黒い翼−前奏曲2−

March 15 [Thu], 2012, 21:51
一方そのころ外の空はひたすら青く、海のように無限に広がっていた。
限りなくそれは澄んでいて・・・・・

その空が雨雲に覆われる。
真っ黒な鳥たちが空を覆うように多数空を飛んでいたのだ。

更に正確に言えばそれは鳥ではない
鳥のように大きな翼を持ったそれは人であった。
「黒い翼の者達」
と呼ばれる、辺境の者達であった。

彼らはその翼を持つことで、軍では特別な存在だった。
どんなに高い城壁であっても彼らは、宙(空)を跳び、その上から矢を射て、城壁の上の兵士を撃っていく
一般の兵達は彼らの助けに城兵から迎撃を受けることはなく、壁を壊し、扉を破壊して中に侵攻を加える。

だがその報いは真っ赤な血で報いられることとなる。

つづく



プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:北霧 鈴芽
  • 誕生日:4月22日
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kitakirisuzume/index1_0.rdf