ウェディングドレスとメイク

August 10 [Mon], 2009, 14:44
着物を着つけたら、メイクも着ものに合わせてみるのは、なかなか良いことではないでしょうか。

私が真剣に着物を着たのは、成人式と、結婚式と、踊りの簡単な発表会でしたが、成人式は、自己流メイクでした。
深い紫の振袖に、金髪でした。
あの頃は良かれと思ってやってみた「着物に金髪」でしたが、今見るとやはりちょっと微妙な気がします。
今でこそ、倖田來未さんや浜崎あゆみさんなどが、和服でも金髪だったりしますが、当時はただの変な趣味の人だったのではないでしょうか。
ヘアメイクじたいは、かなり和装な感じのヘアメイクでした。かんざしも刺していましたしね。

結婚式の時は、もちろんメイクさんがついていました。
前取りなどという写真を前もって撮っておくというのもしましたが、その時もメイクさんがピッタリと横についていました。
写真だけなので、かなりの厚塗りで、そんなに色白ではない私の顔が真っ白になっていました。
前取りもそうでしたが、結婚式は体にもファンデーションを塗るんですね。
ドレスにファンデーションがつかないんでしょうか?
今さらになって、心配しています。
特にウェディングドレスなんかは、必ず真っ白ですしね。

やはり、白無垢と洋装、色などでメイクが変わるようで、和装は白でメイクはピンク系でした。
同じ白でもウェディングドレスではシャイニー系、カラードレスはレッドでしたので、ライトブラウン系のメイクでした。
やはりプロは違います。
自分の顔がまるで別人のようになっていました。
そのメイクの仕方を覚えて、マネをしてみたりしましたが、やはり普段にそのメイクですと、少し厚化粧に見えますね。