フォトブック2  「拝啓、新緑の候・・・」 

May 18 [Thu], 2017, 10:54
フォトブック作成ページで、50%オフのキャンペーンをしていたので申し込んだ。
今回は近場の新緑の写真でまとめてみたのでその中の一部アップする。

表紙は飯能市 吾妻峡の新緑



緑の吾妻峡で水遊びをする子供



日高市武蔵横手のせせらぎに写り込んだ新緑と青空



恒例の飯能市ツーデ−マーチで新緑の山道を歩く子供たち



飯能市天覧山の新緑とつつじの道をゆっくり上がるお年寄り・・・



飯能市能仁寺の新緑



能仁寺の鐘楼



彩の森入間公園



狭山市智光山公園の新緑



東松山市国営武蔵丘陵森林公園の新緑中を歩くお母さんと子供



東京小石川後楽園の池の新緑



東京六義園の新緑



東京新宿御苑の新緑



東京国営昭和記念公園日本庭園の新緑



ちょっと足を延ばして京都高台寺の新緑




・・・とこんな感じで、地味なフォトブックとなってしまった。
次はもう少し派手なのを選んでみよう。

樹齢650年 骨波田の藤を訪ねて・・・ 

May 14 [Sun], 2017, 10:37
今日は藤の花の話。



5月13日、埼玉県本庄市の長泉寺の「骨波田の藤」を見に行った。
朝7時過ぎに自宅発、西武線、八高線を経由して児玉駅に9時半に到着。
当日は小雨模様の中、地元の先輩Nさんにお出迎えいただき、高級車のジムニーで長泉寺に連れて行っていただいた。


骨波田の藤については長泉寺のホームページに詳しい説明が記載されているので、ご参照を・・・

http://www.kotuhata.or.jp/fuji/


そしていよいよ見学開始。
山門の前には、六地蔵さんが整列をして我々のお出迎え、お礼のお辞儀をして受付で500円の拝観料を支払う。



山門の向こうにはきれいなつつじ、その向こうに2階建ての楼門が見えるが、まだ藤の花はお出ましにならない。
見ごろになっているのかちょっと不安。



楼門前の滴の宿ったつつじを見ながら楼門をくぐる。





・・・と、右側から突然ガマ君(?)のお出迎え。
その向こうに樹齢650年の藤棚が現れる。



そして、目を上げると藤棚の全容と長泉寺本堂の屋根。


前の池の左には別の藤棚、その向こうは雨に濡れた新緑がきれい。




楼門の2階に上がる。
見下ろすと樹齢650年の藤棚、藤の葉の鮮やかな緑が目にしみる。



裏に回ると、先ほど歩いてきた山門からの道・・・
雨に濡れたつつじがきれい・・・



楼門から降りて藤棚の下に入ると、滴を含んだ藤のすだれ・・・
振りかえるとすぐ近くに楼門・・・



すぐ横には、立派な???のたぬきさんが仁王立ち!
たぬきさんの後ろにはお休み処。







藤の花をちょっとアップで・・・





やはり紫いろのすだれは雨にお似合いですね〜
あ、見物を終えてお帰りのご夫婦が・・・





雨の藤を堪能したので、我々もこのあたりでおしまいにしよう・・・
山門をでると、藤の花をもったお地蔵さんが、お帰りはこちら・・・とご案内をしてくれました。




不毛の後ろ髪をひかれながら長泉寺を後にし、N先輩の高級車で児玉駅の近くの評判のお蕎麦屋さんに・・・
美味しい天ぷらつきのおそばまでごちそうになってしまった。
この日は午後から雨が激しくなったので、お蕎麦屋さんの写真を撮りそびれてしまった。

長泉寺には、機会があればまた行ってみたいと思う・・・


カメラ:
 OM-D E-M5 MarkII
レンズ:
  ZUIKO DIGITAL ED 12−60mm SWD



フォトブック1 

April 29 [Sat], 2017, 12:49
10年前にロードバイク(自転車)で転倒、鎖骨骨折で入院・・・わずかだけど保険金が入ったので、使途を考えたあげく、デジタル1眼カメラを購入した。

それ以来撮りためた写真でパソコンが一杯に・・・
ほとんどがガラクタ写真なので、整理をすればすっきりしてパソコンライフも快適になるとは思うのだが、なかなか手がつけられない。
ごみ屋敷の住人も、たぶん対象が衣類や食べ物といったところが違うだけで、こんな感じなんだろうなあと納得する。

・・・でふと思いついたのが、以前写真仲間が見せてくれたフォトブック。
その時は何も考えずに、おおきれいだなあと思っただけだったが、これだと人にも見せられるし、不要な写真の整理もできるので、これに決めた。

去年から作り始めたがなかなか進まず、ようやく5冊になった。
こんな感じ・・・



今日はできたばかりの最新フォトブック「人模様」に掲載した写真を抜粋して掲載してみる。
狙いは簡単、近くで見た人たちのいろんなシーンを集めたもの。
別に小難しい内面的なものではなく、単に形だけを楽しむというものだ・・・

・先ずは表紙。
 浜松町駅近くのビルの3階部分から見下ろすと、いろんな人が動き回る
 シルエットが面白かったので、パチリ。




・これは夕方近所の橋の上を仕事を終えて帰る人、部活を終えて家路に
 つく高校生のシルエット風景。






・近くの公園で遊び終えた家族が後片付けを終えて帰ろうとしている
 ところ




・六義園の渡月橋で混雑しているところ、池への写りこみも入れて
 パチリ・・・




・サイクリングロードの傍のコスモス畑で男の子と女の子が遊んで
 いる様子。 子供のころを思い出して・・・




・秩父神社で巫女さんが走る姿がユーモラスだったので一枚・・・




・昭和記念公園内の日本庭園で女の子が二人で逆立ちの練習中。
 うまく立てないのが面白かったので・・・




・巾着田の川で子供たちが岩の上から立ち飛び込をしているところ。
 飛んだ瞬間にパチリ・・・




・川越の荒川土手のモトクロス競技場でレース中の少年ライダー。
 結構迫力があったので・・・




・羽田空港国内線ターミナルの屋上、スマホを床に置いてジャンプ風景を
 自撮りする女の子・・・
 何度も飛んでうまくいかなかったが、これが最後の成功ジャンプ!




・新宿御苑の芝生の上、小さい子がボールを芝生において蹴ろうとして
 いるところが可愛いかったので・・・




・お台場の砂浜で、ギャルが座っておしゃべり中、怪しい雲とのコラボが
 面白かったので・・・




・親戚の結婚式に出たときに行った岡山の海、浜辺に集まった人の
 思い思いの形をシルエットで・・・




・秩父羊山公園の芝桜、女子高生たちが熱いので汗を拭きながら歩く
 姿が面白かったので・・・




・近くの公園を自転車でさっそうと走りぬける女性、エメロンシャンプー
 のコマーシャルソング「♪泣いてーいるのか〜笑っているのか〜・・・
 振りむ〜かないで〜・・・♪」を思い出して、ついシャッターを・・・




・これも近くの公園、女の子がお母さんとシャボン玉遊びをしている
 のが面白かったので・・・




・お台場の夕暮れ時、レインボーブリッジを背景にスマホで自撮り
 をする男女。 ちょっといい雰囲気だったので・・・




・・・と、もう少しあるけど、フォトブック「人模様」(A5版20ページ)に掲載した写真の紹介でした。

・最後は裏表紙
 福岡のヤフオクドーム傍にあるホテルの窓から見下ろすと、野球が
 終わって出てきた人の思い思いの姿形が面白かったので・・・




といったところで、本日はこれにて・・・・・閉店!!

春よ春・・・ その3 

April 17 [Mon], 2017, 14:18
今日の最後は・・・自宅の近くをぐるりと花散歩・・・

我が安集合アパートは、ただ今10年ごとの外壁塗装工事真っ最中・・・
でもそんなことはどこ吹く風、工事現場の下の駐車場には今年もきれいな桜が
しっかりと咲いてくれました・・・
もう、終わりのころだというのにこんな感じで、まるで貴婦人のよう・・・



工事現場を離れて、近くのR299号の上にかかった橋に行ってみると、
道路わきに山桜が1本、ポツンと咲いていた…



入間川を渡って川向うに行くと、結構きれいな桜のトンネル・・・
近くなのに、知らなかった・・・





そしてそこにも貴婦人が・・・




今度はいつもの散歩道、入間川沿いの通称「リバーサイド」・・・
ここにもまだ花は残っていた。

リバーサイド、川土手の花トンネル・・・



そのそばにはシャガがひっそりと・・・



見上げると、幹に直接花が・・・
ちょっとお化粧をして・・・



土手を、反対に下りるとマンションどおり・・・
散った花を踏んで車が通り過ぎる・・・



そして、今日の最後は桜と菜の花に囲まれて走る西武池袋線の電車でおひらきだ〜




お粗末様でした


春よ春・・・ その2 

April 17 [Mon], 2017, 13:48
今回は、ちょっと入間市駅のほうへ散歩に・・・

途中、霞川のそばを通ると、まだ桜がきれいに咲いてる・・・
ときどき、カモが泳いでる・・・
新聞やテレビではどこかからやばいものが飛んでくるかも・・・と大騒ぎをしてるのに、
このあたりの世の中はのどかだね〜
大丈夫かなあ〜




川面では花筏がすいすいと泳ぎながら川を下ってる・・・



上では、風に吹かれた花が右に左にステップを踏んで踊ってるよ






ときどき、道草を食って、ぐるぐる回ってるのもいるね〜
こんな感じ・・・








といったところで、ちょっと催してきたので、近くの友人の家にトイレを借りに行った
今回は、霞川の花筏にすっかりつかまってしまい、電池がなくなってしまったので、
これでお〜しまい



春よ春・・・ その1 

April 17 [Mon], 2017, 13:15
1年半ぶりの休眠開け・・・

目を覚ますと、あ、もう葉桜の時期だ。
ちょっとそこら辺をぶらぶら・・・

とりあえず、稲荷山公園から

まだささやかにお花見をやってるみたい・・・



ブラブラ族も何組かいるな〜



あ、これはちょっとさみしそう



ちょっと外れに行くと、お子様連れの奥様、花が散り始めましね〜



公園中央の花壇には、もうチューリップが咲いてるよ




そして、夜に・・・

公園に入ってすぐ右側の景色・・・



次は左側・・・見上げると花の間にポツンとお星様が・・・



そして、真正面・・・



最後は、星を流してみよう・・・



・・・で、稲荷山公園はおしまい

東郷公園の秋・・・ 

November 29 [Sun], 2015, 15:52
夜の東郷元帥


今年も埼玉県飯能市吾野の東郷公園の紅葉を見に行くことにした。
http://www.togo-koen.jp/
毎年昼間には行っているので、今年はもみじ祭り前夜祭にライトアップされるという11月21日の土曜日に行ってみた。

15時過ぎに自宅を出て電車で吾野へ向かう。
吾野駅からは山道を約20分歩いて、秩父御嶽神社の入り口につく。
(この写真は数年前のもの。)




日が暮れるまで少し時間があったが、ぶらぶらと公園に上がってみた。
公園といっても秩父御嶽神社へ上がる途中なので、結構階段がきつい。



すでにライトは点灯されていたが、周囲が明るいので全然雰囲気が出ない。



上には催し物会場があり、ご婦人方の舞踊の最中、その前に焼きますを売るご夫婦がいたので、1本買って、ついでに写真を撮らせてもらった。(ぼかし処理あり)
焼きますはうまかった。





しばらくすると、日が沈んで周囲が暗くなってライトアップの効果が出てきた。
こんな感じだ。











雲の隙間から、月がちらりと顔を覗かしかけたが、雲の足が速くてあっという間に隠れてしまった。



階段の両側に置かれた竹筒のろうそくを道しるべに公園から下りる。
なかなかいい雰囲気だ。



・・・とこんな感じで、約1時間ほど夜の東郷公園を楽しんだ。
だんだん寒くなってきたので、1時間に1本しかない電車に乗り遅れないよう、18時半ごろ急いで公園から退散した。



ちなみに、昼間の公園の紅葉は次のような感じで結構きれい。
詳しくは2012年11月に初めて行った時にアップしたブログ
http://yaplog.jp/kitarou1941/archive/7
をご参照のほどを・・・





東郷元帥像の近くにある戦利品のロシア製3インチ野砲



サークルの例会等 

October 22 [Thu], 2015, 19:58
2か月に1回偶数月に、所属しているオリンパス ズイコークラブ東京支部の勉強会・例会が行われる。
ズイコークラブは50年以上の歴史を持つオリンパス社製品愛用者の会員組織で、全国各地に8つの支部がある。

東京支部はその中で約90名の会員を持つ最大の支部で、専任講師である写真家・斎藤巧一郎先生の指導を受け、レベルの向上を目指している。

例会は開催日の15時30分から参加者がプリント作品2点を持ち寄り、先生が優秀作品 25点(推薦×1、特選×2、純特選×2、入選×10、佳作×10)を選び、それぞれについて講評をしてもらう。

勉強会は例会前の12時30分から6人づつのグループに分かれて、各人プリント作品3点を持ち寄りお互いに感想を発表して切磋琢磨をしながら技術の向上を図っている。

なお、例会において入選以上となった優秀作品は年に2回それぞれ約1週間、オリンパスプラザ(新宿区西新宿 1- 24 -1 エステック情報ビル 地下1階)のショールームに展示される。

今回の例会、勉強会は10月17日(土)に実施された。
私の提出作品は次のとおり。

(例会提出作品)

タイトル:秋霖のころ・・・ 


タイトル:夕暮れ電車・・・ 



(勉強会提出作品)

川沿いの彼岸花


新宿御苑の十月桜


巾着田のコスモス




ちなみに前回8月の例会では、次の2作品を提出した。

タイトル:夏の日の思い出・・・ 


タイトル:森の妖精・・・




8月の初めに東京支部のメンバー約20人で月島の水かけ祭りに行った時の一枚。

タイトル:針千本・・・



といったところで、今回はズイコークラブの活動状況を紹介しながら私の作品を張り付けてみた。
このところ、体調不良でちょっと憂鬱だったけど、一昨日通院をして治療をしてもらって回復、また頑張ろう!

花の命は短くて・・・ 

September 27 [Sun], 2015, 14:15

(宙に浮く彼岸花・・・というのは真っ赤な嘘で、宙玉レンズというやつをつけて撮ったもの)


花の命は短くて・・・なんてのは、桜の季節にいうものと決め込んでいた。
ところが、今月の中旬に散歩道を通ると、あちこちに彼岸花の花がぽつりぽつりと咲き始めるところだった。
そしてすぐに満開・・・、雨になったので数日お休みをして1週間ほど後に行ってみると・・・・なんと、もう枯れ姿が目立ち始めてる。

桜だけでなく、彼岸花の命もあっという間に散ってしまうものだということを実感した。
そういえばわれわれ人間も、勢いのいい盛りの時期はなんと素早く逃げ去っていくことか・・・・
今度孫が来たときにしっかりと教えてやろう・・・と思った。

近くの散歩道、入間側のリバーサイドの彼岸花・・・
9月の中旬にはこんなに明るくきれいに咲いていた・・・










ねこじゃらし(えのころ草)の中に咲く彼岸花・・・






白い彼岸花もきれい・・・






でも1週間ほど経つと、こんな哀れな姿になっている。
なんだか今年は枯れる時期が特に早く来たような気がしたんだが・・・




秩父方面に行けばまだ元気かなあ・・・と思いながら、横瀬の寺坂棚田に行ってみた。
なんとか元気に見えたが、よ〜く見るとところどころに枯れた花が散見される。












帰る前にこの蝶が来て、しばらく遊んでくれた。




しばらくするとジジイ、ババア相手では飽きてしまったのか、さっといなくなってしまった・・・(^^)





カメラ:
OM-D E-M5 MarkII

レンズ:
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

すすき梅雨・・・ 

September 26 [Sat], 2015, 19:17
夏の終わりから秋にかけては各地ですすきが見られるようになるが、この時期に降る長雨をすすき梅雨というそうだ。
それは秋雨前線の影響で降る雨で、「秋の長雨」や「秋霖」とも呼ばれる。

今年の夏は猛烈な暑さが続いたが、8月下旬になると一転してぐずついた天気、いわゆるすすき雨が始まった。
そんな中、いつも歩く近場の散歩道などをカメラを持ってぶらぶらして見た。

近くの散歩道・・・
白鷺、バラ、シジミチョウ、ヒメジョオン、クモなどが雨にぬれていつもと違った顔を見せてくれる・・・

 



 






ちょっと足を延ばすとあけぼの子どもの森公園、ムーミン谷が広がって、小雨の中子どもたちの声がにぎやか・・・

 






さらに足を延ばして、車で五条の滝へ・・・
雨に煙る滝、なかなかの風情だ・・・

 






車で来たついでに山を越えて黒山三滝まで行ってみた。
相変わらずの雨、黒山三滝の駐車場で車を降りて約20分ほどの滝まで行こうと途中まで行くと突然雷が鳴り始めた。
早々に退散して駐車場まで戻ってそこらへんの雨にぬれた花を撮る・・・
湿気でレンズが曇ってなかなかうまく撮れない。
こりゃ、帰ってからカメラとレンズの掃除が大変だあ〜

 



 




苔もいい感じ・・・




最後は駐車場横の川の流れを撮って帰路につく。




追記:
 この「すすき梅雨」、風流な名前とはうらはらに途中、たくさんの台風とのコラボレーションにより日本列島に大変な被害をもたらした。
被災地の皆さんに対し、心からのお見舞いを申し上げます。


カメラ:
 OM-D E-M5 MarkII
E−5

レンズ:
  ZUIKO DIGITAL ED 12−60mm SWD
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きたろう
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:8月12日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・写真
読者になる
10年前(2007年)にデジタル一眼レフをを購入しました。 9年前からメーカー主催の写真教室で勉強を始めました。 なかなか奥が深くて上手くなりませんが、しっかりとはまってしまいました。
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像きたろう
» 東郷公園の秋・・・ (2015年12月01日)
アイコン画像もう
» 東郷公園の秋・・・ (2015年12月01日)
アイコン画像きたろう
» 夕暮れ時のレインボウブリッジ・・・ (2015年03月11日)
アイコン画像ヒューマン
» 夕暮れ時のレインボウブリッジ・・・ (2015年03月11日)
アイコン画像きたろう
» 芦ヶ久保の氷柱・・・ライトアップ (2015年02月11日)
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
読者になる