東郷公園の秋・・・ 

2015年11月29日(日) 15時52分
夜の東郷元帥


今年も埼玉県飯能市吾野の東郷公園の紅葉を見に行くことにした。
http://www.togo-koen.jp/
毎年昼間には行っているので、今年はもみじ祭り前夜祭にライトアップされるという11月21日の土曜日に行ってみた。

15時過ぎに自宅を出て電車で吾野へ向かう。
吾野駅からは山道を約20分歩いて、秩父御嶽神社の入り口につく。
(この写真は数年前のもの。)




日が暮れるまで少し時間があったが、ぶらぶらと公園に上がってみた。
公園といっても秩父御嶽神社へ上がる途中なので、結構階段がきつい。



すでにライトは点灯されていたが、周囲が明るいので全然雰囲気が出ない。



上には催し物会場があり、ご婦人方の舞踊の最中、その前に焼きますを売るご夫婦がいたので、1本買って、ついでに写真を撮らせてもらった。(ぼかし処理あり)
焼きますはうまかった。





しばらくすると、日が沈んで周囲が暗くなってライトアップの効果が出てきた。
こんな感じだ。











雲の隙間から、月がちらりと顔を覗かしかけたが、雲の足が速くてあっという間に隠れてしまった。



階段の両側に置かれた竹筒のろうそくを道しるべに公園から下りる。
なかなかいい雰囲気だ。



・・・とこんな感じで、約1時間ほど夜の東郷公園を楽しんだ。
だんだん寒くなってきたので、1時間に1本しかない電車に乗り遅れないよう、18時半ごろ急いで公園から退散した。



ちなみに、昼間の公園の紅葉は次のような感じで結構きれい。
詳しくは2012年11月に初めて行った時にアップしたブログ
http://yaplog.jp/kitarou1941/archive/7
をご参照のほどを・・・





東郷元帥像の近くにある戦利品のロシア製3インチ野砲



サークルの例会等 

2015年10月22日(木) 19時58分
2か月に1回偶数月に、所属しているオリンパス ズイコークラブ東京支部の勉強会・例会が行われる。
ズイコークラブは50年以上の歴史を持つオリンパス社製品愛用者の会員組織で、全国各地に8つの支部がある。

東京支部はその中で約90名の会員を持つ最大の支部で、専任講師である写真家・斎藤巧一郎先生の指導を受け、レベルの向上を目指している。

例会は開催日の15時30分から参加者がプリント作品2点を持ち寄り、先生が優秀作品 25点(推薦×1、特選×2、純特選×2、入選×10、佳作×10)を選び、それぞれについて講評をしてもらう。

勉強会は例会前の12時30分から6人づつのグループに分かれて、各人プリント作品3点を持ち寄りお互いに感想を発表して切磋琢磨をしながら技術の向上を図っている。

なお、例会において入選以上となった優秀作品は年に2回それぞれ約1週間、オリンパスプラザ(新宿区西新宿 1- 24 -1 エステック情報ビル 地下1階)のショールームに展示される。

今回の例会、勉強会は10月17日(土)に実施された。
私の提出作品は次のとおり。

(例会提出作品)

タイトル:秋霖のころ・・・ 


タイトル:夕暮れ電車・・・ 



(勉強会提出作品)

川沿いの彼岸花


新宿御苑の十月桜


巾着田のコスモス




ちなみに前回8月の例会では、次の2作品を提出した。

タイトル:夏の日の思い出・・・ 


タイトル:森の妖精・・・




8月の初めに東京支部のメンバー約20人で月島の水かけ祭りに行った時の一枚。

タイトル:針千本・・・



といったところで、今回はズイコークラブの活動状況を紹介しながら私の作品を張り付けてみた。
このところ、体調不良でちょっと憂鬱だったけど、一昨日通院をして治療をしてもらって回復、また頑張ろう!

花の命は短くて・・・ 

2015年09月27日(日) 14時15分

(宙に浮く彼岸花・・・というのは真っ赤な嘘で、宙玉レンズというやつをつけて撮ったもの)


花の命は短くて・・・なんてのは、桜の季節にいうものと決め込んでいた。
ところが、今月の中旬に散歩道を通ると、あちこちに彼岸花の花がぽつりぽつりと咲き始めるところだった。
そしてすぐに満開・・・、雨になったので数日お休みをして1週間ほど後に行ってみると・・・・なんと、もう枯れ姿が目立ち始めてる。

桜だけでなく、彼岸花の命もあっという間に散ってしまうものだということを実感した。
そういえばわれわれ人間も、勢いのいい盛りの時期はなんと素早く逃げ去っていくことか・・・・
今度孫が来たときにしっかりと教えてやろう・・・と思った。

近くの散歩道、入間側のリバーサイドの彼岸花・・・
9月の中旬にはこんなに明るくきれいに咲いていた・・・










ねこじゃらし(えのころ草)の中に咲く彼岸花・・・






白い彼岸花もきれい・・・






でも1週間ほど経つと、こんな哀れな姿になっている。
なんだか今年は枯れる時期が特に早く来たような気がしたんだが・・・




秩父方面に行けばまだ元気かなあ・・・と思いながら、横瀬の寺坂棚田に行ってみた。
なんとか元気に見えたが、よ〜く見るとところどころに枯れた花が散見される。












帰る前にこの蝶が来て、しばらく遊んでくれた。




しばらくするとジジイ、ババア相手では飽きてしまったのか、さっといなくなってしまった・・・(^^)





カメラ:
OM-D E-M5 MarkII

レンズ:
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

すすき梅雨・・・ 

2015年09月26日(土) 19時17分
夏の終わりから秋にかけては各地ですすきが見られるようになるが、この時期に降る長雨をすすき梅雨というそうだ。
それは秋雨前線の影響で降る雨で、「秋の長雨」や「秋霖」とも呼ばれる。

今年の夏は猛烈な暑さが続いたが、8月下旬になると一転してぐずついた天気、いわゆるすすき雨が始まった。
そんな中、いつも歩く近場の散歩道などをカメラを持ってぶらぶらして見た。

近くの散歩道・・・
白鷺、バラ、シジミチョウ、ヒメジョオン、クモなどが雨にぬれていつもと違った顔を見せてくれる・・・

 



 






ちょっと足を延ばすとあけぼの子どもの森公園、ムーミン谷が広がって、小雨の中子どもたちの声がにぎやか・・・

 






さらに足を延ばして、車で五条の滝へ・・・
雨に煙る滝、なかなかの風情だ・・・

 






車で来たついでに山を越えて黒山三滝まで行ってみた。
相変わらずの雨、黒山三滝の駐車場で車を降りて約20分ほどの滝まで行こうと途中まで行くと突然雷が鳴り始めた。
早々に退散して駐車場まで戻ってそこらへんの雨にぬれた花を撮る・・・
湿気でレンズが曇ってなかなかうまく撮れない。
こりゃ、帰ってからカメラとレンズの掃除が大変だあ〜

 



 




苔もいい感じ・・・




最後は駐車場横の川の流れを撮って帰路につく。




追記:
 この「すすき梅雨」、風流な名前とはうらはらに途中、たくさんの台風とのコラボレーションにより日本列島に大変な被害をもたらした。
被災地の皆さんに対し、心からのお見舞いを申し上げます。


カメラ:
 OM-D E-M5 MarkII
E−5

レンズ:
  ZUIKO DIGITAL ED 12−60mm SWD

札幌 、小樽方面へ(3) 

2015年08月31日(月) 23時53分
神威岬を4時前に出発して、渋滞も何もない道を一路小樽へ向けて車を走らせる。
5時過ぎに小樽に着きレンタカーを返すとすぐに小樽運河に向かう。

運河に着いた時には日差しがあり、先ほどまでの曇り空は何だったんだ・・・と、ちょっと腹が立った。(自然に怒こっても仕方ないか。)







小樽港に行ってみるとにっぽん丸が停泊中、北海道一周ツアーのお客さんを乗せるところだった。





小樽駅から見たにっぽん丸



小樽港の釣り人



人力車の車夫さん



小樽でうろうろしているうちに6時になってしまったので小樽駅に行ってあわてて新千歳空港行の快速電車に飛び乗った。



7時前に札幌着、地下鉄ですすきのに行き、市電に乗り換えて藻岩山のロープウエイ入り口で降りる。
ぎりぎり間に合って藻岩山からの夜景を1枚・・・
携帯用の足腰の弱い三脚だったので、風が強くてカメラが揺れてなかなかうまくとれない。
ISO感度を上げて少しシャッタースピードを稼いだが、おかげでかなり画像が荒れてしまった。




翌27日は9時過ぎにホテルをチェックアウト、空港でぶらぶらしながら昼食をとり、13時初の羽田行きに乗り無事夕刻帰宅。

大駆け足の札幌ツアーであった。

ちなみに、帰宅日のナイターで西武は勝利・・・何とうちの孫のついてないことよ・・・



カメラ:
 OM-D E-M5 MarkII

レンズ:
  ZUIKO DIGITAL ED 12−60mm SWD

札幌、小樽方面へ(2) 

2015年08月31日(月) 23時05分
昼食を終えて小休止の後、神威岬へ向かう。
島武意海岸から神威岬までは約12kmほど、信号もなく車も少ないので20分ほどで着いた。

駐車場も広くゆったり、車を降りてすぐにだらだ坂を上る。
約100メートルほど歩くと「女人禁制の地、神威岬」の看板のある門に到着。
その昔、女性はこの門の向こうには入れなかったそうだが、今では女性のほうが多いらしい。



門の横の看板を読んでいるうちに、観光バスから降りてきたらしい人の群れに呑み込まれてしまった。
中年以上の人がほとんどで、中には子供さんの姿も見える・・・が、話している言葉がわからない。
我々と同じ顔をしているので、多分中国の人だと思われるが、こんな辺境の地まで中国から来るなんて、すごいなあと感心した。

女人禁制の門から岬の突端を見ると結構道が曲がりくねっていて遠くに見える。



先ほどの観光バスの人たちの後をついて行くが、何とも道が狭い。
途中に なでしこ、げんのしょうこ、つりがねにんじんなどの花に出合いほっとする。







頭の上では、沢山の海鳥が飛びまわっている。



いよいよ灯台が近くなってきた。
ふと右下を見ると、穴のあいた大きな岩が見える。
これは念仏岩といって、大正時代に灯台守の職員が船で灯台に行くときに難破して亡くなったので、村の人たちが手彫りで掘ったトンネルだそうである。
今は、立ち入り禁止になっているが、こちら側の崖には灯台まで上がれるように階段が作ってあるそうだ。



そして、灯台に・・・



灯台を通り過ぎるともうそこは岬の突端。
見下ろすと神威岩がローソクのような形をして立っている。
天気が良ければ積丹ブルーと呼ばれる海の色が見えるらしいが、残念ながらこの日は曇りで灰色の海しか見えなかったが、鳥がローソクの上に飛んでくるのを待ってシャッターを切った。(この写真は少し青の色をつけてみた…でも、本当はもっと澄んできれいなブルーだそうだ。)



・・・とゆっくりしているうちに4時前になってしまった。
天気が良ければ、ここで夕日を見て帰るつもりだったが、曇り空だったので小樽へ戻って小樽運河を、その後札幌の藻岩山からの夜景を見ることにした。

札幌、小樽方面へ (1) 

2015年08月31日(月) 21時09分
高校2年生の孫から、夏休みを利用して札幌ドームへ日ハムー西武戦を見に行くので、一緒に行かないかと誘われて家内ともども連れて行ってもらった。
いつのころからか、孫は熱狂的な西武ファンになって、一昨年の夏休みにも福岡ドームにお伴をさせられた。
じじいとしては、受験勉強が気になるのだが本人はそれよりも西武のほうが気になるらしい。

台風15号と16号が接近中で大丈夫かと思っていたが、幸い出発日の8月25日には16号は日本のはるか東で温帯低気圧に変わり、15号は進路を北に変えて避けてくれたので、大した影響もなく無事帰宅できた。

ただ、西武は折角の応援もむなしく2連敗で、孫はがっかりして帰ったきた。
そういえば、一昨年の福岡でも2連敗だったような気がする。

私は特にひいきのチームはないので、1日目だけ観戦のお付き合いをして2日目はレンタカーで小樽ー積丹半島方面に行ってみた。(家内は、巨人ファンで野球好きなので2日目も野球観戦)

1日目:札幌ドームへ





2日目:小樽ー積丹半島(島武意半島ー神威岬)−小樽運河

1 島武意海岸




駐車場の上に小さなトンネルがあり、そこを抜けると目の前に海が目に入り、はるか下に日本の渚百選に選ばれた島武意海岸が広がる。













細い坂道を下りて海岸へ・・・
途中「クマが出現した」との看板があるが、見通しもよくそんな気配もないので構わず下まで降りる。
海岸から見る風景は岩肌がむき出しで結構険しい。
ただ、後ろを振り返ると緑の草が一面に生えていてその中に黄色の花が点在していていい感じ・・・







海岸の上には灯台も・・・



ここで、ちょうどお昼になったので駐車場の近くの食堂で三色丼(うに、いくら、めんたい)で腹ごしらえをする。

夕暮れ時のレインボウブリッジ・・・ 

2015年03月07日(土) 16時09分
このたびオリンパスのミラーレスカメラE−M5 MarkUを購入したので、夕方、レインボウブリッジに行って試し撮りをしてきた。
星や夜間の飛行機、車などの光の軌跡を簡単に撮れるライブコンポジット機能も試してみた。

星が出る時間まで大分時間があったので、橋の上やお台場方面で夕景を撮りながら日没を待つことにした。

クレーンの上に羽田空港に着陸する飛行機が見える・・・


帆を上げた遊覧船も・・・


品川砲台の向こうに沈む夕日・・・


砲台の向こうにはクレーン群が・・・


橋を渡りきったところの砂浜・・・河津桜が夕日を浴びてきれい・・・


日が沈んで夕焼けがきれいになったので、お台場の砂浜から人のシルエットとレインボウブリッジのコラボを撮ってみた・・・








ちょっと面白い形の夕焼け雲・・・


振り返ってみると、マンションの上に月が雲に霞んで・・・


すっかり暗くなって、レインボウブリッジにも明かりがともる。
年末などには七色の光に照らされるんだけど、今の時期はこんな感じでちょっと愛想がないな〜


お台場の上に星が見え始めたので、ライブコンポジオット機能で星の軌跡を撮ってみた。
夜になって冷えてきたので、シャッター開放時間20分ほどで切り上げることにした。
この写真は、1枚4秒の写真を300枚合成したもので、シャッターを開放にしてそのまま放っておけば、カメラが勝手に合成してくれる・・・


今までは、数百枚、数千枚単位の写真をソフトを使って合成しなければならなかったけど、そんな手間をかけずに簡単にやってくれるとは、便利になったもんだ・・・
今日は試し撮りなので20分で切り上げたが、次回は、もっと時間をかけて撮ってみようと思う。


カメラ:
 OM-D E-M5 MarkII

レンズ:
ZUIKO DIGITAL ED 12−60mm SWD

ひな咲く街・・・ 

2015年03月06日(金) 21時47分
隣町の飯能市では毎年2月中旬から3月上旬にかけて商工会議所主催のひな飾り展が開催される。
町中の各商店では店頭にお雛様が展示される。
中には明治、大正のお雛様や結婚式の人形も・・・

今年は3月8日まで開催中である。

こののぼりが街中に立っている。


商工会議所のお雛さん


古民家のお雛さんとつるし雛




パン屋さんのお雛さん・・・上のつるし雛はパンで作ってある。


石屋さんのお雛さん


お米屋さんのお雛さん


化粧品やさんのお雛さん


ビジネスホテルのフロントのお雛さん


お寺にもお雛さんが・・・


そして、街角にあった結婚式の人形


おまけに、ひな飾りのあるお寺の白梅と水仙





カメラ:
OM-D E-M5
OM-D E-M5 MarkII

レンズ:
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye

リベンジ・・・川島の白鳥 

2015年02月09日(月) 21時00分
先月の川島町の白鳥撮りのリベンジに行ってきた。
前回は曇りでがっかりだったが、今回はすっきりと晴れ上がった絶好の撮影日和。
あとは、白鳥が飛び上がってくれるのを待つばかり。

・・・と思いながら現地に着いてみると、すでに駐車場は満車状態・・・と思ったが、隅っこに1台分が空いていたのでそこに駐車、すっかり出遅れてしまった。

川に降りるとカメラマンがずら〜と並んでいて、隙間を探すのが大変。



川面では白鳥が気持ちよさそうに・・・



ちょっと裏返して・・・



水鏡で自分の姿を眺めるナルシスト・・・



川下をみると、逆光の中に白鳥がいっぱい浮かんでいる。



水面がきらきら光ってきれい・・・





だれかえさでもやったのかな?
なんだか、下流が騒がしい・・・



その中の一羽が走ってきた・・・飛ぶ練習かな?



あ、本気だ・・・走ってる、走ってる・・・



あっちのほうでは、白鳥と鴨が異機種フォーメーションの練習中・・・?



こちらでは二羽のフォーメーション・・・



一羽だけで飛ぶ奴も・・・



あ、ずーっと向こうの川下からいっぱい飛んできた!



目の前を通過・・・モノクロで・・・



頭上で反転・・・



後ろの二羽が面白い形になってる・・・



向かい風に乗って、どんどん上がれ〜



富士山の上まであがった〜



そして・・・みんなが飛び上がったあとには・・・
ひとひらの白い羽・・・



ということで、今回はこれにておわり。


カメラ、レンズ:
 E−5+ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
 E−M5 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きたろう
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:8月12日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・写真
読者になる
8年前(2007年)にデジタル一眼レフをを購入しました。 7年前からメーカー主催の写真教室で勉強を始めました。 なかなか奥が深くて上手くなりませんが、しっかりとはまってしまいました。
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像きたろう
» 東郷公園の秋・・・ (2015年12月01日)
アイコン画像もう
» 東郷公園の秋・・・ (2015年12月01日)
アイコン画像きたろう
» 夕暮れ時のレインボウブリッジ・・・ (2015年03月11日)
アイコン画像ヒューマン
» 夕暮れ時のレインボウブリッジ・・・ (2015年03月11日)
アイコン画像きたろう
» 芦ヶ久保の氷柱・・・ライトアップ (2015年02月11日)
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
読者になる