Welcome to our HP 

March 03 [Fri], 2006, 6:41
ようこそ、キシーズオフィシャルファンクラブへ
更新履歴

2007/01/31  クルシー(キシーズ編)に本当に今更なクリスマス小説。とNewsに言い訳。(芥)

2006/12/25  カミマイ(キシーズ編)にクリスマス小説、Newsに言い訳。(た)

2006/10/9  Newsにイベントで出したコピ本の言い訳 (芥)

2006/9/28  Newsにて重大発表!イベント参加と発行物に関する情報です。(マジです)

2006/6/27  クルシー(キシーズ編)→「愛の深さの測り方 6」そして完結。(芥)

2006/4/20  ディスコグラフィー『終わらない日々』(た)い、一ヶ月ぶりって!

2006/3/22  用語辞典【ハイランダー】(た)久しぶりの更新がこれかっ!謝

2006/3/18 SS クルシー(キシーズ編)→「愛の深さの測り方 5」(芥)

2006/3/16   用語辞典→【ローゼン】【ホウアン】(た)
       SS カミマイ(学生編)→「音楽室でまた明日 6」完結。(芥)
        なんか本当色々申し訳ない!(涙)でもあんま長引かせたくないので続きは別のお話で。

2006/3/15 用語辞典 【Kiss Knights】(た)

2006/3/14 SS カミマイ(学生編)→「音楽室でまた明日 5」(芥)

2006/3/13 SS クルシー(キシーズ編)→「愛の深さの測り方 4」(芥)
       用語辞典→【シード】【マイクロトフ】(た)





はじめていらっしゃった方は「はじめに」をご覧ください。
サイトに関する案内も此方です。


管理人への連絡
kissmeknight@hotmail.com
(管理人一人一人に個人的に宛てたい場合は「芥汰」「たなちゅう」と相手をタイトルで指定してください)
感想などお気軽にどうぞ!

About 

March 03 [Fri], 2006, 6:57
キシーズって何?
 コ●ミより発売されているゲーム、幻想水滸伝2のカミュー、マイクロトフ、クルガン、シードによって(勝手に)結成された夢のバンド。
 管理人達の妄想の結晶。
 
 キシーズメンバー
カミュー: ヴォーカル。 クルガン:リーダー、ドラマー。 シード:ベーシスト。 マイクロトフ:ギタリスト。

このページって?
キシーズを中心としたパロディーサイト。
小説やキシーズの楽曲、ツアー情報など管理人による妄想垂れ流しです。
笑いあり、涙ありロマンス有り(希望)が、しかし8割方ホモ話が占めておりますので腐った思考、特に管理人達の好みに賛同できない方には有害なばかりで役に立たないページです。すぐに立ち去ることをお勧めします。
逆に管理人達と同じ方向に夢を見れる方々、作品投稿待ってます!お友達になりましょう!(笑)
サイトのカップリング傾向→(カミュー×マイクロトフ)、クルガン×シードになります

尚、このページはキシーズを全国的に広げようという大きな野望の下の単なる個人的ファンページです。
実際の作者様、企業様とは一切関係ありません。そこのところよろしくお願いいたします。

そして、このサイトに掲載されている作品の著作権は放棄しておりません。


ページ案内図
カテゴリー一覧から飛んでみましょう。
オフィシャルサイトコンテンツ
Top:サイトの更新履歴などは此方から。
About:このページですこのバンドの設定など。
Comment:キシーズのメンバーからファンの皆様へメッセージが届く(現在準備中)
ディスコグラフィー:キシーズの今までに発表された音源。歌詞をチェックしてライブを堪能しよう
Information:キシーズからのお知らせ

SS:結成秘話やライブの裏話など、此処でしか知ることの出来ないメンバーの裏側に迫れ(芥汰による小説になります)
キシーズ用語辞典:ファンなら知ってて当たり前?今更聞けない重要単語は此処でチェック
管理人のぼやき:キシーズの始まりと言える二人の妄想馬鹿記録。

こうして妄想は始まった 

March 04 [Sat], 2006, 1:51
2006/2/18
始まりは芥汰の夢の話でした。
それが、今ではこんなサイトまで!!いやぁ、人生わからないものですね。(え、そういうオチ?!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんか夢の中で赤青パラレルの構想を練ってるんですよ、私。
で、バンドメンバーってどうだろう?とか思ってね。
シードとクルガンとマイクとカミューでバンドをやらせるんです。
でバレンタインにちなんで「キシーズ」(なんかキスとかかけてるつもりらしいよ。ネーミングセンスがなさすぎて泣けてくる)とかいうのを組ませてですね。
新曲が出たプロモみたいなのでカ●ントダウンTVでG●AYとかがやるみたいに後ろ二人立って前二人が座ってるって図式で収録ね。
後ろかマチルダカップルな訳ですが。
前に座ったシードが一生懸命曲のこと説明してるんですよ。
「新曲でましたー聞いてくださいー」って感じで。
で、脇でクルガンさん真っ直ぐカメラ目線。
なのに。
後ろ、赤い人がねずっと青騎士さんにちょっかいを出しててね、全然聞いてないの。
で、テレビの収録終わった途端にシードさんマジぎれ。

「俺が一生懸命話してんのに
(もっともです)

反省しつつ「だってカミューが」とか言い出しちゃう青騎士さんとその肩に腕乗せてちっとも聞いてないで「はいはい」とか言ってるカミューさん。

「リーダー(クルガンらしいよ)も何か言ってやれよ」と怒るシードに。

「コイツらには何を言っても無駄だろう。日本語が通じない」

とか言い出しちゃうクルガンさん。
頭を抱えるシード…ってとこまで考えてから起きたんですけど、寝ぼけて誰がどの楽器やってるんだろう??とか考えてから覚醒しました。

てか、バレンタインって!過ぎたじゃん!!(杉田ってでちゃった)

ああ、もうもっと早く見れば…じゃなくてね。
もう、末期??

こうして妄想は始まった2 

March 04 [Sat], 2006, 1:53
そうして、従姉妹殿(芥汰)のブログに妄想返しをしたわけで…(北の国から風)
私、たなちゅうは喜び勇んで自分のブログに妄想を書き連ねました。
これが、互いのブログを通しての妄想リレーの始まりです。
ここからキシーズは形をなしていくわけです!!
まだ細かい設定も何も決まらず、自由気ままに妄想し放題のあの頃。


以下、2月18日にブログに書いた妄想返しです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バンドde軍人についての考察。
従姉妹殿の夢(リンク先参照)にはリアリティがあるとおもいます。
まさにそういう感じだと思います。
シード可愛い。可哀相だけど…。
バンド…、つまり担当がある訳ですが。
カミューはボーカルだと私は思う。
作詞とか一番しちゃって感情こめて歌ったりとか、カミューってボーカル!
テノールのエロボイスで歌うに違いない。
シードがボーカルでもいいかと思ったけど、
あの子は音痴だったりすると私が個人的に凄く萌えるので却下。
シードはベースもいいかもしれない。JIR○ちゃんみたいな。
短パンとかはくといい!!ギターとも悩むけど。
クルガンがリーダーなのでギターですかね。
リーダーはギター袖無しの法則があてはまるとみた!(GLA○かよ!!)
でね、マイクロトフはドラムとか可愛くない?男らしくない??

ボーカル:カミュー
ギター:クルガン
ベース:シード
ドラム:マイクロトフ

が私の答です。(お前に答えを求めてない!!)

あの、ドラムのケツを追っかけまわすボーカルってどうなのだろうか。
でもゴメン、物凄い18禁というか20禁な妄想があふれ出してきちゃった。
だって、ドラm(それ以上はよせ!!)

いんでっくす 

March 05 [Sun], 2006, 0:01
 
 クルシー小説(キシーズ編)

「愛の深さの測り方」(キシーズ結成後の二人。曖昧な関係に変化の兆し)
(完)

「Another story of white present ~クルガンとシードの場合~」(一話完結)
(たなちゅうの赤青クリスマスSS「white present ~空からのおくりもの~」のそのころクルシーはver.です)

こうして妄想は始まった 3 

March 05 [Sun], 2006, 7:16
従兄弟殿(たなちゅう)のBlogでの返信に2/19にまたまた返したものになります。
この段階では今とポジションが違うのですが、この先まで読んでいけばわかるか、と。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヴォーカル:カミュー
↑冷静に聞けませんね…どうしようって感じ。
でも絶対花形やってそう。ギターかヴォーカルだよね。

ベース:シード
↑夢の中で曲紹介してたからヴォーカルかなぁと思ってたけど音痴なシード超いいね
唯一(いろんな意味で)常識があって苦労しているといいと思うよ。
一番話せるのは実はマイクっぽいよね。
ほら、赤い人とかはもうシードからしてみたら異次元だから。(お前!カミュー様に謝れ!!)

ギター:クルガン
↑なんかすっげーT●KUROポジション確定されてますよね。
多分サービス精神はないよ、彼。
リーダーとか言ってるけど人間関係の処理はきっとシードとかがやってると思うの。
カミューさんも人当たりはいいんだけど、なんせほら。
彼マイクしか見えてないから。

ドラム:マイクロトフ
↑思わず応援したくなる程一生懸命やってそうでいいね
ただ、彼なんとなくリズム感あんまよくない気がするのだけれど…
バンドの要なんだから頑張ってくれ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予定ではこの辺りであー個人的にすっきりしたーと終わるはずだったのですが、ね。

愛の深さの測り方 1 

March 05 [Sun], 2006, 15:39
 その違和感にシードが気づいたのはライブも終盤に差し掛かったノリのいい曲の間奏の時だった。なんてことはない。ただいつもあるクルガンとのアイコンタクトがただその日に限り行われなかっただけである。特別二人で決めた訳ではなかったけれど、いつもライブの時、その曲のそのフレーズでふとクルガンを見ると相手も此方を見ているのだ。それでまた一気にテンションがあがって、とても気持ちよく演奏することが出来るのだ。
 だが、しかし。その日クルガンはシードの方を全く見なかった。他の曲だけでは何とも思わなかったかもしれない。けれど、大分定番になっていてデビュー前からやり続けてきていたその曲でも目が合わなかったということはこの曲を初めて演奏して以来初めてのことである。

 なんか、変?

 そう考えながらクルガンを注意深く観察した。けれど演奏は完璧でペースが狂うことも、ミスをすることもなかった。いつも通りだ。けれど、その何時も通りだということがシードには引っかかった。ライブはその時その時で違うものとなる。ファンからのレスポンスによってプレイヤーも左右されるからだ。けれど、まるでいつもと同じだなんて。まるで「いつもの自分をなぞらえている」ようであった。
 そんなクルガンが気になって、シードの方が最後の1曲でミスをした。あちゃーと思いながら横目で見た先のクールな横顔はやはりシードに注意を払うこはなかった。いつもなら少し咎めるような視線を送ってくるというのに…

こうして妄想は始まった4 

March 06 [Mon], 2006, 0:15
私、全然スッキリさせなかったのね。
いやぁもう、妄想にのってくれるのが嬉しくって嬉しくって!
はしゃぎすぎたっていうね!!



2月19日
ーーーーーーーーーーー

キシーズのライブは凄いですよ。
カミュー様が何かする度に黄色い悲鳴
「きゃーー!かみゅーさまぁーー!!」
そして、なんかちょっと違う悲鳴
「いやーーーー!!カミュー様やめてーーー!!」
だって、きもいじゃん?恥ずかしいじゃん?(酷い)
クルガンはさ、サービス精神とおかん精神を取り除いたTA○URO。
(そんなの別人じゃん!!)
いいよねー、シードと背中合わせで弾いちゃう?え?萌えません??
きっとメンバーはカミューさまが接近してくると構えるよね。コワイ。
シードとマイクのリズム隊って超可愛いとおもうの。きゅんきゅん。
マイクはちょっと心配だけど意外と器用だからドラムできるハズ!きっと!!
しかし、マイクがドラムだとさ、ライブ中のからみがないかな…。
某バンドみたく踊るために前に出てくるのも嫌だし…。マイクがそんな!
だって下手したらラブソングの時はいつも客にケツ向けて歌っちゃうかもよカミュー。
ドラムの方しか見てないとか。
あるいは客席見てるけどオーラが全部ドラム行き。
マイク、前に出てきて欲しいっていうのはあるよね。
マイク、ギター説?
ライブ中にチューしたりするといいよ。
カミューはマイクロトフにお触りしながら歌う。
ギター(ダンスニー)が弾きづらくて怒るマイク。
あ、いいかも。
ダブルギター??
え!?美脚みせちゃうのマイク!?短パン!?(HI○ASHIじゃないから!)

ドラムとキーボードにビクトールとフリックに入って頂くか?

悩むなぁ〜う〜んう〜ん。


真剣に考えすぎててキモイ

ーーーーーーーーーーーーーーーー

まだ答えが見いだせていないですねぇー。
私も従姉妹殿(芥汰)もGL○Y好きなので影響がちらほら。


*たなちゅう*

用語辞典とは… 

March 06 [Mon], 2006, 0:30
用語辞典とは…

用語辞典をごらんになる前にひとつ。

About でも書いたように、
この用語辞典は「キシーズ」に関係する語句を解説したものです。
幻水本編の意味とは大きく違っているものも多いでしょう。
ご注意あれ!(だれだお前は!)

ちなみに、人物などの解説もしていくつもりです。
ありとあらゆる語句を!(言ってしまえばなんでもあり!)

そして、たなちゅうのテンションとノリで書いております。
言いたい放題やりたい放題です。(え)
あとから、言っていることが違う、どちらがホントかわからない、
等々、出てくること必須です。
あまり信用せずに、雰囲気を楽しんで頂けたら幸いです。
(そんなの辞典じゃないじゃないか!!)



(たなちゅう)

こうして妄想は始まった 5 

March 06 [Mon], 2006, 14:52
そんなこんなでたなちゅうの素敵妄想に加速を続けるキシーズ物語。
この色の文字が現在の突っ込みになります。
2月21日
ーーーーーーーーーーーーーー

このキシーズ止まりませんが!!
どうしよう?!
誰か素敵赤青創作家の方に話書いてもらっちゃえよ!
というよりさ。

寧ろ従兄弟殿、これで本だしちゃえよ。←野望が見え始めた

てか、これ日記というか公表メールだよね。(迷惑←やっと気づいた。だってこれブログですよ?

そういえばマイクマネはカミュー専属で、フリックさん残りのメンバー担当マネでどう??
全然他の仕事をしない(というか出来ない)マイクロトフだが、彼がいなければカミュー様は動かないので実は重宝されてる。
しかしいつも苦労してそうで胃薬の手放せないフリックを見て、優しいマイクロトフは。

マイク「俺もその仕事手伝うぞ、フリック」
フリック「いや、いいよ。ありがとう。その気持ちだけで十分だ」
マイク「でも…」
フリック「いや、マジで!本当!!いいから!!」(必死)
↑だって脇で赤い人がにらみ聞かせてるんだもんv
ということで更に胃が痛くなるフリックマネ。
フリックマネには眼鏡とスーツ希望。