ロト6Winner+ミニロトWinnerの効果と(株)ウィンズ ロト6詐欺師の弱点は磁石の話

March 11 [Mon], 2013, 2:12
こんにちは^^


今日もロト6Winner+ミニロトWinnerレビュー特集中です(^^)
ロト6Winner+ミニロトWinnerは全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが…
↓↓

ロト6Winner+ミニロトWinner検証レビューはこちら
この教材は本物です!


株式会社インフォブレイクさんが世に放つ情報教材ロト6Winner+ミニロトWinnerを
オリジナル特典付きでお届けしています。


※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)


詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

ロト6Winner+ミニロトWinner検証レビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


今日の朝ごはんはモチモチのご飯と、玉子焼きと豆腐とえのきのお味噌汁

朝食の三冠王ですよね。



今朝は8分で完食、8時20分にアパートを飛び出しました



普段と違うサークルKに立ち寄り、ウコンの力をかいました。



普段通りのルーチンですから(^^)。



勤務先に着いたら、ルーチンワークであるgooニュースを見てみると

今日の話題は・・・

↓↓

フェラーリのテストドライバーを務めるペドロ・デ・ラ・ロサは、2013年のF1が接戦になると予想している。

開幕前のテストでは、レッドブル、マクラーレン、ロータス、メルセデスAMG、そしてフェラーリがほぼ互角だった。そのため、今季F1は接戦になるとの見方が強まっている。

デ・ラ・ロサは、『Speed Week(スピード・ウィーク)』に「チャンピオンは最終戦で決まることになる」と話した。

「チーム間の実力差はほとんどないに等しい。だからほんの小さな工夫が違いを生むんだ」

「最後に勝つのは、最も優れたマシンで、一番ミスを犯さなかった者だ」

フェラーリのチーフ・デザイナーであるニコラス・トンバジスも「小さな工夫が違いを生む」と言うデ・ラ・ロサの見立てに同意している。

「ルール違反となったパーツがすぐに出てきた、しかし現行のルールでは今後、2009年のダブルディフューザー(※)のようなパーツは出てこないだろう」とトンバジスは『Autosprint(オートスプリント)』に語っている。

ルール違反になったパーツとは、ウィリアムズとケーターハムの排気システムのことで、ルノーのエンジン設定の件も含まれているかもしれない。

※2009年にブラウンGP(現メルセデスAMG)、トヨタ、ウィリアムズの3チームがリア周りの規定のあいまいさをついて開発した2層式の空力装置で、シーズン途中で合法とされたが、2011年から全面禁止となった。
(この記事はTopNewsから引用させて頂きました)



なるほどね〜

ホント、どーでもいいわ。



そんな事より、えっと、予約表を見てみると

上手く捗ればメルマガアフィリエイトに18時間と、モバオクで仕入れに4時間。



慣れているので予定通り進むでしょう。



本日も稼ぎます(^^)



そうそう、たまたま見つけた動画でこんなの

↓↓





あらら(~_~;)全然関わって無い?

確かに・・・^^;



さーて
ディナーは何しよ?

焼肉
かお寿司がなんとしても食べたい!



これも良いか?

↓↓





多分NEXT記事はどうしても明日になります^^;

また来てくださいね!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kitupugu0093
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる