炊飯器で作るチーズケーキ、そして牛丼。 

May 04 [Tue], 2010, 10:51
どこまで材料を買いに行ったのだ、ということでようやく材料が揃いました。

えーっと、先に牛丼を作りますね。

この間、街で牛丼を食しながらふと
「こんなの家で作れるんじゃないか?」と思い、
クック○ッドから割り下で作る牛丼作ってみたら、
お店の味とはかけ離れすぎてて、もうちょいなんとかならないか、
とオールアバウトみてたら、なんか良さげな作り方載ってたので
作ってみたかったのです。

で、材料。


なーんか、暗い画像ですが、だいたい材料と分量はこれであっているハズ。
皿とか生活臭がでておりますが。
なるほどワインとかカツオだしとか入れるわけね。あ、ショウガ買い忘れました。
この材料用意するところが一番料理で楽しいとこだね。

で、まず汁ですね。
といってもチャッチャと材料鍋に入れてしばらく冷ます。だそうです。

このあともう一回冷ますらしいですが、ここがポイントなんだそうです。ふーん。

ということで冷ましている間にチーズケーキ行きましょう。
これはアマゾンで買った本の作り方で行きます。
表紙の肉じゃがが美味しそうで釣られて買ってしまった。

で、材料。特にこだわりなし。

主にローソンなんとか100とかまいばすけっとなんかで
適当に揃えました。
しかしお菓子系の材料って高いですね。
ビスケットは袋の中ですでに潰しました。ヒマだったので。

で、まず台の方です。
ビスケットはすでに潰してあるのでバターを入れるそうなので
そっちの処理ですね。
「電子レンジへラップをかけずにバターを入れてとかす」を
やってみたんですが、途中で爆破してレンジの中、バターまみれに
なってしまったんですが、何がいけなかったのでしょうか。

まあ、いいや。とりあえず清掃。で、その爆破したバターとビスケットを
まぜて冷蔵庫に冷やしたあと炊飯器へ。

なーんか、小学校の時のうさぎのエサみたいですね、見た目。

で、チーズ生地ですか。クリームチーズはラップで包み、
レンジの弱キーで3分加熱でやわらかくする、つーか
「弱キー」なんてないですよ。大丈夫かなあと、おもいつつ
レンジへアタック!が、やっぱだめ。

見事爆破されました。もうちゃんと穴あけておくとか書いておいてよ。

で、あとはひたすらボールへサワークリーム、グラニュー糖(ってなんだ?)
レモン汁、卵、薄力粉、バニラエッセンスを入れ、かき混ぜる。

あー、電動のかき混ぜ機があると楽ですね。


ようやく炊飯器へゴー。

これで炊飯開始、40分プラス炊飯具合だそうです。

さーって、また牛丼です。
冷ましたタレに玉ねぎとお肉と投入。

おお、やべえいい匂いだ。
で、肉に火が通ったら終了。このまま冷まして
食べるときに温めて食べる、と。

これはいい。美味しい。前回の割り下とは比べ物にならん。
お店の味かどうかはさておきツユと玉ねぎは間違いなく美味しい!

しかし、お肉だね。やっぱ適当に買ったせいか、煮ると硬いんだよね。
吉野家が米国産にこだわったのがちょっとわかったような気がする。
もっと脂身が多い肉を選ぶべきなんだなあ。と感想。

次はこれをやってみようかな。
人気あるみたいだし。
ずいぶん簡単だけどワインとかみりんとか入れなくて大丈夫か?

と、いうことで長くなってきたのでこのへんでおしまい。
どっちがメインかわからなくなってきましたが、チーズケーキのくだりは
またにします。

---
ということで締めの一句。

牛丼は
原価いくら
なんだろう


一杯300円前後で大丈夫なんでしょうか?
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kishi_asao
読者になる
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31