s-m-i-l-e 

June 22 [Sun], 2008, 22:04
星の降る夜
あいしてる
あいしてる
魔法のコトバをかけて

いつかは全てなくなってしまうから
この瞬間が大切に思える

あなたとの日々を
忘れないようにキオクした
これでどこまでも持っていけるね

私だけに教えてよ 

January 27 [Sun], 2008, 2:31
青い地球 白く光る雪 
おちてくる

きっと昔 だれかが 魔法をかけたの
わたしたちは 生まれた
ねぇ 教えてよ
この世界 誰がつくったの?
ふたりは どうして 出会ったの?
結ばれることの 意味を
おしえて

常識なんて 知らない わたしたち
どこまでも 走る 夢を見た
緑の中を 何かに 追われながら
この世界を 走り続ける

あの光のように 

January 27 [Sun], 2008, 0:56
砂時計に 身を任せた
もうこんなに時が 過ぎた
夜の 虹は 消えた

太陽の しずく あつめて
ひとつひとつ ポケットに
しまいこんだ 
もう ひとつも なくさないように

誰にも みえない
その 光のかけら
誰もが 心にもっているけれど
本当は みんな 知らない
秘密の場所を さがそう

過ぎた事を ひとつひとつ
後悔することは 
もう過去を 振り返らない
そう 決めた 私たちにとって
いらないわ いらないわ

太陽の しずく あつめて
ひとつひとつ ポケットに
しまいこんだ
もう 二度と 繰り返さないように

ふたりは しまいこんだ

yurayura 

January 27 [Sun], 2008, 0:00

星の重力に さからってね
さかさまに 落ちてゆく

ゆらゆら 火がゆれるわ

kissは 星みたいに
たくさん したいの
ベットの 中で 優しく思い出す
愛の ドレスで 鍵を開けて
赤く染めて 火がゆれるわ

オレンジの ひかり ひとつ
遠くに 見える頃 
いつか昔 草むらの中で
あなたとじゃれあった 
優しい風が 地球を包む

星の重力に さからってね
逆さまに 落ちてゆく

あたしを 抱きしめて

遠い南の島で 

January 26 [Sat], 2008, 22:18

ずっと昔
甘い 甘いガラスの靴 をはいて
遠くの島で あなたと踊った

ヤシの木が揺れ始める前に
月が隠れる前に 帰らなきゃ
ねぇ また明日 ここにくるから
約束しなくても ここにくるから

手をつないで おうちまで送ってね

いつも二人は 一緒にいた
自然に 引き合わされたような…
きっと ずっと 昔から
知っていたような…
遠くの島で 出会った わたしたち
夢だった? そんなんじゃない

手をつないで 明日も笑おうね

ゆめみて 

January 26 [Sat], 2008, 19:00
抱きしめて 今すぐそこに
いくわ だから待っていて

微笑んで 誰にも負けない
あなたの 夢を つかんで

昨日 そっと目を閉じた
想い描いていた 夢を 遠くから 眺めた
いつになったら たどり着ける?
見えたり 時々 見えなくなったり
泣いたって 自信をなくしたって
いつも その夢は 消えない

待っていて きっと行くわ
消えないで いつもあたしの中にある

涙のかけらが いつか
この夢を 叶えますように

どんなに 苦しくたって
毎日 忘れないわ
この夢が あたしを 大きくさせる
涙のかけら つなぎあわせる
まだ こわれないでいて 
この夢を 叶えたいの

あしあと 

January 26 [Sat], 2008, 2:34
笑おう
太陽に向かって
今日も 最高の一日が
送れますように

時々すごく 不安になる
それは 今が 幸せだからだね

でもきっと プラスに考える力が
今を幸せにしているから
この先 どんなことがあっても
大丈夫じゃないかな?

何かあった時は 私が守ってあげるから
大丈夫 大丈夫

過去なんて振り返らないで 
未来の事も考えすぎないで
今だけ見つめて
ほら 一緒に笑おう

愛に 

January 26 [Sat], 2008, 2:28
ねぇ 空を飛んで
あなたに愛を 届けるわ
いつでもいいのよ
眠らずに 待ってるわ

この気持ち ドキドキする心は
いつになっても おさまらない
携帯なんかじゃ わからないよね
メールで愛は 伝わらないわ

顔を見せて ねぇ

たまには手をつないで
街を歩くのも いんじゃない?
ほら 外はもう明るいよ
出かけよう

好きよ 好きよ

KISS 

January 26 [Sat], 2008, 2:24
ぎゅっと抱いて
そっと笑って
唇にKISS 

ずっと描いてたDREAM
少しずつ 現実になってゆく

誰かの足音がした
心の中で 鍵を探した
見えないふりをしていた
聞こえないふりをしていた

追いつめられるとき
泣きたくなるとき
いつも助けられるのは
魔法のことば
「アイシテル」
そこに答えは見えるの?
わからない わからない
けど 少しずつ 現実になってゆくから

微笑むわ 砂の城で
いつか全てが消えるまで
微笑むわ 月の中で
眠ろう 一緒に眠ろう

歌ってよ 

January 26 [Sat], 2008, 2:23
ほら 隠れよう
あの月みたいに

太陽が昇る前に
あなたとふたりで
隠れよう

いい加減な毎日が
今日で終わるって
きっと確信したんだ あたし
SMILEでHAPPYな毎日が
やってくるよ
遊ぼうよ 遊ぼう

まだあの子は 想ってるのね
って 多くの人はそう言う

でもね この片思いと
今日でさよならね あたし
SMILEでHAPPYな毎日が
そこに見えるわ
踊ろうよ 踊ろう
きらきら
きらきら

笑おうよ 笑おう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kisskashi
読者になる
詞を書きはじめました。
自由な感想を頂けたら嬉しいです。
(ちなみに自分の体験を元に…ではなく、想像しながら書いてます♪)

2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる