【 更新情報 】

スポンサード リンク

嵐山で吉兆に浸る

 嵐山本店ではかの北大路廬山人がまだ若かりし頃、その才能に惚れ込み「吉兆の為に料理の器を作って欲しい」と依頼し、供される料理の器として、彼の手によるたくさんの作品にお目にかかることができます。
 私たちが普段訪れるには、なかなか難しい、いわば非日常の世界ですが、吉兆ならではのおもてなしは、大切な方の接待や特別な日、いわゆる晴れの日に、嵐山の景観と共に貴重な思い出となって残ることでしょう。
 京都吉兆嵐山本店は、古都京都の嵐山ならではの素晴らしいロケーションにも恵まれ春は桜、そして秋は嵐山ならではの紅葉が迎えてくれます。
 京都吉兆 嵐山本店。日本料理の伝統を味わいたいと思ったら、それほど難しいことではありません。京都吉兆に行ってみてください。これ以上ない、完璧な給仕の手本でもてなしてくれます。
 吉兆グループの中でも屈指の名店、京都吉兆の嵐山本店は最高のホスピタリティーを感じさせる最上級のもてなしで迎えてくれます。
 嵐山本店は多くの国内のトップ政財界人を顧客とし、京都嵐山ならではの風光明媚な環境も相まって、店の佇まい、それぞれのお部屋のしつらえ、料理、うつわ、もてなしの全てが吉兆そのものであると言えましょう。

アンプルール
エステナードソニック
コントロールジェルME
キッズランド

本吉兆 高麗橋店は吉兆の総本山

 本吉兆とは吉兆グループの総本山、数ある吉兆を代表する存在です。その中でも高麗橋店は本吉兆の本店でありますから、いうなれば本吉兆の中の本吉兆であり、吉兆の中心的存在となります。
 最近の船場吉兆の不祥事に揺れた吉兆グループではありますが、経営、店舗運営とも吉兆各社(船場吉兆廃業後、料亭部門は4社)全く独自性、独立性を保持していて、定期的な会合を行っている他は、吉兆各社ともそれぞれ独自に経営されているとのこと。
 しかし船場吉兆の事件後は事態の重要性を鑑みて吉兆グループ各社間でのコンプライアンス委員会を設置し、吉兆各社での食材や料理の取扱などについて厳密なルール作りを進めているとのこと。
 そのような中ではありますが本吉兆の高麗橋本店は、ビジネス街の高麗橋通に面していながら、一歩足を踏み入れると、そこは別世界。静寂の支配する格調高い雰囲気。京都の嵐山店のような広い庭園こそないものの、そこは本吉兆ならではの設えの瀟洒な玄関。綺麗でしっとり落ち着いた感じの仲居さんに続いて歩を進め、広間に通されるとさわやかなお香が焚かれており、緊張が一挙に落ち着き、和らいだ雰囲気に。 
 本吉兆で供される料理はどれ一つとして奇をてらったところが無くまさに吉兆こそ日本料理のスタンダードといえるもの。女将は美しく上品、引き込まれるように柔らかな雰囲気で、本吉兆にはこの女将に会うために訪れるお客様も多いとのこと。
 国内政財界のトップも多く訪れるという料亭本吉兆なる非日常の世界を経験するには、紹介者のみの予約制、いわゆる吉兆の一見さんにとっては高いハードルがあるのです。

ラサーナ
ローヤルゼリー
自動車保険
アウトレット

花吉兆 凝縮された吉兆のエスプリ

 吉兆各店のなかでも、京都吉兆が祇園で開いておられるお店が花吉兆です。京都吉兆の社長さんが、嵐山本店をご子息に任されて、ご本人は四条畷をを下ったあたり、南座の裏手にある「花吉兆」を開かれたました。
 吉兆グループ各社でも同様ですが、花吉兆のような支店といった位置づけのお店の特色として、夜に個室を予約すると吉兆ならではの最高峰の懐石も堪能でき、お昼のコースでは気軽に肩を張らずに吉兆のエスプリを楽しめるようなカジュアルな面も兼ね備えています。
 やや敷居が高いイメージのお店が多い京都の中でも吉兆をいえばその筆頭にあげられるような超高級店ですが、その一方で気軽に、そして本格的な懐石料理を楽しめる花吉兆のようなお店の存在というのは、私のような庶民にも、吉兆を味わえる、京都を訪れ観光をした後で立ち寄れる、貴重な存在なのです。
 嵐山吉兆、つまり京都吉兆本店は思いついた時にいきなりでは予約もとれませんし、祇園にある花吉兆へ、というのは良くあるパターン。
 吉兆では比較的リーズナブルな1万円の懐石のコースでも、さすが吉兆と思わせる盛り付け、味付け、器、もちろんサービスにおいても最高のものを堪能できます。

神戸吉兆 高級三つ星ホテル内の吉兆

 現在の吉兆グループのうち、料亭を運営するのは、本吉兆、京都吉兆、東京吉兆、神戸吉兆の4社で、大阪のリーガロイヤルホテルにあるのは神戸吉兆。
 ここのおすすめは神戸吉兆だけに、もちろん神戸牛のすきやき。具材も味付けもシンプルですが吉兆ならではの心遣いで私たちは食事を堪能するだけ。
 神戸牛のおいしさをストレートに味わう神戸吉兆ならではのすきやきです。個室の空きがあれば急遽の予約にも対応していただけるようです。すきやきのみならず、もちろん吉兆ならではの素晴らしい料理を味わうことができますよ。
 ちよっと敷居の高い吉兆のなかでも神戸吉兆はややカジュアルな雰囲気を持っています。ホテル内の店舗ということもあって他の吉兆とは違い、リーガロイヤルの神戸吉兆は一見さんでも気楽に利用できるイメージがいいですね。
 しかし、ホスピタリティのレベルの高さはやはり吉兆。その細やかで行き届いた心遣いは、さすがは吉兆と思わずにはいられません。
 吉兆の料理は当然ながら繊細で美しく、器もとてもきれいで品のあるモノ。吉兆だけに京焼きの器が多いでしょうか。この神戸吉兆の中だけは、大阪の都心を忘れさせるような穏やかな時間が過ぎていくようです。

京都吉兆 嵐山本店は屈指の名店

 京都吉兆 嵐山本店。日本料理の伝統を味わいたいと思ったら、それほど難しいことではありません。京都吉兆に行ってみてください。これ以上ない、完璧な給仕の手本でもてなしてくれます。
 吉兆グループの中でも屈指の名店、京都吉兆の嵐山本店は最高のホスピタリティーを感じさせる最上級のもてなしで迎えてくれます。
 嵐山本店は私たちが普段訪れるには、なかなか難しい、いわば非日常の世界ですが、吉兆ならではのおもてなしは、大切な方の接待や特別な日、いわゆる晴れの日に、嵐山の景観と共に貴重な思い出となって残ることでしょう。
 京都吉兆嵐山本店は、古都京都の嵐山ならではの素晴らしいロケーションにも恵まれ春は桜、そして秋は嵐山ならではの紅葉が迎えてくれます。
 嵐山本店は多くの国内のトップ政財界人を顧客とし、京都嵐山ならではの風光明媚な環境も相まって、店の佇まい、それぞれのお部屋のしつらえ、料理、うつわ、もてなしの全てが吉兆そのものであると言えましょう。
 吉兆では、かの北大路廬山人がまだ若かりし頃、その才能に惚れ込み「吉兆の為に料理の器を作って欲しい」と依頼し、供される料理の器として、彼の手によるたくさんの作品にお目にかかることができます。

吉兆はWikipedia的に紹介すると…

 吉兆はWikipedia的に紹介すると、創業者・湯木貞一により「御鯛茶處吉兆」として開業。店名の由来は、戎神社で毎年行われる十日戎での福笹の別名(吉兆)から付けられたもので、吉兆の読み方はWikipediaによると、本来は吉兆と書いて「きっきょう」と読ませていたが、来店者が「きっちょう」と呼び親しんだ為に、一般的な読み方である「きっちょう」となったとのこと。
 吉兆と言うと最近までは船場吉兆による一連の不祥事に次ぐ廃業。それに関連した吉兆グループの動向など、ネガティブなイメージでの取り上げられ方が多かったようです。吉兆で調べるとWikipediaの項目にも船場吉兆と一連の顛末についての記述があります。
 船場吉兆は吉兆グループの一角であったのですが、吉兆グループ各社は定期的会合を行っている他は、それぞれ独自に経営されているとのこと。
 料亭を経営する吉兆グループの各店も若干の風評被害を被ったものの、吉兆といえば国内の政財界人を顧客とし、さらに数度にわたりサミットの食事を供する栄誉に浴してもいる、名にし負う老舗の高級料亭であり、古くからの御贔屓に支えられ安泰のようです。
 現在は吉兆グループの中心となる株式会社吉兆は、吉兆ブランドの管理業務、および料亭を運営する株式会社本吉兆、株式会社神戸吉兆、株式会社京都吉兆、株式会社東京吉兆の4社、また、それらの料亭に店舗を貸す不動産管理会社などの子会社全11社に出資する、持ち株会社になっています。
P R
カテゴリアーカイブ
アフィリエイト