放射能から子どもを守るには検査の受けた食品を!
2014.04.02 [Wed] 21:20

放射能による食べ物への影響、そして子どもの心配はもうしなくていいのでしょうか?

震災から3年が立ち、テレビなどで報じられる事が少なくなってきましたね。

みんなの原発事故による放射能の関心度は消えてしまっているように感じます。
しかしここで子どもを持つ親まで忘れてしまっては子どもはどうなるのでしょうか?

知らずに気づかずに汚染された食べ物を口にしている可能性があります。

今一度、自信を持って子どもに食べさせることができる安全、安心な食べ物を
見直してみませんか?

子どもの放射能の感受性は大人の3〜10倍と聞きました。
これからの成長のことを考えると心配です。


■意見は人それぞれ

内部被曝の9割近くが食べ物からのものだそうです。
少量でも数年にわたり蓄積されることで、がんの発生に繋がると言われています。

確かに目には見えないものなので気にしない方もいます。
周りの母親でも放射能を気にしない人は恰好がいいをいう雰囲気があります。
知識者でさえ意見が分かれています。


政府が言った「ただちに影響がないレベル」これは気になります。
つまり「数年後、数十年後には影響が出る可能性があるレベル」という意味を
密かに含んでいる!?

そうするとガンになるかもしれないという不安をずっと抱えることになります。
誰も答えが出せない状態です。


■自分で決める

結局のとこ自分でどう思い、何が大切かというのが答えだと思います。
この先何かあっても国や周りの人のせいにはできませんからね。
周りに流されず自分の判断で決断した方がいいようです。

私は子どもには安全で安心な食べ物を与えたいので
放射能チェックを行っている
オイシックスを利用するようになりました。

こちらからどうぞ
↓  ↓  ↓