お父さんたち!関わって☆

2004年10月17日(日) 23時37分
本日、学童の記事にトラックバックしてくださった
McDMasterさんの記事から…

****************************************************************
私のところでは、学童の「父母会」が月に1度のペースで週末などに開かれますが、そこに出席されるのはいつも母親の方ばかりです。父親はといえば、役員を除いてはほとんど出席しません。その他、学童で行う各種行事、例えば夏期キャンプやスポーツ交流会などにおいて、常に大人の男手=父親の不足が問題になります。
先にも述べたように、社会や組織において相応の地位を持っているはずの父親諸氏が学童活動に積極的に参加しないのは、実に残念でなりません。そうしたあたりが、「父親感覚」での現状把握と意思疎通の難しさを招いているのではないでしょうか。
****************************************************************

この部分を読んで、激しく(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウンとうなずいてしまいました。

はっきりいって、母親同士だともめます。
間違いなく、変なことでもめます…(;_:)

すごく悲しいし、困っちゃうんだけれど、意見や考え方のすれ違いによって関係がギクシャクしちゃって、まるで中学時代の女の子みたいにちょっとした派閥みたいなものが発生したりしちゃうことってあるんですよね…。

まあ、それだけが問題ってことではなくて。

お父さん方だって、どんどん学童に参加して意見して欲しいと思っています。
やっぱりわたしの娘が通っている学童の保護者会も、ほっとんどがお母さんが出席していて、お父さんがいらっしゃるご家庭はごくごく稀です。

うちの夫も、学童のキャンプの時は参加したけれど普段の学童の決め事やその他の活動に関しては、仕事を理由に不参加のことが多いです。
実際問題として、帰宅時間がいつも夜中だったりするので保護者会に参加するのが難しいという状況でもあるんですけどね。

でも。

確かに仕事は大切だし、わたしも一時期(シングルマザー時代)、一家の大黒柱だったこともあるので仕事を優先するのは当然なことも分かっているけれど、もうちょっと子ども達の安全や環境整備に参加してくれたら…と思うことがあります。
家事や育児や教育って、女(母親)だけの問題じゃないはず。
大人がみんなで、男の立場・女の立場から考えて、子ども達のためにさらにいい環境を作り出していくことが必要なんじゃないかな?って思っています。

わたしの夫は、いつも子ども達のことや今の学童の環境・保育園の環境の話をどんなに仕事で疲れて帰ってきていたとしても、必ずわたしの話を聞いてくれるし、その都度いろいろと男親としての考えを話してくれます。そのたびに、自分の意見に凝り固まっているわたしの考えをときほぐしてくれるので、本当に感謝しています。

だからこそ、ここはひとつ。
お父さんたちに男の目からみた、育児・教育の環境についての考えをもっと公共の場で公開していくことが、さらなる社会の発展になるんじゃないかと思っています。

学童の保護者会で、母親同士だと衝突しちゃうような意見も、なぜか父親の方がちょこっと発言するだけですんなりいったりするもんです。それは学童に限らず、男性の発言ってそういう力がありますよね。
男女平等とかっていう言葉もあるけど、わたしはそれは違うと思っています。
人間としては平等だけど男と女は能力が全く違うのだから、平等にはなりえないと思うんです。

女ばかりで決めてしまうより、男の意見が入ることでさらにいい形で話がまとまったりするもんです。

子どもの未来と安全を守るのは、親としてやらなければいけないことだと思うので、お互い仕事やその他、いろいろとあるけれど出来る範囲でお父さんもお母さんも、もっともっと本音で子どものことを話し合えるといいなと、思っています。
  • URL:http://yaplog.jp/kittykitty/archive/54
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメントありがとうございます。

PTAの役員をされていたとのこと、本当に素敵なことです。
わたしはまだPTAの方には、ほとんど参加していないけれど学童の方は、父母会という形で保護者が運営しているのですべての親が関わる、ということが前提ですのでそちらでは、いろいろとさせてもらっています。

でも和パパさんのところの小学校は素晴らしいですね。働く母親が多いから、夜に会議だなんて。

わたしの娘が通っている小学校は、母親は働いていないことが前提のようです…。先日もそういった背景がよく分かる出来事がありました。

娘のクラスの役員をやっている方と仲良くなれて、その方から聞いたのですが、PTAの規約によって各保護者への連絡する時期はその行事の間際、と決まっているようです。働いている立場から言わせていただくと、そんな急に言われてもスケジュールをあけられることって、本当に申し訳ないけれど難しいです。一般的に働くことが生きるメインとされている父親・男性の目からみたら、すぐにご理解いただけるかと思うのですが…。

わたしがフルタイムで働いていることを知っているその役員の方は、「急に言われても出て来れないだろうから、伝えておくね♪」と、かなり事前にクラス行事のことを教えてくださったおかげで、その行事には無事に参加できるけれど、知らなくて突然プリントで知らされても参加出れません。。。そしてよくある「子どもの行事にすら出れないの?子どもが可愛くないの?…だから働くお母さんは」なんて影で言われちゃったり、言われなかったり…(涙)

この前もいきなり「来週の木曜、午前10時に学校に集まってください」という連絡網が回ってきたけれど、さすがに無理です(T_T)
大切な、そして愛している子どものことだし、わたしは参加したい。早めに連絡くれれば仕事のスケジュールはいくらでも都合つけられるのに、急に言われても先方のこともあったりするので変更不可能のことが多いじゃないですか…。

これがお父さん・男性が混じっていたら絶対に、こんな急に「来てください」に対応できる状況じゃないはずだから、もっと早く連絡するとか、全員が対応できる方法って提案されてくると思うです。

そういった小さいことでも、男性の意見がある・ないでは全然違うと思うわたしなのでした。
2004年10月24日(日) 22時17分
和パパと申します
子どもが小学校ン時にPTAの役員を
しました 教養厚生部長、そして翌年は副会長
確かにお父さんは少なかったですね
私を入れて3名(2年間そうでした)

最近は働いているお母さんが多くて会議は
夜の7時〜 ですンで父親も出席可能です
面白い経験をさせていただきました
会社とはまた異なった

2004年10月24日(日) 15時06分
こちらこそ、トラックバックありがとうございました。

子どもは「男親」「女親」「先生」「友達」からいろいろなことを学んで大人になっていくのだと思います。
仕事している大人(親)の姿、夫婦同士の会話の内容、家族との関係のもちかた…これらすべても子どもたちに多大な影響を与えていくとわたしは思います。

「子どものことはおまえにまかせた。俺は(私は)生活費を工面してくるから家庭のことは知らない。」という考えは、子育てしていく上で絶対に間違っているやり方だと思っています。

親である以上、仕事も大切だけれど子どもと向き合う義務と責任があると思います。誰かまかせなんて、ありえないですよね…。
向き合っているお父さんには、もっともっと公の場で声をあげてほしいと思います。

悲しいけれど、やっぱり女性の意見より男性の意見のほうがすんなりとおったりする世の中だったりしますしね…。

わたしも少しずつではありますが、学童の活動に参加させていただいていろいろな親御さんがいらっしゃるのだと感じます。自分の子どもさえ良ければいいと思っていらっしゃる方を見ると、悲しい気持ちにさえなりますよね。。。
どの子どもも大切な命、大切な人です。その子どもたちのためになるような社会を作ることこそが、親の仕事のような気がしています。
2004年10月19日(火) 23時25分
トラックバックありがとうございました。

『お父さんたちに男の目からみた、育児・教育の環境についての考えをもっと公共の場で公開していくことが、さらなる社会の発展になるんじゃないかと思っています。』
おっしゃるとおりです。
私は子育てや教育に関心がある父親であるつもりです。
そこにたまたまPTAという場を与えられました。
女性の意見を聞きながら、時折、私が考える父親の育児参加の大切さを話しています。

PTAで役員の中でも、自分の子どものこと以外には興味を示そうとしない父親の多さには正直びっくりしました。
きっと家庭でも「子どものことはおまえにまかせたから」なんて言ってすませているんでしょうね。

これではいけないと思うんですが。
2004年10月19日(火) 7時17分
2004年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
______
自己紹介
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
きょんきち
5月生まれ
WEB関係の仕事が中心
演劇・ダンス(サルサ)・キャンプ・ディズニー・ハリーポッターが大好き。専業主婦状態から2児の子どもを連れて離婚。シングルマザー時代を経て、再婚、ステップファミリーとなる。現在は働くママとして飛び回っています。
MyblogList


by BlogPeople




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kittykitty
読者になる
Yapme!一覧
読者になる