ニキビ対策にピルは効くの?副作用はあるの?

April 28 [Tue], 2015, 11:17
ニキビができる原因のひとつに、生理周期にともなうホルモンバランスとの関係が考えられます。それを整えるニキビ対策として、「低用量のピル」が注目されています。実際、ピルを服用する女性の半分は、ニキビや「PMS(月経前症候群)」の軽減が目的とのデータもあります。

ピルの副作用として、食欲不振や胃痛、吐き気、発疹などがあります。これは、ほかの薬を飲んだときでもよくみられる副作用です。また、一時的に肌荒れが強くなることもあります。しかし、体が薬に慣れると、それらの副作用もおさまってきますので、だいたい3カ月を目安に続けることをお勧めします。また、ピルの種類を変えることで、ニキビの症状や副作用の悩みが改善されることもありますので、あきらめない気持ちも大切です。

ただし、ピルを飲むと血が固まりやすくなり、血栓症を起こすリスクも少なからずあります。もし、手足がしびれる、ふくらはぎがむくむなどの症状があらわれたら、速やかに医師の診断を受けてください。 

もちろん、ニキビ対策だけでなく、ピルの服用は、産婦人科や婦人科医師の診断をきちんと受けて、正しく服用することが条件です。なお、ピルを飲んでいると、生理がこなくなるのではとの疑問がありますね。しかし、医師の指導を守ることで生理はきますので、安心してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ほり
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kitayodega76/index1_0.rdf