憂鬱 

February 06 [Tue], 2007, 19:05
気分が滅入っている時は、必ず何かにつまずくことが多い。

せっかく決まった就職。でもこれも無になった。
オープニングだからといえ、先が見えないのは分かるが、
募集していた項目とひどく異なってくる業務が嫌だったため断った。

苦手な電話。いつ克服できるのか。


全く話は違うが、今日のニュースで鹿が大繁殖しているそうだ。
そのため、鹿を罠に仕掛けて専門の牧場に連れて行き、半年掛けて飼育をした後に殺して鹿肉として市場に売り出すという。

なんか、聞いていて嫌な気分になった。
所詮は畜生。
そんな考えなのだろう。
その反面、増え続けている人間は延命治療が進んでいる。
この、反比例した世界はこの先どうなるのだろうと思ってしまう。

心の中をさらけ出すことはなかなか出来ない。
でも、相手の心の中を探りたいと思うことがしばしばある。
それで、遠まわしに言ってみたり、駆け引きをしてみたり。
そんなことをしている自分に嫌悪感を感じることがある。


また話は変わるが、結婚と恋愛は違う。
昔の人はよく言ったものだ。

 

February 05 [Mon], 2007, 2:11
私は結婚している。

ただ、結婚したかっただけなのかもしれない。
どうしても、どうしても今の生活に慣れない。

苦しくて切なくて、でも別れる事ができない。

わがままなあたしの発言として聞いてほしい。
もしここで別れたとしても、あたしは一人では生きていくことができない。
どうしても誰かと一緒に生きて生きたい。
一人で生きていく自信なんかない。

都合のいい考えだが、あたしにはあたしを分かってくれる唯一の人がいる。
その人と人生をやり直したいと思っていたりもする。
でも、その人には結婚願望がない。

2年前の飛び降り自殺未遂で終わった体には、さまざまな後遺症が残っている。
そして6年前からの鬱。どうしても治らない。
自業自得とは言え、この現実を受け止められない自分もいたりする。

あたしを分かってくれる人。
その人は、あたしにいつもエールをくれる。
でもその人は、あたしの父親代わりでもあったりする。

あたしの心は今どこにあるのだろう?

結婚。結婚したかったのは幸せな家庭を作りたかった。
惨めで虐待の日々におびえていた切ない記憶を塗り返したかった。
だから、子としてではなく、親として幸せな家庭環境を作り上げたかった。

でも、現状は無理だ。
助けてほしい。
あたしを必要としてほしい。
生きるから。
死ぬなんて言わないから。
一生懸命に生を全うするから。

分かってください。信じてください。
だから、あたしを助けてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kiyomi77
読者になる
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新記事
最新コメント
アイコン画像タツ
» 憂鬱 (2007年02月17日)
Yapme!一覧
読者になる