【 更新情報 】


吃音とは発音障害

吃音とは、"吃音症"あるいは"どもり"のことで、とくに男性に多い一種の発音障害とされています。最初の第1声を出すのが困難であり、繰り返したり引き伸ばしたりすることなどがスムーズにできない状態のことを言います。専門医学的での吃音とは、発語筋肉あるいは横隔膜筋さらには声帯などの、発声前における異常な発作的痙攣によると解明されています。

もっとも多くみられる通常の吃音は、最初の言葉がとても出にくく、つまったり繰り返したりすることです。どうにか話し始めても、途中で吃音が出たりすることはよくあります。吃音状態が小学生くらいから始まって、成人しても治らない人あるいは自然に治った人も多くあるとされています。

本人として吃音はとてもつらいものですし、小学生くらいではそのために家に引きこもりがちになったり、人付きあいを避けるようになったりすることもありますね。不安のようなストレスが原因で吃音になることも多いとされているので、小学生あるいは思春期のころなら、本人が積極的にリラックスできるよう両親や学校の先生が努力すべきでしょう。

吃音の治療には専門のカウンセラーやクリニックなどへの相談、そしてストレスの軽減や全身の運動を計画的に続けることはかなりの効果が期待されます。人には持って生まれた性格がありますが、精神的にナイーブな人はストレスの影響も大きく受けやすく、吃音症状のある場合は特にストレスを与えないようにすることが大切です。

吃音治療のポイント!

吃音治療の根本的な対応は、専門医や健康クリニックなどでの心療医学的な対処が必要になります。吃音になる原因が精神面および肉体面のいずれか、あるいは両者が相互に影響し合っていることが多いからです。例えば単に声帯あるいは発語筋肉のみでの機能低下による吃音治療でしたら、いわゆる心療内科あるいは神経内科での吃音治療となってきます。

場合によってはいわゆる不安神経症による吃音症状も考えられますので、吃音治療のための抗うつ剤のような薬物投与も吃音治療に有効なこともあります。クリニックなども含めて、発声練習では母音よりも子音に重点をおくことが多いといえます。

発声なは歌うような声の出し方が重要視されるものですから、例えば好きな歌曲を大声で歌うことも吃音治療として、大いに勧められることです。運動面ではかならず専門の医師やスポーツインストラクターによる指導を受けた方法で計画的に実行することが吃音治療としてはとても大切であって、自己流では効果が薄いものになりがちです。

スムーズな発声はとうぜんながら関連する筋肉の機能が正常であることが必要ですから、血行やリンパ液の活性化さらには細胞の新陳代謝までに言及された吃音治療となります。適正な食事と積極的で計画的な運動を心がけましょう。

吃音の原因にストレスが!

吃音原因としては、幼年期から思春期そして成人にいたる間でのストレスがあげられます。とくに肉体的なストレスよりも精神的なストレスが大きい影響を与えているといわれており、感受性が強いために吃音原因につながることであると解明されています。

両親のしつけが厳しいことや強制されることなどが続くことも、吃音の原因にあげられています。肉体的には頭部から首部分での発語筋肉あるいは横隔膜そして肝心の声帯自身の機能不足あるいは低下、そして強く急なストレスによる異常な発作的な痙攣がおもな吃音原因とされています。

遺伝子が吃音原因になるという説もあり、家系的に吃音者がいると、とくに子供に対して両親が注意し過ぎるとストレスの発生になってしまうものです。なお、女性での吃音症状は少ないのは男性よりストレスが少ないという見方もありますが正確に解明されてないのが実状です。肉体的な欠陥あるは筋肉自体の機能の低下とともに、ストレスの影響がとくに大きく神経系統の機能が不十分なことも吃音原因として大きく取り上げられています。

そして呼吸器系との適正なマッチングがうまくなされないことが吃音原因につながるのです。平生はそれほどでもない吃音状態が、大勢の人の前あるいはなにかで緊張したときに生じるのは、それが心理的なストレスとなって吃音原因となります。

吃音治し方はまず専門医のカウンセリングで!

吃音治し方としては、肉体的な面そして精神的な面があげられます。家系的にみて吃音者がいても、とくに子供に必要以上に話し方などの注意を与え過ぎないように、吃音治し方に関して両親あるいは学校の先生は注意が必要です。

思春期から成人期にかけては、肉体的には横隔膜そして発語筋肉さらには声帯に関連しますので、専門医でのカウンセリングと治療が必要になります。筋肉的に強くすることも必要ですから、計画的なウオーキングやスイミングそして正しいストレッチングなどは、吃音治し方として効果が十分に期待できますが、症状などによっては内科的な相談も勧められることです。

とくに思春期のころに吃音を少しでも感じたら、直ちにクリニックなどでの対応が必要になって、心理療法などとともに心身両面からの吃音治し方の手がかりが得られものですし、発声練習もとうぜん含まれることです。精神面では避けることができないストレスの軽減が、もっとも大きい吃音治し方といえます。子供では両親の厳しい態度を見直すことが必要ですし、学校の先生ともにしつけのあり方の検討が必要です。

吃音治し方として楽しい団体行動に参加できるようにすることが大切です。成人してもストレスは必ずつきものですから、とくに吃音の人には気分転換などが吃音治し方には必要なことです。普通の歌曲を楽しく歌うこと、そして詩吟とお謡いなどは吃音治療に有効であると日本人古代の知恵が教えているといわれているくらいです。

子供吃音の原因には?

子供吃音については、幼児期から思春期にかけてのストレスの影響による説が有力視されています。家系的にみて吃音者がいると、両親とくに子供に接することの多い母親の影響が非常に強くなっていることもあげられます。子供の吃音を何とか治したいという気持ちが強すぎて、子供に対する接し方を間違ってしまいがちになります。

吃音への関心が強いあまり、子供に必要以上に話し方についての注意をはらうことが、子供には非常に強いストレスとなって子供吃音を呈することになってしまいます。さらに生まれつき気の弱い子供は、友だちみんなとの集団的な活動についていけなくなり、引きこもりがちになると、喋ることが少なくなって子供吃音の発生となることもあります。

また子供グループに吃音の子がいると、遊びでそれを真似ることによって吃音になることもあげられています。したがって子供吃音については、家庭での両親のしつけの状態、そして幼稚園や小学校では先生たちの影響が大きいことをみんなが意識しておかねばなりません。

子供吃音にならないためには、やはり"治療より予防"であって、両親が神経質にならないことと、子供の友だちには吃音を意識しないような、積極的に大声で楽しく歌ったりオシャベリしたりするチャンスをもたせるように十分に意識することが、子供吃音を生じないことにつながります。とくに計画的に子供コーラスなどへ参加させることこそがベストといえそうです。