中村祥とさ行が言えないのは滑舌が悪いだけ?

July 17 [Thu], 2014, 3:54

話したいことがあっても、どもることを考えると声を出すのが怖くなってしまい、お世辞にも自分の人生を思う存分生きているとは言えない状態だったとしても、
時間が経過するにつれてどもる回数が明らかに減っていき、会話をすることに対して恐怖や不安が一切なくなり、のびのびと生活できるようになる方法がこちら



あなたも、今すぐにでもしたようになって、吃音の恐怖とストレスから解放されたいと思いませんか??


人間関係も仕事も大きく変わりはじめる

言いたいことを思い通りに表現できる

意識しなくても言葉がすっと出てくる

ブツブツと小声気味だったのが堂々と大声になる


吃音の症状を抱えている人の中には確かに、唇や舌の動かし方が不十分だったり、発声方法を間違えて覚えている人など、正しい発音方法を身に着けることで吃音を克服できるケースもありますが、ほとんどの場合、発音方法に関しては特に異常性はなく、心理的的な要因が最大のネックになっています。

あなたの吃音の症状がいつ頃から続いているのかはわかりませんが、言葉がどもり始めたころというのは、今ほど症状がひどくはなく、ちょっと言葉に詰まりやすいな、という程度だったと思います。
それがいつの間にかエスカレートしてきたわけですが、症状の悪化に伴って吃音に対する悩みのレベルもどんどん深くなっていったんじゃないかと思います。

吃音を改善するためには最終的には「どもっても気にならない。」「自分が吃音だなんて思わない。」状態へと、あなたの認識を整えていく必要があるわけですが、認識を変えていくには発語トレーニングや吃音矯正練習をしてしまうと、認識をさらに深くあなたの心に刻み込んでしまうため、下のような悩みにより一層苦しめられることになります。


仕事はつらくないが電話を取るのだけは嫌だ

どもることへの風当たりが強い

日常会話もままならず、失語状態

話しに絡みたくてもどもるのが怖くて黙ってしまう


吃音を解消するとっておきの方法は「吃音だということを忘れる」ことになるなるのは間違いありませんが、だからと言って「吃音を忘れよう、忘れよう。。。」と考えてしまうと、あなたの意志とは裏腹に逆に吃音に対する認識が強くなってしまいますので、意図的に忘れるというのはそんなに簡単なことではありません。

簡単ではないのですが、中村祥さんのM.R.M 吃音(どもり)改善プログラムにあるように、一定のプログラムを続けていくことによって、吃音のことを忘れる期間が徐々に長くなっていき、最終的には、最後にどもったのがいつだったのか思い出せないほど、吃音のことを忘れるようになります。

吃音は立ち向かおうとすればするほど、その脅威がさらに強まってしまうものの、ごく自然な形で認識を薄めていき、忘れるように誘導していくと、まるでしゃっくりが治るような感覚で吃音の症状がすっきりと解消されていきます。


中村祥さんのM.R.M 吃音(どもり)改善プログラムは、1日20分程度の簡単なプログラムを続けていくことで、吃音の認識を薄めてくれる克服プログラムがまとめられていて、ダイエットの体重低下のように、吃音が日に日によくなっていく実感は得られにくいものの、ある日突然、「あれ、どもらないぞ?」と、ひらめいたように気づくようになります。

中村祥さんとはちなみに、中小企業専門のコンサルタントとして毎日のようにクライアントと議論を交わすような日々を送っているものの、実は彼自身もひどい吃音に苦しみ、人と話すのが怖くてたまらない時期を長く経験しています。


そんな中村祥さんが吃音をどうやって克服したのかというと、潜在意識を書き換えるという自己啓発セミナーに参加したことがきっかけとなっていて、セミナーで習ったことを自分の吃音克服に応用したところ、ある日突然、ひらめいたように吃音の症状が驚くほど改善されていることに気づき、そのままの勢いで吃音を克服してしまった経緯があります。


→→吃音の病歴に関係なく症状を緩和してくれる中村祥さんのM.R.M 吃音(どもり)改善プログラムで過去の記憶を塗り変えて吃音を克服する方法とは??


チェルシー式
脳内アップデート

中村祥の滑舌を良くする方法 早口言葉は即効?

July 17 [Thu], 2014, 3:38


吃音克服のポイントは中村祥さんのM.R.M 吃音(どもり)改善プログラムでも解説されている通り、忘れること・認識を薄めることが重要で、身近な例を挙げるとしゃっくりを治すのと同じような感覚です。

しゃっくりにはあなたも何度も苦しめられ、「横隔膜がけいれんしているんだよ。」と言われても、じゃぁ一体、何をすれば治るのさ!?と愚痴の一つもこぼしたことがあるんじゃないかと思いますが、吃音と同じようにしゃっくりも、治そうと思えば思うほど、症状が治った試しがまずないんじゃないかと思います。

必死になってしゃっくりを治そうとしているうちは、症状が治まる気配はまるで見られないのに、しばらくしてハッと気づいたときには、すでにしゃっくりが収まっているケースがほとんどで、吃音を忘れて治すというのも、しゃっくりと同じようなプロセスを意図的に起こしていくことがポイントになります。


中村祥さんのM.R.M 吃音(どもり)改善プログラムでは、忘れようと努力をすることなく、自然な流れで吃音の認識を薄めていきますので、最初のうちは吃音について忘れる時間がほとんどないかもしれませんが、続ければ続けるほど、忘れる期間が徐々に長くなっていきます。

プログラム自体は基本的に毎日続けるものの、吃音対策のために取り組んでいるという認識で取り組むわけではなく、あなたの潜在意識を書き換えていくことが主な内容となっています。

発音トレーニングなどと違って、M.R.M 吃音(どもり)改善プログラムの場合には、言いづらい単語を口に出してみたり、早口言葉の練習をする必要がないので、どこでも気軽に取り組めるようになっていて、空いた時間があれば自宅じゃなくとも、出先などでもプログラムを実践できるようになっています。


吃音という症状は、他の病気と違って積極的に治そうとすればするほど症状がひどくなってしまう特徴があり、それでも諦めずに克服に向けて頑張ろうとすればするほど、ズルズルと症状悪化させる恐れがあります。

一刻も早く吃音を克服したいあなたにとっては、少しもどかしい思いがあるかもしれませんが、M.R.M 吃音(どもり)改善プログラムで中村祥さんが解説している通り、吃音を根本的に解消するためには焦りは禁物で、頑張らないようにすることがポイントです。


吃音になって良いことなんて一つもありませんが、少なくとも吃音を見事に克服できた後は、同じ吃音に苦しむ人たちを見かけたら、温かい目で見守ったり、M.R.M 吃音(どもり)改善プログラムを紹介してあげて、吃音の辛さから救い出してあげることもできます。

あなたも、短い会話の中でも何度もどもってしまい、仕事だけではなくプライベートでもみんなの信頼をこれ以上失い続ける前に、
時間の流れに任せてゆっくりと吃音克服に取り組んでいき、掛け違えたボタンを付け替えるように、これからの人生の再スタートを始めませんか??



中村祥さんのM.R.M 吃音(どもり)改善プログラムで、吃音の認識がさらに心に焼き付いてしまう前に、軽やかに会話を楽しめるようになるにはこちら








valanrose
元彼 復縁
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング
PVランキング