札幌記念&北九州記念 

2017年08月19日(土) 17時57分
夏のGU札幌記念は、エアスピネルがルメール鞍上で話題を呼んでますが、外枠に入ったことと2000mに伸びてよいかも?なので抑えまで。
本命はハイペースの皐月賞を先行して6着に残った力があり、今回+20kg増の前走を叩いた2戦目・鞍上モレイラも強力なマウントロブソンです。
相手は実績上位のヤマカツエースとサウンズオブアース、抑えで叩き2戦目内枠で前に行けば怖いサクラアンプルール、枠がいまいちも力あるエアスピネル、洋芝巧者タモモベストプレイ、大穴で逃げてロードヴァンドール。

北九州記念は充実のキングハートから。相手は前走小倉1200で好時計で勝ったダイアナヘイローと1枠できれいに逃げれそうなアクティブミノル。抑えは休み明け20kg増を叩いて怖いトウカイセンス、鞍上デムーロ魅力のファインニードル、小倉巧者のオウノミチ、大穴でファインらと遜色ない走りをしているダイシンサンダーまで。

関屋記念&エルムS 

2017年08月13日(日) 8時22分
関屋記念はウインとマイネルが外に行ったので、2枠に入ったマルターズアポジーがすんなり行きそうな気配。叩き2戦目の上積みもありそうだし、人気はないけど気になるので◎に!
相手は3連勝ウインガニオンと昨年の覇者ヤングマンパワー本線で、穴でマイネルハニーと前走出負け度外視のクラリティスカイと昨年2着ダノンリバティまで。人気のメートルダールはデムーロも条件戦勝ってOPに来たばかりなので消します!

エルムSは惜敗続きのピオネロにルメールが乗るなら本命です。相手は人気のテイエムジンソクと昨年2着のクリノスターオーで、穴は札幌得意なモンドクラッセと実力上位で内枠にきたコスモカナディアンとロンドンタウンまで。

小倉記念&レパードS 

2017年08月06日(日) 14時58分
小倉記念は福島記念で本命にして鞍上の下手さで惨敗したタツゴウゲキが再び52kgで出走。しかも鞍上がデムーロならば買わないわけにはいかないので◎
相手はハイペースの福島記念で先行して潰されたヴォージュとフェルメッツァ、1600万勝ちしたばかりも叩き2戦目のサンマルティンとストロングタイタンまで。

レパードSは海外帰りで万全ではないにしてもエピカリスで仕方なし。
相手はダートで2戦2勝と底を見せていないタガノグルナ、1000万下勝ちのテンザワールドとスターストラック、3歳ダート路線では上位のハルクンノテソーロまで。

クイーンS&アイビスSD 

2017年07月30日(日) 9時00分
クイーンSはGT馬2頭出走という分厚いメンバーですが、小回り開幕週で内枠先行有利と見てアエロリットを上位と取りました。
◎アエロリット
○マキシマムドパリ
▲クインズミラーグロ
△ヤマカツグレース
△クロコスミア
△アドマイヤリード
Xトーセンビクトリー

アイビスSDは韋駄天組と中心で外枠が優位と踏みました。ネロは実力はNo1ですし戸崎ですから買いたいですが、6か月の休み明けと58kgで出足がどうかとみて抑えの抑えまで。
◎フィドゥーシア
○ラインミーティア
▲レッドラウダ
△レジーナフォルテ
△アクティブミノル
△シンボリディスコ
Xネロ

函館2歳S&中京記念 

2017年07月23日(日) 8時09分
今期初の2歳重賞函館2歳Sは牝馬限定新馬戦も好タイムで勝ち上がったダイワメジャー産駒アリア本命。相手は仕上がり早い○外デルマキセキとカシアス・リンガラポップス下したナンヨープランタン。連下でルメールのベイビーキャズと持ち時計1位のカシアスまで。

ハンデ重賞の中京記念は、重賞戦線でも上位に来ているマイネルアウラートとグランシルクにウインガニオンがどこまで迫るか。連下にヴィクトリアマイル大敗もGVならのアスカビレンと前走レコードのブラックムーンまで。

函館記念 

2017年07月16日(日) 8時25分
夏の風物詩ハンデ重賞の函館記念ですが、2歳王者サトノアレスが54kgで出走し1番人気になっています。
3歳といえどGT馬が54kgですから人気も当然ですが、前走巴賞は休み明けとはいえ辛勝でしたし3着がダートを転戦してきた馬が来るくらい低調なメンバーでしたので、ここは切っちゃいます。
函館小回り4つのコーナーですから前が有利ですが、今回ヤマカツライデン・ステイインシアトル・マイネルミラノと前に行っていい馬がそろいました。ヤマカツはそとから何が何でもハナにいくでしょうが、豊さんのステイインシアトルがこれに無理に競りかけて消耗するとは思えず、番手を進みペースが合わなければ突くという展開じゃないでしょうか。その後にマイネルが前をマークという展開が予想されます。
なので本命はマイネルミラノ、ステイインシアトルも3番手評価にしてみます。2番手は穴から叩き2戦目で上積み見込める8歳馬もGU2着歴あるスーパームーン、連下で昨年2着の52kgセイティープライドと後ろからがどうかだが休み明け走る55kgルミナスウォリアーまで。

七夕賞&プロキオンS 

2017年07月09日(日) 9時58分
福島記念は逃げ先行有利なのでマルターズアポジーが一番怖いですが、ここは2番手に。本命は福島2戦2勝で前走57kgでシルバーステートの3着に入ったタツゴウゲキです。
3番手は実力は一番のゼーヴィント、連下は先行魅力なヴォージュとマイネルフロスト。

プロキオンSはドバイ帰りも左1400ならカフジテイク。相手はキングスガードとブライトライン。連下は内枠先行勢かえあメイショウウタゲとアキトクレッセント。

ラジオNIKKEI賞&CBC賞 

2017年07月02日(日) 9時55分
ローカル開催開幕!
ラジオNIKKEI賞は京都新聞杯覇者サトノクロニクルがトップハンデ57kgですが、来たら仕方なしで消します。
本命は2走前の500万でオークス2着モズカッチャンとタイム差なしの走りをし、前走も先行して早い脚を使って勝ったビービーガウディです。カジノドライヴ産駒ですから馬場が荒れてもいけるのも強みでしょう。
相手本線は逃げるウインガナドル、3番手は叩き2戦目で福島1800m勝ちあるロードリベラル、押さえに差し脚質どうかだが実績最上位ライジングリーズンと外枠が嫌だが1000万を勝ち抜けているクリアザトラックまで。

CBC賞は2歳時ホープフルS勝ちありクラシックも望まれたが怪我で2年休んで復活してきたシャイニングレイを応援します。
相手は左巧者のトウショウドラフタとトーセンデューク、押さえで実績最上位のメグラーナと3歳も前に入ってしぶといファルコンS3着メイソンジュニアまで。

宝塚記念 

2017年06月25日(日) 8時36分
春のグランプリ・宝塚記念は春GT3連勝に挑むキタサンブラックが1番人気ですが、自分でレースを作れる馬ですし、昨年の同レースでも重い馬場を1000m59秒台で行って僅差3着に粘ったほどですから不動でしょう。
道悪でサトノクラウンを挙げる人もいますが、京都の馬場があっていて阪神内回りは?ですし、春天2着シュヴァルグランも逆転をなどと言われてますが、距離短縮はマイナスでしかないので、この人気サイドの2頭は消します。
相手本線はゴールドアクターです。有馬記念でサトノダイヤモンドやキタサンブラックと真っ向勝負したことを考えると、叩き3走目の今回は是非番手で進めて欲しいです。
次はミッキーロケットです。神戸新聞杯でサトノダイヤモンドと互角に戦い、日経新春杯では斤量差のあるシャケトラを下してますから上位でしょう。
穴というか抑えは距離短縮が妙味なシャケトラと阪神オール連対のミッキークイーンまで。

ユニコーンS&函館SS 

2017年06月17日(土) 18時18分
3歳ダート重賞のユニコーンSはリエノテソーロが出走しますが、ここは逆らえないでしょう。
相手筆頭は2連勝で500万を勝ってきたばかりですが、休み明け+28kgの成長を見せて叩いてきたアンティノウス、三番手にダート2戦2勝と底を見せていないサンライズソアを押します。穴でダートOPでも堅実なサンライズノヴァ、左良績あり差し魅力なハルクンノテソーロ、ダートのみで2戦2勝で叩き2戦目のサヴィまで。

函館SSは56kgならセイウンコウセイとシュウジは外せないか。三番手に軽量ジューヌエコール、穴で洋芝得意なクリスマス、洋芝で良績あり逃げてどうかのイッテツ、9歳も休み明け2走目で面白いエポワスまで。


ユニコーンSはテイエムが行こうとするところをシゲルコングが内から押して縦長に。リエノは3〜4番手につけたのが仇になり直線伸びず。勝ったのは中団からサンライズノヴァ・2着に向こう正面中団後方も差し脚鋭く伸びたハルクンノテソーロ・3着こちらも中団から伸びたサンライズソアでした。
函館もシュジが逃げてセイウンが2番手追走も、こちらもレコードが出るくらいのペースが仇となり、セイウンはその後ろに交わされ4着まで。勝ったのは直後にいた50kgジューヌエコール、2着・3着・5着は内枠先行有利のコース適正通りキングハートと9歳馬エポワスとイッテツでした。
これで今年の戦績は39戦10勝でマイナス31820円です。
P R
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
ヒポクラテスの杖
HN:精神科医師
職業:精神科医師
趣味:競馬・競馬ゲーム
リアル競馬
競馬歴:
1988年〜
サクラチヨノオーのダービーから
好きな馬:
ホワイトストーン
サイレンススズカ
−−−−−−−−−−−−−−
一口馬主歴:
1994年〜1998年(ダイナース)
主な持ち馬:
ローゼンカバリー(GU4勝)
キュリオスレディ(3戦3勝で故障)
競馬伝説歴
★競馬伝説:
  第5〜29S(終了まで)
  主な勝鞍…菊花賞・天皇賞ほか
★競馬伝説Live!(ロンシャン):
  第1〜19Sまで
  主な勝鞍…東スポ杯2歳S
★競馬伝説Live!(ニューマーケット):
  第1S〜第49Sまで
  主な勝鞍…JDダービー・宝塚記念ほか
−−−−−−−−−−−−−−
馬主名:ファントム
所属:ニューマーケット
馬主会:未所属
馬主レベル:Lv.18
獲得受賞:
 JDダービー・GT(2S)
 宝塚記念・GT(19S)
 ヴェルメイユ賞・GT(19S)
 日本ダービー・GT(21S)
 仏オークス・GT(23S)
 フローラS・GU(2S・23S)
 TCK女王盃・GV(4S)
 中京記念・GV(4S・20s)
 クイーン賞・GV(13S)
 中山金杯・GV(14S)
 名古屋大賞典・GV(14S)
功労馬:
 ブラッディマリー(1S生産・JDダービー他)
 ブラッディクロス(2S生産・TCK女王盃)
 バラライカ(2S生産・中京記念)
 ブラッディレッグ(12S生産・クイーン賞他)
 デビルトムボーイ(12S生産・中山金杯)
 ブラッディデライト(17S生産・宝塚記念他)
 デビルズソウル(18S生産・中京記念)
 ジョイフルサウンド(20s生産・日本ダービー)
 ブラッディヴォーグ(23s生産・仏オークス他)
http://yaplog.jp/kiyokata1101/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる