宮崎一哉的ラ行が言えない@滑舌

October 16 [Thu], 2014, 3:04

自分なりに工夫をしてどもらない話し方を研究してきたけれど、どもる単語が次第に増えてきて恐怖を感じていたとしても、
言葉を正確に発音する方法がドンドン身についていき、意識しなくとも唇や舌がスムーズに動きてペラペラと話ができるようになる方法がこちら




あなたも、どもりがちな自分へのわだかまりなんかさっさと解消して下のようになりたいと思いませんか??


大声で話しかけることが出来る

道に迷った時は気兼ねなく道を聞ける

コミュニケーションがまともにできるようになる

無駄な発声練習に時間を取られることがなくなる


結論ありきで言うならば、吃音は誰にだって治すことができる症状で、年齢がどれだけ進んでいようが、症状がどれだけひどくなっていようが、そんなことは全く関係ありません。
しいて言うと吃音が治った!と思えるようになるまでの期間が長いか?短いか?といった違いがあるとは思いますが、いずれにしても正しいやり方で吃音克服に取り組んでいけば、速ければ1週間で言葉がすらすらと出せるようになります。

吃音の怖いところはしかし、間違ったやり方で吃音克服に取り組んでしまうと、症状を悪化させる危険がある点で、たとえば、苦手な単語をひたすら口にしてみるとか、早口言葉を何度も練習するとか、こういったやり方を続けてしまうと、症状がエスカレートさせてしまうのですが、あなたも身に覚えがあるんじゃないでしょうか?

吃音は治る病気だというのにかかわらず、世の中には間違った対策で症状を悪化させている人が多いのが現状で、あなたも、自分の思いつくやり方で適当に治療に取り組んでいるうちは、下のような悩みが解消されることはまず考えられないと思ったほうがよいです。



大声を出す気になれない

自己主張がないやつだと思われるのがいや

吃音に対して理解がない人が多くて辛い

吃音が一生続くかと思うとうんざりする


では吃音克服のためには様々な要因をつぶしていかなければいけないので、まず何をしなければいけないのか?というと、一口でまとめるのは難しいところがあるものの、しいて優先順位の高いものを一つ上げると、あなたが抱いている「吃音」という自己認識をどんどん薄めていく(忘れていく)ことです。

あなたにも思い出してもらいたいのですが、吃音の症状悪化に伴って、それと比例するように「自分は吃音なのかも。」「自分は吃音だ。」「話すと必ずどもる。」「どもって話せない。。。」みたいに、自分は吃音なんだという自覚がどんどん強くなってきてはいないでしょうか?

吃音とはいわば「癖」みたいな特徴があり、「話すとどもる」みたいにセットになってしまっているところが症状をひどくさせる要因となっています。
吃音克服のためにはそこで、あなたの中の認識を改めていくことが重要で、宮崎一哉さんの3ステップどもり(吃音)解消プログラムでは、潜在意識に対してもアプローチをしていきます。



ただ3ステップどもり(吃音)解消プログラムを使っても、最終的にはどもっても気にならない状態にたどり着くだけで、完全にどもりが改善するわけではありません。
「え?それなら全然意味がないじゃん??!!」と思ってしまうかもしれませんが、そもそも、ちょっと舌をかんだり言葉に詰まるのは誰にだって起きることですよね?

普通の人だって、一回もどもらずにスラスラ話し続けるなんていうのは至難の業で、一切噛まずに言葉が出てくるのは、専門的な訓練を受けているテレビのアナウンサーとか、そういった職業の人くらいです。
宮崎一哉さんの3ステップどもり(吃音)解消プログラムにもある通り、吃音克服とは、ある程度、どもらない状態に体の調子を整えた後は、どもっても気にならない価値観というか心を整えていくことになります。

→→軽度から重度まで程度に関係なく効果が期待できる宮崎一哉さんの3ステップどもり(吃音)解消プログラムで、温熱作用の知られざる効能とは?


看護師に人気の診療科に転職するには?
事務所開き お祝い|のしはどうすれば良いの?お酒はOK?

宮崎一哉と表出性言語障害の原因と治療

October 16 [Thu], 2014, 2:56


ちょっと前まではそもそも「吃音」なんて言う言葉すらなかったし、何らかの病気を抱えていなければ、どもることはあっても極端に言葉が出なかったり、話が支離滅裂になるような人はほとんどいませんでした。
しかし、時代が進むにつれて「吃音」という言葉が定着し始めると、「自分は吃音という病気なんだ。」とネガティブに考える人がドンドン増えていき、それが症状悪化を加速させる一つの要因となっていました。

それにもかかわらず吃音治療の一環として、さらに症状を固定化させるような「発音トレーニング」「話し方レッスン」なんかに手を出してしまう人がいて、より悲惨な状態になってしまうケースもありましたが、ここ最近は吃音克服のアプローチがきちんと整ってきて、わずかな手間をかけるだけで症状をどんどん改善させることに成功している人が続出しています。

吃音克服には何をしなければいけないのか?というと、実は話はそんなに簡単なものではなくて、考えられる様々な要因すべてに対してアプローチをしていく必要があり、何か一つでも取りこぼしがあると、症状が収まったと思っても、倍返しのように症状が再発することがあるのですが、宮崎一哉さんの3ステップどもり(吃音)解消プログラムならば、再発の心配が全くないレベルにまで吃音をシャットダウンさせることができます。



言葉がすらすら出せるようになるためには、発音の仕方も確かに見直す必要はあるとは思いますが、吃音患者にほぼ共通しているのが、発音の前の呼吸法であったり、横隔膜の使い方が不十分なところがある点です。

体に酸素を取り入れるのに十分な呼吸ができていたとしても、細かなニュアンスが求められる発音となると、ちょっとのずれが大きな違いに結びついてしまったりするものです。
宮崎一哉さんの3ステップどもり(吃音)解消プログラムではそこで、正しい呼吸法のほか、横隔膜が正しく機能する正しい姿勢など、吃音克服に向けて様々なアプローチ法が網羅されており、結果として20年以上にもわたって改善率90%という驚異的な実績を上げています。



宮崎一哉さんの3ステップどもり(吃音)解消プログラムではしかも、続けなければ意味がありませんから、1回の手間をできるだけ少なくなるように何度も改良を重ねてきた結果、最終的に1日1回15分で済ませられるようになっており、それでいて効果が速い人だと1週間くらいで実感できるという即効性まで実現しています。

吃音は何もせずに放置をしてしまうと自己認識がますます強くなってしまい、症状がどんどんひどくなっていくという危険なサイクルを抜け出すことはできず、何らかの対策をしなければいけないものの、だからと言って、間違ったやり方を試してしまうと、自己認識を強める結果を招く恐れがあります。

吃音克服のためには、正しいやり方をするのが最低条件ではありますが、その点さえきちんと守って取り組んでいけば、2か月後には、あなたの気持ちを力強い言葉で相手に伝えられるようになりますよ。

会話がまともにできないせいであなたの人間性まで低く評価されてしまい、本当ならば手に入るはずだったチャンスを逃し続ける前に、
吃音治療のためにわざわざ高いお金や時間をつぎ込むことなく、どもってもビクビクすることなく冷静に話を続けられるようになりませんか?


宮崎一哉さんの3ステップどもり(吃音)解消プログラムで、吃音をさらに強める危険な対策に手を染めてしまう前に、仕事でもプライベートでも自分らしさを発揮できるようになるにはこちら





吉本巧
川井太郎 川井式喘息改善エクササイズ 口コミ評判
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング
PVランキング