燃えよペン 

2004年12月03日(金) 4時49分
 三日坊主になるところでしたね!実際書くことねぇんだよなぁ。あとどうやれば検索に引っかかるようにできるんだろう。まだまだわからないことが沢山。
 とりあえず最近で一番の出来事はHDDプレイヤーを買ったことです。『兄さん』ことiAUDIO M3ですよ!
 画像の編集とかってどうやってやんのかなぁ。まぁいいや。超便利ですよ兄さん!家にあるCDが全部入っちゃった。シャッフルがとっても楽しいです。懐かしい曲にめぐり合えて再発見の旅にいけます。イェイ。
 あとは何も書くこともない平坦な人生でした。というこのクソっぷり。
 
 スーパーファーリーアニマルズ、いいですね。今まで聞いていそうで聞いてなかったんだよな。

小錦 

2004年11月27日(土) 20時47分
 携帯をなくすというのは想像以上に不便で、もうすでに公衆電話で実家と連絡を取るために600円以上使ってる。俺はこんな金の使い方をするために夜中までバイトしてるのか?何かいやになってきた。
 最近一人で家にいることが多いなぁ。明日はどこかに遊びに行こう。もちろん一人で。
 ツタヤで借りてきたピロウズのベストを聞いています。泣けるなぁ。こういう音楽って辛いときに聴くとホントにしんみりとする。それにしても、よくもここまでいい曲ばかり書けるもんだ。

母乳 

2004年11月25日(木) 19時17分
 夜勤明けで六時ごろ起きる。相変わらず応援では地獄を堪能できていいと思う。クソ店長め。
 というわけでまだ一時間しか経ってないのに書くことなんてありません。寝よう。

コミックストリップ 

2004年11月24日(水) 15時55分
 携帯電話をなくしました。朝チャリ漕いでるときに落としたんだろうなぁきっと。なくしても俺は困らないが、俺に連絡を取ろうとする奇特な人たちは困るだろう。かわいそうに。
 気がつくと今月は随分バイトに入っているし金は貯まってるはずなので、週末にHDDプレイヤーでも買おうか。

Q and Not U『Different Damage』

 amazonで買った。適当に検索して適当に見つけたんだけど、一曲目を視聴した瞬間に購入を決意しました。これはかなりの名曲。そのあともイイ曲が続くんだけど、この一曲のために千円ちょっと払っても全然損じゃないと思う。手数の多いドラムと、逆にシンプルに贅肉を削ぎ落としたストイックな音を鳴らすベースとギター。これらの絶妙なブレンドによるスカスカサウンドは80年代ポストパンクに通じるカッコよさがありますな。普通に名盤でしょ。

月風魔伝 

2004年11月23日(火) 3時24分
 結局、島田君のおかげでほとんど寝ないで学校に行き、二限は出席とるだけとって爆睡。少人数の授業なので少々気まずかった。
 さっさと家に帰り、二時からブックオフにて面接。三分で終了。あんなんで人間の何がわかるというのだろう。採用できれば誰でもいいのか、はたまた初めから俺になんて用はなかったのか。
 電話がかかってきて急遽バイトに行かなければいけないことになり、ほとんど寝てなくて倒れそうなきちくまさんはリッチミンDで栄養補充元気百倍。これ、十本七百円くらいで買いました。お得なんじゃないかなぁ。地元にいたころは存在すら知らなかったが。
 それにしてもまた今週も週五でバイトか。月十二万くらいいくのかなぁ。おかげで全然暇がない。映画観たり脚本書いたりしたいのに。
 
 

ローファイボーイ ファイターガール  

2004年11月22日(月) 8時22分
 昨日の午後二時頃に僕の大きな友達の島田君が我が家にやってきて、それから朝の七時くらいまでずっと学校の課題のために僕のパソコンの前に座って黙々と作業していました。といっても彼が作業(映像の編集)に取り組み始めたのは午後十一時くらいで、それまでずっとネットサーフィンしたり遊んだりしてたので、徹夜はまさしく因果応報であります。作業を終えた彼は、先ほど学校へと旅立ちました。まぁ、お疲れ様です。ちなみに僕はナレーションと選曲で彼を手伝ってあげました。かなりやっつけ仕事でしたが。
 そんな彼が編集に没頭している間、僕は布団の上に寝転びながら、前に全巻を三百円で買った原秀則の『冬物語』を読んでいました。読んでる最中、何度か感涙というか発狂しそうになりました。重い!重すぎる!
 最初のほうが割とありがちといえばありがちな展開なので、フツーの受験モノかな、と思っていたら、少しずつなにやら醜くどす黒い人間関係が見えてきて、気がついたら便器の隅にひっついてるカスよりクズな最低うじ虫な主人公が冬というよりは地獄に突き落とされて……。不憫でなりませんです。最初から主人公がクズにお似合いの底辺掃き溜めに定住してたならまだ胸が痛む程度で済むのですが、一瞬だけ両手に花状態になって、しかも主人公があまりにもうじ虫なので(あと漫画なので当然いつも間が悪いから)どちらの花にも見捨てられ、しかも周囲はみんな輝いている連中(高学歴だったり夢を追っていたり)だから一人でションボリ劣等感をかみ締めるしかないという。嗚呼!泣ける!
 どうやらメチャクチャ有名な漫画みたいだし、全てのクズ人間が必読!な作品ではないでしょうか。これぞまさしく冬物語。

君はハートのクイーンだよ 

2004年11月20日(土) 17時55分
 17時起床。起きてすぐに日記を書くってのもなんだかなぁという気もしますが。はぁ。退屈な人生。
 また今日もバイトに行かねばならぬ。辛い。バイトが辛くなっては学生として終わりなきがする。というわけなのでこれから履歴書を書きます。ブックオフで働くつもりです。面接は月曜日。店員がみんなキモくて評判の店です。
 そういえば、応援先の人たちは全然イカ臭くありませんでした。むしろやさしい人ばかり。でもあっちのほうが明らかに仕事キツイ。全くついていけない。あれで俺と同じくらいの給料しかもらってないのかなl。だとしたら不憫だ。
 
Cake『Motorcade Of Generosity』
 最近千円で購入。いいなぁ。アメリカ臭い。もうどの曲も先人たちへのリスペクト精神に満ち溢れていつつも、自分たちなりの個性をビンビンにアピールしております。全体的に明るくてスローでメローなんだけど、トランペットの音色の脱力感ときたら人をおちょくってるとしか思えない。『Rock'n'roll Lifestyle』とか『I Bombed Korea』といったおバカな曲名も秀逸。アホですねぇ。94年作。

魔法を信じるかい? 

2004年11月19日(金) 19時25分
 今日は特に何もなく、昼ごろに目を覚まし、歯を磨いて、おしっこをしてから大学に行き、何となく授業にでて割とすぐに帰ってまいりました。
 これで今日一日がこのまま何もなく無事に平静に退屈にクソッタレに終わればベリーハッピーなのですが、これから夜中にバイトに行かなくてはなりません。僕は松屋で働いているのですが、松屋といっても僕が本来働いているはずの松屋は少々変わった店舗なのです。
 一般的に松屋といえば、黄色と赤を中心にデザインされているナンセンスな外観、こじんまりとした狭苦しい店舗、店に入ると大きなU字型のカウンター、そこでは汗臭い男とイカ臭い女ばかりの店員がニヤニヤとヲタク笑いをしながら働いている……というのを皆さん想像されると思います。あそこのメス店員どもがみんなイカ臭いのはもちろん牛めしのせいなわけですが、そうそう、あの牛めしというのは随分いかがわしい肉を使っているそうですね。たしか中国のだっけ? まぁ、中国だからいかがわしいのではなく、菌を持ってるだかどうだかと聞いたような……とにかくやばいらしいですよ。
 まぁそれはいいとして、僕の働いている松屋はそんな世間の一般イメージとは一線を画しておりまして、和に基調を置きつつも若者にも親しみが持てる外観、レストランのような広い店舗、あとまぁ人のいい店員の皆さんと、それはもうとってもエクセレントな店なのであります。店は広くても客はそんなに来ないので、それはもうのほほんとした職場でした。給料もなかなか高めだし。
 だ・の・に!店長が変わったおかげで今日も世間一般のイメージをそのまま体現してやがる別の店舗に応援に行かなくてはなりません。水曜に一度行ってまいりましたが、それはもう地獄でした。広い広いレストラン松屋と普通のイカ臭い松屋が同じシステムで動いているはずもなく、あまりの勝手の利かなさに涙を流しそうになりながら接客に励みました。これもレストラン松屋のたるんだ体質を改善させるための新店長なりの改革なのでしょうが、僕みたいな心も体もたるみきった人間にはいい迷惑であります。本当にぶん殴ってやりたいぜ!
 そんなわけでこれを書いてる現在とても憂鬱なきちくまさんなのでした。
 

素足綺麗 

2004年11月18日(木) 22時33分


今日からここに日記でもつけていってやろうと思います。
一に暇つぶし、二に文章力の向上、三にメモ帳代わりであります!sir, yes sir!
まぁ、日記なわけなので極めて個人的なものになるはずだから、俺以外の誰が読んでもこれっぽちも面白くなりはしないだろうなぁきっと。まぁよろし。
ブログ本来の役割も持たせられたらいいですね。
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kitikuma
読者になる
Yapme!一覧
読者になる