シルクドソレイユ ダイハツ オーヴォ

February 17 [Mon], 2014, 23:51
日曜日のことになるが、今お台場で公演中のダイハツオーヴォを見に行ってきた。
その前にあったディズニーランド近くのシルクドソレイユ公演も見に行っていたのだが、
今回の公演はそれを大きく上回っているのではないか?と思えるほどすごい公演でした。

なによりも技のレベルが高すぎて思わずスゲースゲー言いまくってましたw

人間って鍛えるとあそこまでできるのか…いや無理だろみたいなw
鳥肌が立つレベルの綱渡り?が一番印象的でしたが本当にすごかった。
一人当たりのチケット費用がかなり高いがSS席でぜひ見てほしい。


ここ最近の傾向…骨折が多いのか?

February 16 [Sun], 2014, 1:48
久しぶりに日記を更新しに来てびっくりしたこと…
アクセス数がここ最近多いこと…

まぁ更新していなくてかつアクセスが増えているということは…
しかもこの時期…
みなさん足を骨折しましたか?
あれは痛いですよね…
仕事どうしようかとても不安になったのを今でも覚えています。

骨折といえば高校生の頃に鎖骨骨折と
大学生のころに腕の骨…尺骨を骨折したことがあります。
社会人になってから脛骨の骨折と…
骨弱いのか?と言われるほどおりましたが…
先日骨密度を測ったら一般男性の1.2倍くらいの密度でしたw

まぁ無駄にアクティブだってことでしょうね…

鎖骨骨折はバイクでカーブを曲がり切れずに壁とすりリンゴした際に電柱に戦いを挑んだ結果で
尺骨骨折はバイクでカーブを曲がっているときに転がっていたごみに足元とられてガードレールに戦いを挑んだ結果ですw
脛骨骨折は前回日記に書いた通り野球をしていての結果でした。


さてさて…
鎖骨骨折から書いておきましょうか…

鎖骨の骨折は気づいたら病院でした…
なお、骨折状況はほぼ粉砕骨折で左側の鎖骨の中央部が粉々で外側と内側が前後に傾いており、全治6か月と診断されました。なお、鎖骨の場合はボルト固定ができないため、コルセットの装着となりました。
しかし高校生…そう若かった私は謎の回復力により3か月で安定的な骨を形成し、4か月で全治しました…あの時は若かったw
コルセットを装着し、左腕を釣るわけにもいかずそのままの状態で過ごすのも結構しんどかったと思います。
大学の推薦の試験の1か月前に事故ったため、面接をコルセットつけたままでしたのはいい思い出w
コルセットのおかげで姿勢はすこぶる良かったw

尺骨骨折のときは同じく冬でした。
深夜のバイト帰りにカーブを曲がっているときにごみに乗り上げバランスを崩しそのままガードレールに突っ込む…
腕と足を打ち付け転がり痛みに耐えること数分…
やっと起き上がって腕を見ると二の腕の中央部から血が出ている…
すぐに引っ込んだみたいですが解放骨折だったみたいですね…骨見えなくてよかったw
尺骨は折れた場合はよくあるギプスをつけて腕を釣ることで治すのですが、
すぐにでも腕を動かしたいので入院を選択しました。
腕の骨折の場合、尺骨の場合はボルト固定できれば手術後すぐに動かせるそうです。
このお話にすぐに食いついたのですが…後悔は先には立ちません。

上半身の骨折の場合は全身麻酔になります。
この場合、手術後は徐々に意識が回復するけど体は動きません。
私の場合は、左ひじから約30センチの棒状の金属を入れ、
肘の骨にボルト固定する方法で手術をしました。
骨の中を通してボルトを固定するため、
手術後ボルトが骨の代わりになるというか骨と一体となるというか…
手術後に意識が回復した後の激痛は脛骨をもしのぐものでした…
なんて言ったって肘をぱっくり切られてそこに穴開けて棒突っ込んでボルト固定したんですからね
そりゃいてーよ…骨折箇所も痛いし、寝っ転がっているうえに乗っかるギプスの腕が胸を圧迫し…
そりゃもう地獄でした…そして手が使えないから何もできない。
朝までひたすら耐えて…その後朝ご飯を食べてロキソニンを飲んだ時…
ロキソニンは神の薬かと思いましたw
なお、手術の当日からリハビリ開始には驚きました。
肘は動かせないですが、骨には関係ない筋肉は動かしていいので握力鍛えたりとか…
ちなみに左の握力は今は50キロですが当初は7キロまで落ちましたw
また、ギプスをつけて半月くらいあったので1キロの重りを水平に持つのすら大変でした。
手術するならすぐのほうがいいんだねきっと…
全体を通すと大体1週間前後の入院だったと思います。
とにかくボルト入れたらすぐに動かせるのには感動しました。
ちなみに大学病院に入院したのですが、看護婦さんは若くてかわいい人が多くてそりゃよかったなぁとか思うじゃないですか?
そりゃそうですけどあれは実験台にされている気分ですね…
注射…点滴…つらかったなぁ…
あと尿道カテーテルが下手だったようで手術後すごいつらかった…
他の病院に入院した時に知ったのですがね…


さてさて…
入院した話は以上ですが…
ウィンタースポーツには怪我が多いそうです。
なにより自分の実力を過信したものだけではないのです…
みなさんちゃんと装備は整えていますか?
ヘルメットは?パットは?

見た目や動きやすいとかを重視しておろそかにしていませんか?
ウィンタースポーツの場合出そうと思えばバイクで走行している程度のスピードは出ます。
私はバイクに乗るときは骨折の経験からプロテクター付のジャケットを装備しています。
肘、背中、腕、肩、ひざ、腰、足首…
これで何度か助けられました(まぁそもそも無茶な走りしなければいいのですがw)
確かに見た目はごついです…でも入院するよりましですよ…

ちなみに入院費ですが…一回当たり約30万円前後します。
入院日数にもよりますが…脛骨骨折の時は45万円程度しました。
抜釘時にも20万円超えてたと思いますし、リハビリもただではありません。
脛骨骨折時は総計で約80万円は飛んだと思います。

貯金吹き飛びましたよ…保険の加入しとけばよかったと本当に後悔しました。

ウィンタースポーツも同じです。
怪我してからじゃ遅いのです。
特にキッカーやジブ等のパークに入る方はなおさらです。
ジブ等は特に金属と接するのですから、下手なことすれば一発で折れます…
ちなみに今年ゲレンデで2名ほど知らない人ですが救急のお世話になっている人がいて、
うち一件は頭から血を流してかつ骨折してましたので救護を呼びに行きました。
やっぱりノーガードでした…

楽しいゲレンデで怪我なんて誰もしたくないと思います。
一緒に来ている人にも迷惑をかけます。
ですので少なからず装備をしましょう。
よく言いますよね?
「武器や防具は装備するものだぜ!メニューを開いて装備をしろよ」
あれ違った?

ちなみに海外ではヘルメットは比較的主流になってきており、
ゲレンデでは6割近くが装着しているそうな…そういった点では日本はまだまだですね。

まずはヘルメットと尻とひざ…
ジブ等をやるなら上半身のパットもね…
怪我はゼロにはならないけどましにはなるはずだから…

骨折は本当に痛いよ…痛くて当分寝れないよ!

皆さんケガには気をつけましょう・

気づけば29になりました。

February 16 [Sun], 2014, 1:21
久しぶりに日記を書いてみる。

気づけば29になりました。
1月27日で最後の20代に突入したわけですね。

この10年いろいろなことがありました。
いろいろな人に出会い、いろいろな人とお別れしました。

いまだに高校時代からの友人であるノジとは遊びに行ったりする仲だったり、
かつのぶやヨウスケとも付き合いが続いていることに感謝です。

さて、ここ最近なんだかんだでスノーボードに何度もいっていますが、
2月の頭に行ったスノボでは新潟ですら雪が重くてほとんどない状態でした…
それがここ最近の雪は本当にすごいねw
ゲレンデが復活しているw

なお、2月初旬にゲレンデに行った様子…



ここ最近友達の友達は友達になる現象が発生し…
サークル的なものができつつあります。
ゆくゆくは登山とかサバゲーとか…
ちょっととっつきづらいけどできるものをやっていけたらなぁとか言ってたら…
部長になりましたw

これからサバゲーを始めたり、
登山とかしてみたいとか思っているアラサーの人…
興味あったら参加して下さいw

なお神奈川、埼玉、東京のメンバーですw
千葉も可w

まぁそんなんで…
人生を謳歌しています。
動けるうちにいろいろやらなぁな♪

得意料理

February 11 [Sat], 2012, 5:07
結婚して早いところで2年がたちました。
これといってなにかが変わったことがあったわけでもなく、
平穏無事に過ごせていることに感謝します。

さて、結婚してから向こうが仕事が遅いことが多いので、
基本我が家の夕食は私が作ります。
もともと作るのは嫌いじゃないのでいいのですが、
なんか思い描いていたのとは違うなぁとか苦笑いしながら作ることがありますw

一度でいいから愛妻弁当ってのを持っていきたいわ。
世の奥様方は一度でいいから作ってあげてください。
ちなみに我が家はたまに私が愛夫弁当を作りますw
適当に入れるから彩とか気にしませんw

さてさて
二年も料理をしていると得意料理の一つや二つはできます。
最近ハマっているのは本場の麻婆豆腐
ちゃんとトウコやホアジョーなどを入れた辛めのやつ
麻婆豆腐は飲み物ですと言っている芸能人も昔いましたが、
これは飲み物というには辛いです

あとはショウガのタジン鍋
これは結構簡単で、
白菜1/4を乱切り、長ねぎを斜めに1本丸ごと、ショウガを1つ千切り、豚肉200g程度、もやし1/2袋
これらを白菜、もやし、豚肉、長ねぎ、もやしの順に鍋にもり、水を50cc入れて火をつけるだけ
だいたい10分程度でできます
あとはポン酢に大根おろしをたくさん入れていただくだけ
風邪の時なんかはいいですね

最後にカレー各種
ルーは使わずスパイスから作ります
うちにはこうしてたくさんそろえられたスパイスがたくさんあります。

きっと子供できたら辛いの食べれないだろうしね
今のうちですね

仕事が終わってすぐに
今夜の夕飯何作るかなってのが習慣になっている今日この頃
レトルトとかは結婚してからあまり食べなくなりました。
料理は気持ちだとよく言いますがつくづくそうだなって思います。
喜んでほしいと思って作る料理は夫婦円満の秘訣かもしれないですね。

骨折→入院→全治6か月→松葉づえで仕事→リハビリ中(現在) 3

February 11 [Sat], 2012, 3:22
2011年12月3日から17日
入院中に来てくれたみんな本当にありがとう
ものすごい暇だった

部長と課長も別々で時間作ってお見舞いに来てくださって
ほんとに申し訳ない気持ちになった

入院中は起きてぼーっとして
リハビリ1時間して
ぼーっとしての繰り返し
勉強しようにも痛みでできやしない
ゲームしようにも痛みでできやしない
テレビはつまらないし有料
本当にしんどかった

唯一の楽しみになりえる食事も
この病院は悲しかった
以下に食事の例をUPする







俺は足以外は健康だぞ?

ちなみに課長がこの食事を見て一言
「想像している刑務所の食事よりひどい」
心に響いたw


12月17日
退院
本当は22日までいるように言われたけど
もう食事に耐えられなかったw
自宅安静ということで許可を得る
家はいいね

お風呂には毎日入れるし
なによりも熟睡できる
そして食事がうまいw

退院後妻は仕事のため、
食事は早速松葉杖の状態でも作ってみた
かなり疲れるけどやれないことはなかった


12月20日
職場復帰
足の装具ができるのが12月22日だったけど
もう休みがなかったんだ

松葉づえで足上げて電車は本当にしんどい
思いのほかせきをゆずってくれないことを知る
足治ったらその辺気にしよう

あと若い男性(20代くらい)は気づくとすぐに席を譲ってくれる人が多い
次がやっぱり中年の男性
ちなみに現在に至るまで一回も女性から席を譲られたことはない
結構意外だった

譲るのが当たり前とかなどとは思わない
譲ってくれるのは本当にありがたい助かるし申し訳ない

そして気持ちにほっこりする
ありがとうございます


12月22日
装具が完成

下腿装具とういもので
今回の骨折の場合、
骨折箇所に体重をかけると再度骨折してしまうため、
体重をかけないようにひざの皿の下の腱とひざ周りで体重を支えるという代物
健康保険は後払いで価格なんと9万円
完全オーダーメイド

さて慣れるまではこれで本当に歩けるのか不安になるほど痛い
長時間なんて付けてられやしない
写真ははだしだけど本当はストッキングみたいなのつけて
靴下はいてつけると
結構面倒です

このころから1月半ばまでくらいは
とにかく足を下にしているとむくんでパンパンになって大変でした。
仕事から帰ると足が1.5倍までパンパンになり
帰宅してとにかく足を上げていなきゃならないのはしんどかった

年末年始は家でゆっくり過ごす
動けないしね


さてリハビリはというと
実際は骨折個所をいじれないので
足の指先から固まった筋肉をほぐすというもの
しかしむくみがひどくくて触るだけでもピリピリする
とにかく何もできないのだ
マッサージを受けるのみ
早く健康になりたいと強く思う


2012年1月14日
装具を使用して1/2荷重が認められる
1/2って結構楽になるかと思いきや
そんなに変化はない
松葉づえは相変わらず2本だからだ

足がむくまなくなってきた
帰ってもそんなにパンパンではない
だんだん無意識でも筋肉が動いているようだ


2012年1月28日
装具を使用して前荷重が認められる
前荷重…つまりだ
松葉づえがなくてもいいということだ
一気に進んだ
でも街中は松葉づえ1本は使うこと
一本でも楽なんだ
左手があくことによって
定期が歩きながら取り出せる
扉を開くのに立ち止まらなくてよい
ものを持ち運べる(特に水もの)
料理や食器洗いが簡単

とにかく一気に回復した感じ
いいね


2012年2月11日
現在に至るわけだ

今後の予定は
今月末に装具が外れる予定だが、
本格的なリハビリが始まるのだ
痛いよー すでに痛いが

自業自得とはいえ
やはり今回のは長いなと実感する
全治6カ月というが早く治ってほしいものです

さて最後に
けがをした左足と
ずっと片足立ちやらけんけんやらで鍛えられた足
かなりの差が出てきました
それが下の写真です



3センチ以上の差が開いています。
さてさて…リハビリ後どこまで戻せるのか…
頑張ります。

皆さんもけがには気をつけて

骨折→入院→全治6か月→松葉づえで仕事→リハビリ中(現在) 2

February 11 [Sat], 2012, 2:46
2011年11月28日
前日は救急外来のため再度診察
会社は当分休むことを告げ、病院に行った
骨折初日の夜はそれはもう痛かった
どの状態でも痛い足の骨
腕や肩のときと比べ物にならんとか思いながら過ごした

何度もあの時行かなきゃよかったと後悔しては
どうしようもないとあきらめるばかり…
ちなみに3日は痛みで寝れなかった

やはり診察では入院が告げられ
11月30日からの入院となった
手術は12月2日の予定となった

入院の準備
なれない両松葉
手術の不安はまったくないが
あの術後の痛みをまた耐えるのかと思うと気が遠くなりそうだった


2011年11月30日
入院開始
とにかく隣のおじさんが印象的だった
病院のルールお構いなしだった
食事は食べない(好き嫌い)
食欲がないと言ってたのにコンビニでお菓子と弁当を買ってきて食べる
テレビはイヤホンをつけない
いびきが神がかっていた

昔の入院の時の教訓で持ってきた耳栓が大活躍したのは言うまでもない


2011年12月2日
手術日
今回の手術は骨折部を切開してそこにプレートとボルト固定をするものだ
結果としては上部に6本、下部に5本のビスとプレートを埋め込んだ
手術の前日夜9時からは食事抜き
ここから翌日の8時まで食事や水分はとれない

このときの思いは二つ
起きた時の痛みは覚悟しとく必要があること
起きた時の尿カテの存在に覚悟すること

さて手術開始
10:00手術室へ
今回は下腿麻酔のため腰に注射
これがね、刺すとこ探してトントンするの
で…いったん止めて「くるのか」と思うと
またトントン…
一番怖かったw

一発目のチクッとした痛み以外は何か冷たいのが入ってくる感じだけだった
麻酔の先生がこれは12時間は痛みがない状態にできる薬とおっしゃっていたが…
実際は私は6時間で切れるという(無駄な)回復力の高さを見せつけた
下腿麻酔がすんだらあとは仰向けで天井見ながら
頭の中を流れるドナドナを反芻し
そしてマスクを付けた後スーッと意識がなくなった

11:30
「…さーん! …〇さーん  〇〇さん終わりましたよー」
夢見心地のまま看護婦さんに起こされた
あー看護婦さんがせめて同年代ならなぁとか思いながら
(今回入院した病院の看護師さんは歴戦のベテランしかいなかった…足治ったら親孝行しようと思った)
病室に戻る

酸素マスクを着けて点滴開始
うとうとしながら夢を見ていた
なんか幸せな夢だった

あー束の間の幸せを楽しもう
本当にそう思った

15:00
足のしびれがとれてきて目が完全にさめる
今のうちに手の届く範囲で気を紛らわすものをまとめる

15:30
痛みが一気に押し寄せてくる
一回目の点滴鎮痛剤投与
一番強い鎮痛剤をもらう
麻薬みたいなものと言って出されたそれは
痛みが引く代物ではなく
お酒に酔ったみたいなフワフワした感じになるものだった

16:00
鎮痛剤全然きかない
昔の手術時のことを思い出した
まったく同じ薬だ
この後のものも同じだろうなとか思いながら
次の投与できる時間を待つ
一回鎮痛剤を打つと6時間は打てないのだ
ここからは身動きもできないし痛いしで
ものすごく時間が長く感じる


19:00
妻が面会に来る
気がまぎれて多少痛みを我慢できる
しかし面会時間は19:00までなのだ
来てすぐに帰って行った
来てくれてありがとう


21:30
ついにこの時が来たのだ
長かった
本当に長かった
二回目の点滴
今度は乳白色のやつ
やっぱり昔と同じ薬
つまりきかない
ほぼ入れている意味があるのか?
ってくらい変化がない
もう座薬しかないんだろうな
などと考えながら次の投与を待つ


3:30
看護士さん
おねがいです
座薬鎮痛剤ください

願いはすぐに却下された
「いま鎮痛剤入れると朝の飲み薬の鎮痛剤が飲めないので我慢してください」

話が違うぜ(/_;)
本当に泣きそうになった

しょうがないから朝まで我慢することにした


6:00
尿道カテーテルを抜く時が来た
最後の栄養点滴を終え
役割を終えたカテーテルを引っこ抜く

あー痛い場所が増えた

この後尿道から少しずつ血が出る


8:00
最後の抗生剤点滴
これが終われば食事して薬が飲める
そう
ロキソニン様がやってくるんだ

ロキソニン様はやっぱり最強だ
飲んでから1時間後
痛みが1/10ほどになる
この後やっと寝つけた

骨折→入院→全治6か月→松葉づえで仕事→リハビリ中(現在) 1

February 11 [Sat], 2012, 2:37
2011年11月27日
草野球の試合中にクロスプレー
普段は右足からスライディングをするのによけるために左足でスライディング
無理な体勢のままトップスピードでスライディング
スパイクの金具がホームベースに引っかかる
嫌な音がして…足を抱える

チームの人たちはみんなねんざだと思い込み適当にベンチに運ばれ靴下を引っぺがされる…
しぬほど痛かったあの日は…
後悔しかなかったんだw

一時間ほど試合が終わるのを待ち、
家まで車で運んでもらってから、
家の外部階段をけんけんで上り、
三階の家にたどり着く頃には嫌な汗をかき気絶しそうなくらい痛い

着替えを無理やりして
下まで降りてタクシー捕まえようと思っていたが…
もう限界だった

救急車にのるのはかれこれ何回目だろうとか思いながら救急車を呼び病院へ

下腿脛骨の螺旋骨折でくるぶしから10センチくらい上の部分から×を書くように折れていました
先生にはその状態ですぐに救急車呼ばなかったことに感心され…
うれしくもなんともない中
入院が言い渡された

頭をよぎることは

仕事どうしよう…

バイクいじり

November 21 [Mon], 2011, 1:23

今日は愛車の手入れと壊れた箇所の交換というか…新しくパーツをつくりました。

愛車ことGPX250R-U(旧ニンジャ250)
行なったことは…
ハンドル周りの注油と調整。
スクリーンがわれていたので自分で作って取り付け。
カウルを取り外して内部の誇りの除去。

以上三点…
サックリ書いたけど結構めんどくさい作業でしたw

さて、先日こけたときに中央を横断するように割ってしまったスクリーン…

純正は大きさが小さいため、どうせならと最近探していたところちょうどいいのを発見しました。
(つか純正って実は1万ちょっとするのね…もったいない)
ZZR400のカウルでちょうど色がスモークのモノをオークションで発見したので落としたのでした。
といってもポンづけできる訳もないので暇を見つけて工具を購入。

今回買ったもの
・スクリーン(ZZR400)
・糸ノコギリ(手で切るタイプ)
・ヤスリ

ということで、
早速作業に取り掛かる…
購入したスクリーンに古いスクリーンを重ね合わせてカットする線をペンで記入。
続いてバイクに当ててみてだいたいいい感じか確認…
そして線に沿ってカット(これが一番しんどかったw)
約30分くらいかけて切り終える…
カット面をヤスリがけして滑らかにする…

本体につけるべく悪戦苦闘…
そして気づくわけです。
これはカウルを取り外さないと付けることができないんだと…
めんどくさがらずにカウルを外していくとホコリだらけだったのでついでに全部カウルをばらすw
とりあえずスクリーンをフロントカウルに押し当ててだいたいのネジの位置をペンでマークしてからドリルで穴を開ける。
力をいれすぎると割れそうなので注意。


全てを終えてからカウルを取り付ける頃には約2時間が経過していたw

取り付け後であるが、思いの外いい感じ。
ハンドルには干渉しないし、スクリーンは少し大きくなったし。
(だいたい高さが5センチくらいとワイドが左右に7センチづつくらい?)
これは高速が楽しみだなぁとかニヤニヤしながら終了。

日記開始

November 19 [Sat], 2011, 21:04
結婚して早いところでもうすぐ2年がたつ。
気づけば夕飯作るのと食器洗うのは完全に自分の仕事になった。
一人で暮らしていた時なんかは、面倒でよく飯抜きとかしていたなとか思うこともある。
献立って本当に考えるの大変なんだね。
おかげで料理はもともと得意な方ではあったけどバリエーションも含めかなり上達したと思う。

得意料理は本格的な麻婆豆腐…ちゃんとトウチとかホアジョーとか入れて作るやつね。
陳麻婆豆腐っていうお店が立川にあるんだけどそれの味を真似ようと思って挑戦しているうちに得意になった。
大学からの親友のかつのぶとはいまだに仲良く同じ会社。
この前さしで久しぶりにバーに行って飲んだのは本当に楽しかった。
あの頃は…なんて話をして本当に懐かしむなんて…心からおっさんになったと実感したw
もうすぐ27になるんやね。

そんななか、パソコンの写真を整理していたらいろいろ懐かしいものが出てきた。
なんていうか…失恋して勢いでした坊主頭の写真と断髪式の写真…
懐かしいというか若いw
坊主にした翌日、いろんな人に普通に髪切った時の反応をされ、かつのぶはその図をみて爆笑…
そんなことあったなぁなんて思うw

さてそんなかつのぶと肩を並べるくらいの親友陽介も結構写真があって、本当に助けられてきたなと実感。
最後の仙台に乗り込んだ写真が二人して疲れてるw



さて今日から日記を書こうと思い書き始めてみた。
数年後に見て何があったかわかるのはいいからね。

ちゃんと更新できるといいけど…頑張ろう。

平日

May 11 [Thu], 2006, 4:14
今のバイトを初めてから最初の平日(笑)いやぁ…ひたすら暇でしたね(苦笑)
そもそもお客はすでに3分の1くらいだし…そんなんだからエラーとかもほとんど起きないし…人数はそれなりにいたのですることは掃除くらい…いやぁなんか楽だったような楽じゃなかったようなみたいな(苦笑)
それから…通算三日連続となる相方来る(笑)
彼らはいいました…むしろ言ったのは相方の連れだけど…私の制服姿を見て言いましたよ…
『にあってるねー…制服可愛いじゃん…いいなぁ…高校生みたいに見えるよ(笑)というかスカートはかせてみたい』
…ちょっとまて!?
後半からほめ言葉ではない方向へシフトですか?というかどういう意味だ?
しかもそれだけ言ってさくっと帰りおったよ…なんだったんだ?

今日は今まで忙しくてできなかった範囲の仕事まで教えてもらいました…ちなみにほとんどのエラー等対処できるようになっていたのでバイト内ではそれなりに入ったばかりの対応では無くなってきています(苦笑)がんばらねば…
暇になって話がたくさんできるようになってきたバイトの方々…いやぁ何げに打ち解けてきた…やっぱり入り立ては打ち解けるのがしんどいですね(苦笑)

さて…ある逸話をある人にお話をしてあげたいと考えて早3日…まだまだ話すには時間がかかりそう…
早く元気になって欲しいなぁ…何より人が苦しんでいるのはやっぱり嫌ですねー(苦笑)
P R