自分の責任 

2005年12月12日(月) 18時59分
 常々、図書室に関することは、すべて私の責任下にあると思っている。まあ、私のあずかり知らない授業に関することは別として。なので、先生に、本が乱れていることを指摘されたり、昼休みにうるさい子を注意してくれる姿を見たりすると、大変申し訳なく、恥ずかしく思う。「何やってんだよ、自分!ちゃんと仕事しなきゃ!!本当なら私がするべき仕事でしょ!」って。
 以前、図書室でいじめがあった時は、自分がいない時だったから、まだ責任をあまり感じなくてすんだ。図書室でイジメが起こったという事実にへこみはしたが。だけど、どこか他人事感をもってた。先生方に任せるしかなかったし。でも、今回のいすに穴あき事件は、1週間の間に起こったことらしいし、(恐らく子どもが、以前のイス検査の時に見落としていたのもあると思うが)もろに自分がいた期間に起こった出来事なので、責任を感じざるを得ない。国語の先生方が、難しい顔をされて、重大事のように扱われる姿を見て、自分のお気楽さが恥ずかしく、そのことに気づけなかった自分が情けなくなった。司書のくせに、図書室の備品をきちんと把握したり、図書室にくる子どもの指導がビシッとできないなんて…。司書失格であります。

弱虫 

2005年12月02日(金) 22時03分
 今日はいつも図書室にくる、寂しがりやな問題児君たちに見事にへこまされたまあ、軽口はいつものことだけど、入り口のドアを閉めてくれた1年生に罵詈雑言を浴びせ掛けていたその1年生がぶつぶつ文句をいいながら閉めたのが原因だったようだ最初は、友達同士でいってるんだろうと思っていたら、なんと1年生に身体的なことや馬鹿にしたようなことを、威圧的な口調で言っていた私は猛烈に腹が立った!!当然、教師としてなんらかの指導をするべきだっただろう。でもできなかった…。教師失格学生のころから、そういう輩に対してはすっごく苦手意識があったけれど、今の私は教師であって、当然1年生に謝罪させるべきだった!!でもできなかった。なんて私は弱虫なんだろう意気地なし!!…ダメな大人だなぁ

……。 

2005年11月28日(月) 19時06分
 今日で先生と会えるのも最後…なんて実はそうたいしたものじゃないけれど、あと半月近くは会えない。。寂しい…でも、今日もいつもと同じく、先生の顔が見れなくて、避けまくりながら思った。「本当に私は先生のことが好きなのかしら」ふつーうに考えて、うちのこの行動って好きっていえるのかしらんいや、恥ずかしいんですよ避けてしまう理由はね?でも異常はほど避けてるなあ…って思った自分でもおかしいと思ってるけど、長年の癖はなおせない。本当はもっとおしゃべりもしたいし、顔を見たり、目を合わせたりしたいけど、できない自分がもどかしいというか、異常なのかしら私なんだかなあ
 でもでも、来月の忘年会が楽しみのひとつになったぞ先生の隣、もしくは近い席に座れますように来月も、頑張るぞ

やっぱり好きだなあ… 

2005年11月25日(金) 21時49分
 今日は朝から昨日のお礼を言おうと、何度も頭の中でシュミレーションを繰り返してきた。けど、、、中々いえず、先生の姿を目で追ったりしてみたけど、「やっぱり無理!!いわんとこう!そうしよう!!」とか思って、半分あきらめてたでもでも、なんとか勇気をふりしぼって、放課後(なんて遅いお礼!!)先生とほぼ二人になった時に、思い切って言った
私:「N先生、昨日はありがとうございました。」
N:「えっ?」
私:「一緒に残ってくださって。」
N:「ああ。あの後、先生はいつ頃帰られたんですか?」
私:「あれからすぐに帰りました…。20分にでないと電車に間に合わないので…。」
N:「21分に電話がかかってきたかもしれませんね。」
私:「はい…

N:「うそです
 
あいかわらずイジワルだけど、最後の「うそです。」に先生の優しさを感じたいじわるなことを言うけれど、実は先生はとっても優しい方だと思うこの間までは、のぼせ上がってた心?が今日の先生の最後のセリフを聞いて、なんだかとっても穏やかになったこれが本当の「好き」って気持ちなのかもしれないなあ、と思うなんだか、こんな気持ちになったのは、生まれて始めてかも
 加えて、今日は先生の授業を5分だけだけど、見学することもできたやっぱり「先生」だけあって、子どもを相手に授業をしている姿はとっても凛々しくてかっこよかったいつもは、優しくおっとりと話されるけれど、大きな声をだされている姿をはじめて見た。素敵だけれど、いつもの穏やかで優しい声の方が好きかな

二人きり 

2005年11月24日(木) 22時15分
 今日は、放課後に企画会があり、多くの先生方が校長室で会議をされていて、職員室にはいなかった。そして、○越先生も年休で1時間早く帰ってしまわれた。そして、○中先生とカウンセラーの先生も時間がきて、帰ってしまわれた。そして、職員室に残ったのは私とN先生の2人…N先生はいつ帰ってもいい身分なのだけれど、私と一緒に20分までずっと待っていてくださった○中先生が、N先生に「残ってあげてよ。」と言ってくださったせいかもしれないけれど、私が学校を出ると言っていた20分まで残ってくださっていたことがとてもうれしいそして、待ってる間も色々おしゃべりができた先生の家から学校まで、1時間10分かかることや、電車通勤も考えたけれど、朝が弱いので断念したこと、去年の懇談では自分が話したいことが終わっても、むこうがずっと話したりすることがあって、懇談の時間は長引くことが多いことなどいろんな情報が得られたそういう小さな積み重ねが、私にはとびあがるほどうれしい明日も、今日のお礼を言って、何かちょっとでもおしゃべりしようと心に決めながら家まで帰った

ときめき日 

2005年11月17日(木) 18時53分
 今日はあの先生と、色々関わりを持つことが多かった…
 まず、朝年末調整の用紙にミス「市長」を「市町」にしていた…先生方に大笑いされたけど、あの先生も近くまで来て、わざわざ用紙をのぞきこんで笑っていた…恥ずかしいけれど、ちょっとうれしかった
 そして放課後図書室で宝捜しをしていた男の子たちが、通気孔に筆箱を落として、救出用のはりがねを借りに行った。その時もお話できたのはもちろん、お返しする時に、汚いし、元の形に戻せないで困っていた私に、田○先生が「いい、いい!」とおっしゃってくださり、あの先生も「いいですよ。」といってくださるやり取りの中で、先生と目を何度も合わせられたのがうれしかった
 そしてそして、帰る間際に、他の先生が交渉してくださり、なんと帰りに乗せて帰ってもらえることになった先生も車でまっていてくださったが、私は遠慮して断ってしまった……われながら惜しいことをしたと思う
 でも今日は幸せな1日だった帰り道はドキドキしっぱなしで、」やっぱり、わたしはあの先生が好きなんだなあ、と思った

もやもやした日 

2005年11月07日(月) 21時25分
 なんで今日はこんなにへこんだんだろう?子どもに「うるさくて読書ができない。」って日誌に書かれたから?私の席を、いつも通り他の先生が占領してたから?しあさってが試験だから?周りから結婚についてうるさく言われるから?そして一生結婚できないであろう自分にショックを受けるから?読書週間だから…??
 う〜ん、今日ばかりは内○先生の、「一年目なのに頑張ってるねえ。」というお褒めの言葉でも浮上できなかったなあ
 いかんいかん笑う角には福きたる子どもにうちのへこみなんて関係ないもんね明日はスマイルをわすれないようにしようっと

疲れた… 

2005年11月02日(水) 22時21分
 今日は、読書週間1日目リサイクル本の受け取りで心身ともに疲れた
 読書週間は、思いがけず朝直で校長先生から宣伝していただき、プレッシャーがかかるそんなにたいしたことをやるわけではないのに…ありがたいけどつらいああ、もっとバリバリやれる司書になりたい
 リサイクル本の受け取りに鳥○先生といったら、前任の中○先生が、夏に辞められた司書の後釜で働かれていることを知ったでも、そこで鳥○先生がとっても親しそうに中○先生とおしゃべりされている姿をみて、とってもジェラシーを感じたどうしてそんな気持ちになるのか自分でも分からないけど、なんだか嫌で惨めな気持ち…私が今司書をやっているより、中○先生が続けて働かれていた方が、鳥○先生やその他の先生にとってはうれしいんじゃないのかなって感じるからかなそれに中○先生が明るく話されてるのを見て、自分の暗さが嫌になるのかな…う〜ん、マイナス思考
 でも、ちょっとうれしいこともあった神○先生に、放課後、中○先生にお会いしたのをお話した時、神○先生が今の中学校に赴任してからの司書の話になった私をいれて4人目だそうだが、先生は話中に、こそっと「先生が今までの司書の中で、一番よく働いてくださってるよ。自分からそとにでて、読み聞かせをされにいったり、飾りつけをされたりしてね。」といってくださり、とてもうれしかった先生のご期待を裏切らないよう、頑張らなくっちゃ

休みだったけど… 

2005年10月31日(月) 19時56分
 今日は休みの日だったけれど、やり残した仕事があって15時くらいから学校に行った途中から顔を見せるのに、少し不安もあったけど、先生方にそれほど騒がれなくて一安心あの先生とも、声を交わせたのでよかったな
 本来は休みの日にきてるわけだから、今日は図書室を開けまいと思っていたのに、子どもが「○○先生、開けてください!」とやってきてちょっと感動まあ、目的は遊びのためだけど今までは放課後、図書室にほとんど人がこないから、「空けてる必要あるのかなあ」と思ったりしたことがあったけれど、ぽつぽつ子どもがきて、色々お話してくれるのを聞くのが楽しい明日からはもうひとつの学校で読書週間がんばるぞ

続けられるといいなぁ 

2005年10月29日(土) 22時37分
 何かと忘れっぽい自分のために、今日からブログをつけてみようと思うせっかく毎日、色々なうれしいことや悲しいこと、そして勉強になることがあるのに、忘れてしまうのはもったいない
 ちなみに今覚えておきたいことは
・体育祭で、前日メロンパ○ナちゃんの服の色を教えてあげた3年生の男の子から、「先生、昨日はありがとう。」と、言われたこと
・いつも憎まれ口をたたく男の子が「先生の(読み聞かせの時の)声きもかった〜。」といったのに対して、すげない態度をとった時、「先生ごめん、俺のこと嫌わんで。」と言われたこと
・読み聞かせを2年生にした時、帰りがけや図書室で「先生、今日の本面白かったよ。」「先生読み方上手じゃなあ。」「また読みにきて。」と言われたこと
・先生方から読み聞かせをほめられたこと
・10月の終わりに、あまり話したことのない生徒から、進路について相談をうけたこと
 今のとこ、こんなもんかな
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kiyonatu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる