明日から仕事 

January 06 [Sun], 2008, 21:39
遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
更新しないのが特徴と言って良い程のサブいブログですが、今年も宜しくお願いします。

12/28〜お休みでしたが何もせず、ぐーたらしてました。
大掃除やらホームページの更新もしたかったのですが、結局何もしませんでした。
12月の初めに、不用品を処分したらすっかり家がすっきりして掃除しなくても
なんとなく良いかなぁ。。。なんてね。言い訳ですけど。

しかし、ぐーたらしすぎで体調がめっさ悪いです。
やっぱり規則正しく生活しないとダメですねぇ。
明日から仕事、、、やる気起きないのでそれなりに頑張りたいと思います

話は変わりますが、最近、シャープのエコロジーキャンペーンのCMで、グーパーをする猫がすごい気になってます。


グーパーする姿がスゴイ可愛い。しかも、このデブさ加減とまったりした感じがなんとも言えないなぁ♪見る度に喜んじゃってます。

近況。。。 

December 22 [Sat], 2007, 19:20
いつもながら久々の投稿です

サンタは現状維持というところです。たまに嘔吐することがあるのですが、ケロッとして元気なのです。大静脈の上に乗っている右副腎の腫瘍のせいで気持ち悪くなるのかもしれません。
これ以上腫瘍が大きくならないように、またサプリ始めようかな??と思ったり。
実際、先輩のイタチ飼いさんからお勧めのサプリは投与してるので、効果を期待したいところです。
兎に角、次回のリュープリン時に先生に相談しなければ。
特に対応はないような気もしますが...。

話は変わりますが、今日は近所にオープンした日帰り温泉に行って来ました。
歩いて10分程の駅前に出来て超便利!当然ですが新しい施設なので綺麗ですし泉質も良く気に入りましたぁ。
これから毎週行っちゃいそう

大好きなタイ古式マッサージのコーナーもあって感激!ストレッチと指圧、マッサージと色々な要素が入っていて、コリコリの肩と腰痛に効果抜群なので施術して頂きましたぁ
さすがにこれは毎週受ける訳にはいかないですけど。。。

私の癒し空間が出来て嬉しい限りです♪

サンタの右副腎摘出は断念。。。 

November 04 [Sun], 2007, 22:51
今日はサンタの右副腎を詳しく診てもらうために、大田区の病院に行ってきました。正直、病院に向かうのはテツの通院の日々を思い出して辛いのですが、そんな事も言ってられず。。。

連休の日曜日にも関わらず、患畜さんが多く2時間近く待ってやっと名前が呼ばれました。
今回もテツの時にお世話になった副院長先生が担当して下さいました。

超音波による診断の結果、右副腎の大きさは、右が1.5cm、左が0.5cm。
右は水疱にはなっておらず、腫瘍が大きくなり超音波で映写すると水が溜まったように見えるそうなのです。
やはり通常、良性であってもDNAが損傷されやがて悪性に変異するとのことで、この大きさだと悪性でしょう、とのこと。

手術については、サンタの年齢が6才であり、しかもNZで寿命が平均よりもさらに短いために、既に寿命を全うする時期に来ている。手術をしても劇的に寿命が延びる訳ではないし、術後の経過が問題なので手術は勧めない、という事でした。

悪い腫瘍を摘出することで寿命が延びることを期待したのですが、現実はそんなに甘くないんですねぇ。
なんだか余命幾ばくもない、、、と言われているようで、かなりガッカリしました。

ただ、現在サンタは非常に元気で食欲もあり、副腎以外にトラブルがないのが救いです。
今後は、現在4週に一度200μmgのリュープリンをを3週に一度100μmgの量で投与することになりました。4週間隔だとホルモン分泌に対応が間に合わないので、間隔の短めに設定してホルモン分泌に対する対応を途切れないようにすることが重要だそうです。

あまり悲しいことばかり考えず、サンタとの残された日々を穏やかに楽しく過ごしたいと思います。

サンタの経過 

October 28 [Sun], 2007, 14:37
今日は、サンタの4週間に一度の通院日でした。

もう一年半以上はリュープリンとメラトニンでコントロール出来ていたのですが、残念なことに今日の診断では右副腎が水疱となって1cm以上に肥大しているとのこと。

通常、副腎は過形成(良性)、腺腫(良性)、腺癌(悪性)の3つに分けられるそうで、今迄は過形成(良性)だった物が、水泡になって副腎腺腫か副腎腺癌に変異している可能性が出てきたので、川崎の先生か大田区の先生に診ていただくことになりました。

どちらの先生にするか迷うところですが、主治医曰く、通常の手術は右副腎と大静脈をクリップで留めて右副腎の一部を摘出しますが川崎の先生は右副腎をはさんだ上下の大静脈を止めて全摘出手術することが出来るそうです。
ただ、大静脈との癒着が激しいと手術できないのは同じらしいですが。。。

血液検査の結果は良好で食欲もあるので、私としては6歳であっても手術可能なら受けたいところです。
手術受けないで後悔するより、手術して後悔する方が良いからです。

それから、JFA(http://www.ferret.gr.jp/disease/vet/vet_01.html)のサイトで気になる記事を発見!
副腎摘出手術において、液体窒素の使用が非常に有効であるとか!
川崎の先生も既に導入していらっしゃるのかしら??何だか気になる。

でも、まだ手術すると決まった訳じゃないから気にしてもしょうがないですね。
先走るのは悪いくせ。。。
11/4(日)、まずは受診せねば!!

日帰りバスツアー 

October 27 [Sat], 2007, 11:54
今日は台風による悪天候にもめげず、母と一緒に日帰りバスツアーに参加して来ました。

集合が朝7時(!)なので起きれるか?とっ〜ても心配でしたが、やっぱり人間こういう時は起きれるもんです。ささっと支度して集合時間にはバッチリ間に合いましたぁ。

バスツアーってリピーターが多いのか?遅刻者もなく予定通り出発して順調な滑り出し。高速もこの天気のおかげ?で渋滞なく順調。しかし、サービスエリアでは観光バスいっぱいでビックリ!紅葉時期でもあるので、こんな天気でもツアー代金払っていたら行くしかないですもんね(苦笑)。

ミステリーツアーと銘打っていたので、2時間ドラマ見過ぎの母はちと不安げ(笑)でしたが、那須塩原と分かって二人ともちとパワーアップ。二人とも初上陸なので良かったぁ♪

お昼に「りんどう湖ファミリー牧場」で牛ステーキランチを食べて、その後「那須ビューホテル」で日帰り入浴。お土産屋さんを廻って帰って来ましたぁ。
まぁ、日帰りのお値打ちツアーなので、内容は期待してはいけないものでしたが、天気が良かったらもっともっと楽しめたはず!!

なんと言ってもお手軽に参加できるツアーなので、今日のリベンジのためにまた参加したいと思います。

今日の出来事 

October 07 [Sun], 2007, 19:34
今日は三連休の日曜日。久々の日記更新です

午前中は、サンタのリュープリン注射とマオのジステンパーワクチンのため病院に行きました。連休の日曜日のせいかすごい混んでましたが、比較的すぐ名前を呼ばれて、2匹とも注射だけなのですぐ終わりました。

10/15日 6歳の誕生日を迎えるサンタですが、すこぶる元気で嬉しい限りです。
難を言えば、歯がきちゃない事だけです
土日は病院が混んでいるので、平日に歯石取りをして頂けることになっているのですが、なかなか予定が取れなくて。歯が痛くなる前に早めにキレイにしてもらわないと。。。

午後は埼玉県の日高市にある「サイボク温泉 まきばの湯」に行ってきましたぁ。
ここはサイボクハムが経営している、五つ星認定の源泉かけ流しのある日帰り温泉です。温泉の他に牧場が経営している産直野菜やハム・ソーセージ等の直売所があって、買い物も楽しめるので結構楽しめます。
やはり連休とあってすごい人出!湯船はすこしイモ洗い状態だったので、サウナに避難。ちょっとした観光地なのでしょうがないですねぇ。
産直の野菜を買って帰って来ましたぁ。

イタチスパイラル 

September 06 [Thu], 2007, 14:20
テツが亡くなって空虚な日々。。。
そしてネットに向かうと、フェレット専門ショップの入荷状況を確認してしまう毎日。。。

そんなある時、Googleで「サウスランドフェレット」で検索したところ、
サウスランドフェレット2匹が入荷中のお店がヒットしてしまいました(!)。
偶然にしてはやはり運命を感じるタイミングです。
ホームページには、いたずらそうなV字マスクのNZベビーがおもちゃで遊んでいる写真が
掲載されていているではありませんか。

ここ1〜2年、関西の専門ショップでは取り扱いをしているお店がありますが、
都内のショップではNZを見ることは全くなくなっていたのはご承知の通りです。
やはりこれは、お迎えする、しないに関わらず見に行くしかないでしょう。

疲労困憊の身体ではありましたが、都内のショップに早速見に行ったところ
可愛いNZベビーが小さいケージに2匹いました。
1匹は顔はテツに似ていたのですが、身体が細くて性格は大人しい感じ。
もう1匹はお鼻が少し黒めでおデブちゃん。そして性格はやんちゃで噛みが少し強い。
ちょっと対照的な2匹であります。
しかし2匹とも仲良くて2匹一度にお迎えしないとかわいそう。
心の整理もついていないのに、一度に2匹は難しいですし。
どちらかを選べと言われても選べない。結局その日は帰ってしまいました。

それから2日後、そのショップのサイトが更新されていて、NZが1匹売れているではありませんか!
どっちがお迎えされたんだろう。早速ショップに電話したらどうやらおデブちゃんが残っている模様。

で、

前置きが長くなりましたが、やっぱりお迎えしちゃいました。
あの小さなケージにいつまでも居るのは可哀想ですしね。

笑ってやってください。完全にスパイラルです。
名前は、「コテツ」です♪


コテツは2日間程興奮しまくりで一人でクッククックと家の中を走り回っていました。
なんだかテツが戻って来てくれたようで涙があふれます。
そして、テツと似ているところ探して喜んでいる自分がいます。

コテツはなかなかご飯を食べないので流動食を食べさせたのですが、それでは足りないようで
空腹のため凶暴化してきて、やたら噛んできました。少し手強いヤツなのかな。。。
なんて心配してましたが、3日目に漸く落ち着いてきて、一人でご飯を食べるようになりました。

少し安心して来た矢先、、、また事件勃発!!
サンタが、、、激しい嘔吐と水下痢!!
もしかしてお迎え症候群?サンタは意外と神経質なので
今までもお迎えの度に緑ウンチが出ていましたが、今回はいつものより酷い。

すぐウンチを持ってサンタを病院へ連れて行きました。
診断では細菌性のものではないのは確かですが、ひょっとしたらグリーンウィルスかも
しれないとのこと!
検便ではウィルスは出ないので診断できないそうなのです。
取り合えず整腸剤が処方されました。これで治るのかな?と疑心暗鬼だったのですが、
案の定好転する気配がありませんでした。

2日目、皮下補と抗生物質を投与してして頂いて少し好転して来ました。
老齢の割りにやんちゃしているサンタですが、やっぱりこの年で下痢による脱水症状で
亡くなる可能性もあるのでとっても怖いです。

3日目、なんと今度はマオちゃんが出血を伴う水下痢!!
これでウィルス性の下痢である事が確定的となり、マオちゃんも皮下補と抗生物質を
投与して頂きました。4日目に漸くサンタもマオも回復して、一件落着!

いやぁ〜、ホントに大事に至らなくて良かったです。ホッ。

8/10 テツの旅立ち。 

September 05 [Wed], 2007, 0:02
テツが4歳の誕生日を迎えることなく、「全身性の重症筋無力症」のため8/10に旅立ってしまいました。

5月に皮脂腺腫の除去手術をしたばかりでしたが、食欲もあり元気に過ごしていました。まだまだ一緒にいられると思っていたのに、、、

始まりは7/4の激しい嘔吐と後肢の衰弱からでした。
この時、近くの病院では「大腸炎」と「肺炎」と診断されましたが、予後芳しくないために大田区の病院で診て頂いたところ、レントゲンで食べ物が胃から食道に逆流している症状が見られる為、食道拡張症(巨大食道症)」と診断されました。
肺炎は、食道拡張症により嘔吐物が肺に入ったための誤嚥性肺炎だったようです。

「食道拡張症」、その恐ろしい病名は知っていましたが、まさかテツがそんな病気に罹るとは。。。
頭が真っ白になり、これから始まる闘病生活に対する不安がいっぱいでした。

その後、数週間でなんとか肺炎も治り、食道拡張症に対してはプレドニゾンが処方されて、少し安定している様に思えました。
しかし、全身の筋肉に力が入らない様子や、夜に数分間痙攣を起こすようになっていたので筋無力症の治療をお願いするために再度大田区の病院を訪ねました。
(食道拡張症は胃の幽門部分だけが筋無力症になっている状態)

診断により痙攣と斜頚(頭部が左に傾けたままになる)も見られることから脳腫瘍の可能性もあるため、投薬テストで判断のため入院することになったのでした。
投薬テストの結果、重症筋無力症のメスチノンという経口の薬に反応し、抗がん剤には何の反応も無かったため脳腫瘍の疑いが晴れ、「全身性の重症筋無力症」と確定されました。
この時も難病でもまだまだ一緒に生活できると思っていました。

しかし、その夜、病院からの電話で全く予期していない方向に事態が動いたのです。
電話の内容は、テツが夜ご飯を食べた後に容態が急変し、呼吸困難に陥っていて大変危険な状態であると、、、
その意味は病気が進行し呼吸の筋肉にも及んでいること、、、
さらに今夜が山かもしれないこと、、、病気が凄まじい勢いで進行していたのです。

翌朝、病院からテツが頑張ってくれているという連絡がありテツに感謝しました。
酸素ハウスから出たら亡くなるかも。。。という状態でしたが、少し落ち着いたので
酸素ハウスを借りて自宅で看取ることになりました。

8/5(日)大田区の病院からテツを引き取り、途中に代理店に寄って酸素ハウスを受け取らなけばならないため、移動途中での呼吸困難の恐れがありましたが、自宅に着いたと同時に呼吸困難が始まって間一髪のところで酸素ハウスに入れたのでした。

酸素ハウスに入ってホッとすると同時に、何も治療できず看取らなければならないなんて、、、なんてむごいことをしているんだろう?
と思いました。しかし、こうするしか選択肢がないのも事実です。
酸素ハウスに入っても全く動けないテツでしたが、ひょっとしたらこの状態で生き延びれるかな??という期待を裏切って、テツの容態は日毎に悪化しました。
家に戻って5日目の夜、私が帰宅して30分程経ってテツは旅立ってしまいました。
私の帰宅を待っててくれたようで、とても感謝しています。

あんなに可愛かったテツがもうこの世に居なくて、既に小さな骨壷に入って眠っている。こんなのって悲しい。悲しすぎる。。。でもこれが現実。
テツの写真を飾れる日が来るのかなぁと思うけど、焦る必要なないでしょう。
きっと時間が味方してくれる・・・。


でぶマオ 

May 09 [Wed], 2007, 22:22
4日間のGWも終わり、あっという間に現実に引き戻されました。
まあ、長い休みも旅行とかしないと、なかなか有意義に過ごせないものです。
この位が丁度良いかもしれません。

旦那が久々に写真と撮ってくれたのでアップしたいと思います。
どれも可愛く撮れてます(親ばか)♪

ところで、マオちゃんは、おでぶです。テツ並みの食欲で体重がどんどん増え、なんとマーシャル坊やなのに1.6kg!あります。で、、、可愛すぎて困ります(デレッ)。
今は亡きチョロもお尻がとっても良い匂いだったのですが、マオもとっても良い匂いです(ウットリ)♪
シナモンちゃんはみんな良い匂いなのかしら??

まだ1歳に満たないマオはビビリ屋で人間馴れしてません。
恐らく1歳過ぎて落ち着く頃に漸く馴れてくれるのでは?と思ってます。
オツムは成長して欲しいですが、身体の方はこれ以上横に成長しない方が良いと思う今日この頃です。

サンタ 5歳7ヶ月
僕、眠いよぉ〜。(なぜか、サンタはいつもカメラ目線なのよねぇ)


テツ 3歳7ヶ月
相変わらずでっぷりお腹。頭の皮膚にイボが出来ちゃった(涙)。


マオ 9ヶ月
僕、ビビリーです。で、ついでにおデブです。

バベル 

May 04 [Fri], 2007, 22:09
5/3からやっとGWでした。
会社のカレンダーでは9連休のはずでしたが、仕事が逼迫しいてGW返上で出勤してました(滝涙)。
5月、6月も忙しげ。。。貧乏ヒマなしなのは良いですが、老体には堪えます(苦笑)。

最近近くに大型ショッピングセンターが出来て、その中にシネコンが入っています。
休日は本当に遊ぶ所がなくて困る田舎でしたが、少し娯楽が楽しめるようになりました。

自分的にはハリウッド映画は好きではないので、大型の映画館では観たい映画が限られてしまいますが、今回は話題の「バベル」を観てきました。
ネットでこの映画のレビューを見ると、つまらないとか意味不明とか、反対に感動した等、賛否両論に分かれています。
私的には、絶望的なストーリーの中で一筋の希望が見える終わり方は良かったと思うのですが、かなりどん底に突き落とされるので、なかなか這い上がるのに大変だなぁ、と思いました。
実際、エンドロールが流れても席を立つ人が少なかったのです。

感動的か?と問われると答えに難しいのですが、最後の10分前に流れる音楽でなぜか、わぁっと涙が出ます。泣けるシーンではなかったので、自分でも不思議だったのですが、今までの緊張が音楽になって和らいだからだと思いました。

監督はメキシコ人らしいのですが、ラテン系の人が創ったと思えない作品です。
この作品から得たものは、やはり菊池凛子という女優の存在を知ったことでしょう。

自分はやはりイギリス映画やフランス映画が合ってます。
観ててハッピーになる映画が良いから♪
最近ではイギリス映画の「キンキーブーツ」を観たかったのですが、すっかり見逃しました。
これに出演している、キウェテル・イジョフォー、彼は今私の一押しの俳優です。
DVDレンタルで観るしかないですが、ちょっとマイナーだからあるかなぁ??

邦画だと、宮藤官九郎が脚本を担当する映画「舞妓Haaaan!!!」が公開されますね。TVドラマで同じく彼が脚本担当した「ぼくの魔法使い」というのを再放送で観たのですが、ストーリーが奇想天外&ギャグ満載ですごい面白かったです。
きっと映画も面白いに違いないと思うので "期待大" です。