幼児教育のメリットとは

November 26 [Wed], 2014, 19:59
幼児教育のメリットってなんでしょうか。 ちょっと調べてみました。

3歳頃までに脳に与えられる刺激が脳の発達に大きく影響すると言われています。さらに2歳よりも1歳、1歳より0歳、0歳より胎児というように教育を始める時期が早ければ早い程、天才児になる確率は高くなっていくようです。

人間の脳には右脳と左脳があり、左脳は論理的な思考を扱う脳で、右脳は直感的な思考をする脳だと言われています。

0歳から3歳までは右脳が優位に働き、3歳以降は左脳が優位になるので、右脳が発達する早い時期に適切な右脳教育が必要です。
つまり3歳までは五感を通じた感覚・感性を鍛えることが重要なのです。 
具体的にはいろいろな体験をさせることです。 きれいな絵画や風景を見せるとか、いろいろなものを触らせる、良い音楽を聞かせるなどをすると良いでしょう。 

右脳を発達させられれば脳全体のパフォーマンスが上がり、大人になってからも圧倒的に有利です。 それが幼児教育のメリットでしょうね。

↓ ↓ ↓
くぼたのうけん
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きわこ
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kiwako6608/index1_0.rdf