そのB〜最近改装してこれはこれで良い様に思えます、馬車道 相生〜 

February 27 [Mon], 2006, 2:25
改装前は入ったことがないのですが、
覗いた感じだと、改装以前はモダンな感じの店内で、
非常に昭和モダンな感じの店内だった記憶があります。
調度が全て、「昭和・ミッドセンチュリー」な感じでした。

※ちなみにここは横浜のおみやげ・馬車道アイスの発祥の店です。

最近改装して、まるでホテルのロビーような落ち着いた雰囲気になって、
これはこれで素敵だと思いました。

ちなみにそのときはアメリカンを頼んだのですが、
たしかバラの模様が入った、非常にシャレたコーヒーカップだったと思います。
あの器は椿屋珈琲店のコペンハーゲンに匹敵すると、
個人的には思っています。(他の方もそう思われるという保障はありません。)

そのA老舗の魔力〜馬車道十番館〜 

February 27 [Mon], 2006, 2:08
たまにガイドブックとかにも載っているみたい?(真偽のほどは分かりませんが・・・)
古い公衆電話と、ドアの上のレトロな硝子がチャームポイント的な老舗のコーヒー屋さん。

お店で働く人は、今流行の「メイドさん服」の本物です。
・・・残念ながら(・・・失礼ですね /汗)働いている人に若い女の子は見受けられませんが、
安定した接客技術が売りというところでしょうが、安心してコーヒーが飲めます(笑)。

コーヒーは、ブレンドを頼むと、なんと生クリームが付いてきて、
自分で「ウィンナーコーヒー」ができます。
これは大きな魅力かも☆

あと、入るとすぐに大きなショーケースがあって、
ケーキなんかもあります。

基本的に内装は英国調といったところでしょうか。
喫茶いちょうが昭和レトロなのに対して、こちらは大正レトロな感じです。
外観は大正レトロ、内装は英国調です。

その@公社と妖しさが混在。〜喫茶 いちょう〜 

February 24 [Fri], 2006, 19:04
横浜は関内をもっと行った先に、郵便局やその他公の施設が集まった場所がありますが、
そこに横浜市住宅供給公社も存在します。
その周辺は、レンガ造りの建物が立ち並び、大変雰囲気のある場所なのですが、
住宅供給公社はジミです・・・。

しかしながら、そんな地味な建物の中に、
黒いスモークのかかった窓にぼんやりと浮かぶ赤い照明の喫茶 いちょうは存在します。
非常に入りづらい雰囲気で、中に入るとまた、変な洋風の絵が壁に描かれているのがまた、
「ニッポンが憧れる西洋」的で、妙な雰囲気を醸し出します。
中ではオッサン二人が働いています。
席に着くと、「いらっしゃいませ、なんにしましょう」とオジサン。
「まだ決まってないからあとで呼びます」と言っても、そこに立って待っている、セッカチなオジサン。
私はプリンとアメリカンを頼みました。
アメリカンを作る様子を見ていると、ポットやらなんやらの道具が、
全部昭和で止まってしまったような感じでした。
そして、コーヒーとプリンが来て、食べたわけですが、
なかなか美味しかったです。こういう昔ながらのプリンは大好きなのです。

雰囲気に負けない強靭な精神をお持ちの方は是非、横浜市住宅供給公社へ!

初めまして。 

February 24 [Fri], 2006, 18:58
このブログでは喫茶店めぐりが趣味の私が出会った、
「一筋縄では行かない喫茶店」を紹介してゆきたいと思います。
よろしくおねがいします。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kiss-a-ten
読者になる
Yapme!一覧
読者になる