ニキビ転じて福となす

February 23 [Sat], 2013, 13:25
ニキビ対策というと、やはり石けんなどで洗うことを思い浮かべます。にきびは基本的に、皮膚に脂肪がたまり、毛穴がつまることですから、その脂肪分をとってしまうことが効果的といわれているからです。
 もちろん、その対策がいちおう正解ですが、私の経験では、洗顔でかえってニキビを悪くする場合があります。なぜなら、洗った後不潔なタオルなどを使うと、雑菌がついてニキビが化膿しやすくなるからです。脂肪がたまるだけならまだ軽度なのですが、化膿して赤く腫れるようになると重度のニキビ、ということになります。
ニキビ ほほに出来て化膿したものは本当に目だって困ります。
 ですから洗顔した後は、なるべく清潔なもので拭くか、あるいはヘアドライヤーのようなもので乾かすべきなのです。そして、ニキビ対策に定評のある薬を塗布すべきでしょう。
 ニキビは私もけっこうできたほうですが、遺伝的にできやすい人がいるようです。そういう人はなるべく食事も気をつけたほうがいいでしょう。もちろん、育ち盛りの時期にできるのがニキビですから、栄養不足になってはいけませんが、偏食を直し、お菓子の間食をやめ、規則正しい生活をすることは実行すべきです。ニキビは病気というほどのものではありませんが、何かしら体の悩みがあることで、人間はかえって健康的なくらしができるようになることがあります。災い転じて福となすです。ニキビ対策などはまさにその一例でしょう。ニキビをさらに悪化させないために、食事に気をつけ、間食をやめ、規則正しい生活をするようになればそれに越したことはありません。
 
P R
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28