年代終わりごろは、日中2時間開くときもあるなど実に悲惨なダイヤになっていました。仙台〜福島間で在来線で移動するなら、西側に大きく迂回している阿武隈急行を経由した方が早いパターンもある。と言われるぐらいの状態。
教科書的に「県境区間は流動が少ないので適正なダイヤでなんとかかんとか・・」といえばもっともらしく聞こえるのかもしれませんが・・・

そこに90年代末に仙台〜福島間に宮城交通・福島交通・JRバスの3社連合で高速バスに参入。さらに富士交通・桜交通という観光バス事業者が高速バスに新規参入。運賃値下げ競争も起こり片道800円に。更に安い2回回数券なども設定され一挙に高速バス激戦区に。
高速バスの激戦は仙台〜郡山間でも起こり、郡山や福島の人は気軽に行楽などで仙台に行けるようになって移動需要が創出されたよう。

最終的には観光バス会社から参入した富士交通は民事精算法適用からの2008年で事業廃止となり、仙台〜福島・郡山間の高速バスは1グループだけの運行となり本数も減便。運賃もそこそこに落ち着く形に。

そういった高速バス激戦のJR側の対抗策として、割安な往復割引券の設定ともに運行開始されたのがこの「快速シティラビット号」という話なのです。

この辺りの経緯に関しては
東北大学鉄道研究部誌に掲載された砧音月氏による「富士に跳ねるウサギ」に詳しいです
http://www.geocities.jp/incus_incus/rail/fuji/index.htm



白石駅に掲示されていた新幹線Wきっぷという往復割引きっぷのPRポスター
仙台発着では福島・郡山・会津若松・喜多方・古川・くりこま高原・一ノ関で設定されています。

高速バスの激戦の裏で、JR(鉄道)は対抗策を講じたお陰で「負けないで済んだ」という印象を感じますね。


さて話は長くなりましたが、白石から30分ほどで福島に到着です。ここで黒磯行きに乗換えですが・・・なんと車内放送で「東北線二本松・郡山方面黒磯行きを御利用の方はこのまま御乗車ください。この列車がそのまま17時26分発黒磯行きになります」のような案内が

福島駅では駅舎に面した1番線に到着。福島で降りる他のお客さんが「あれ?こっちに着いたぞ?」みたいに話し合ってました。ダイヤ改正前は2番線到着だったのかな??

次回に続く

【PR】楽天市場で「片倉小十郎」を検索

2016/5/22 23:18(JST)

☆シャトレーゼのマンゴープリン

May 21 [Sat], 2016, 15:26

シャトレーゼで108円で買ったマンゴープリンです。
マンゴーの切り身も入っていて美味しかったです
これで108円は安いモリですね

2016年3月仙台に行ってきたよ(その12・いよいよ帰路。白石城に )

May 20 [Fri], 2016, 0:15
前回から続く

さていよいよ、4日間滞在した仙台を離れて帰路に着くことに「仙台ありがとう〜(/・ω・)/」

当初の予定では帰りは、郡山まで高速バスか福島まで新幹線(どちらも+2200円ぐらい)で考えていたのですが、1日延長して今日28日月曜に帰ることにしたので、予定はなしにして全区間在来線で青春18きっぷで帰ることに。
その代わりに?仙台を少し早めに出て、途中白石に寄っていくことにします。

予定では家には24時頃に帰着予定。この先が結構大変そうですが、まぁ東北線の仙台〜郡山間は大人になってからは乗ったことがないし、普段乗れない形式の車両に乗れるし。・・と思わないとやってられないモリな状態ですね。

名古屋から帰る時は、17時30分に出て23時前ぐらいなので、名古屋からよりも更に時間がかかる
まぁ宇都宮まで頑張ればその先はグリーン車だし・・・。スマホゲームの位置情報を取りながらですね



仙台駅14時30分発の白石行きに乗るとします。車両は719系の2+2の4両編成

時間的にぎりぎりになってしまい慌てて乗り込むような。

東北線は白石までは毎時2〜3本運転。更に途中の名取までは仙台空港アクセス線、岩沼までは常磐線の列車が加わるので仙台近郊では結構本数があるよう。



仙台の次の長町駅は高架化されていました。線路沿いにIKEAがありました南船橋よりも駅から近い!

岩沼までが仙台市街(岩沼あたりは仙台市ではないですが)という雰囲気で、岩沼と次の槻木の間は駅間距離も長くのどかな雰囲気の車窓になります。

仙台駅を出た時は立ち客もそこそこいる混雑でしたが、途中駅でどんどん降りて行って数駅で座れました。岩沼を出る辺りでだいぶ空いた車内に。

槻木駅は阿武隈急行との乗換駅。時刻表の路線図などで見ると、どうせなら阿武隈急行はもう少し頑張って岩沼駅で東北線と接続すればよかったのに・・と思ってしまいますが、まぁこの状態なら仕方がない?と思えなくも・・
福島まで阿武隈急行線に乗るもの手ですが、今回は白石に寄るので阿武隈急行作戦はなしで。



船岡駅から大河原駅辺り。このあたりは桜の名所で、満開の時期は花見の為に列車も徐行運転をするそう。話には聞いたことがありますが、船岡城址の山の上からの眺めはなかなかのものだそうで。
満開になるのは例年概ね4月中頃のようなので、まだあと半月ほど先ですね。

車窓から「史跡・船岡城址」みたいな筆書らしき大きな看板が見えましたが、写真に撮れなかったです



桜の名所を除けば景色はなんとも長閑な・・。列車のスピードもそれほど早くはないよう。110km/hでかっ飛ばす静岡地区東海道線に較べると遅い印象が・・。

仙台駅から40分ほどで白石駅に到着



719系の車内。
集団見合い式とよばれる座席配置(ドア間のクロスシートの半分は4人ボックスではなく2人掛けで車両中央部向き)が719系の特徴ですが・・・。運転台仕切りの助手席側の窓が大きい

新生JR東海の象徴のような211系5000番台や311系などと同じ設計なのは意外かも

実は国鉄最末期にデビューした213系0番台もこの設計。719系のデビューは1987年のJR発足から2年後の1989年。211系5000番台・213系0番台・719系、この辺りのベースはどれも一緒の国鉄末期の設計なんでしょうね。



折角なので形式写真風の写真も。719系もそろそろ30年選手。次の記事で後述する黒磯駅直流化の絡みも含めてそろそろ置き換えが・・。という噂もあるようで。



駅前の郵便ポストの上にお城が載っていますね。このポスト、駅前から見ると横を向いているのが謎??

次の福島駅行きは30分後の15時49分。その次は1時間半後の16時49分発。
遅くても16時49分発に乗れればいいのですが・・・。
白石に寄ったのは「しろくろジョーカー」スマホゲームの白石城の位置情報を取る為。とりあえずお城の方に向かって歩くことにします。



あまり調べていなかったというか・・バスには期待していなかったら、お城の方に向かって歩いている途中にコミュバスに抜かれました。こりゃバス停で時刻を確認すればよかったな・・と思って歩いていたら



もう1台のバスにも抜かされました「片倉小十郎見参!!」のイラストが特徴的で楽しげですね



駅前からの道から白石城が見えますが、まだまだ位置情報が取れないです



白石駅から600mほどで白石市役所などがある城下広場に。
600mなので10分歩いてないはずだけど、荷物が多くて重いので1kmぐらい歩いたような気分地図で見たら意外に近いぞ??

この城下広場のバスターミナルと白石駅の間にはメインルートのような感じでコミュニティバスが複数系統走っているようで本数が多目のよう。



シロクロード・・しろくろ??

次回に続く

【PR】楽天市場で「白石城」を検索

2016/5/20 00:15(JST)

☆猫のミルフィーユケーキ

May 19 [Thu], 2016, 0:03


弟が丸の内線新宿駅のメトロ食堂街のヒロタで買った白猫のミルフィーユケーキです
なかなか愛嬌がある顔をしていますね

食べる時に顔を切り分けないといけないのが可哀想かも・・汗

スポンサードリンク




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:八草きよぴ(kiyop)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1981年4月14日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・鉄道
    ・音楽-大塚愛/絢香/西野カナ
読者になる


TweetsWind




comment(最新コメント)
アイコン画像サルトリサスケ
» 2016年3月仙台に行ってきたよ(その11・続・仙台城跡) (2016年05月15日)
アイコン画像えしま長月
» 2016年3月仙台に行ってきたよ(その11・続・仙台城跡) (2016年05月15日)
アイコン画像たれぱんだぁ〜
» 2016年3月仙台に行ってきたよ(その10・仙台城址) (2016年05月13日)
アイコン画像八草きよぴ(kiyop)
» 2016年3月仙台に行ってきたよ(その7・東横イン仙台東口1号館) (2016年05月13日)
アイコン画像八草きよぴ
» ☆お餅みたいな電池 (2016年05月06日)
アイコン画像gtgt
» ☆お餅みたいな電池 (2016年04月30日)
アイコン画像八草きよぴ
» so-net 0simを買ったよ (2016年03月19日)
アイコン画像カメヒロシ
» so-net 0simを買ったよ (2016年03月18日)
アイコン画像カメヒロシ
» so-net 0simを買ったよ (2016年03月18日)
アイコン画像カメヒロシ
» so-net 0simを買ったよ (2016年03月15日)
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/kiyop/index1_0.rdf

スポンサードリンク