季節の変わり目に体調を崩す原因と症状|体の中から良くするには?

May 09 [Fri], 2014, 3:33
季節の変わり目には体調をくずしやすくなります。

気温や湿度、気圧の変化が短時間のうちにおこり、
身体のリズムがついていけなくなってしまいます。

そのため、体調を整えようとして
自律神経に大きな負担(ストレス)がかります。

すると、体の免疫機能の低下に繋がり、
風邪をひきやすくなったり
体調を崩してしまいがちな時期なのです。

同様に、夏にエアコンの効いた室内と
暑い屋外を出入りすることでも
自律神経にストレスがかかり体調を崩しやすくなります。


季節の変わり目に起こる体調不良の症状としては、

・風邪
・頭痛
・肌荒れ
・めまい
・肩こり
・嘔吐

など様々な症状がでます。

しっかり体調管理をすることで症状が軽くなったり改善されます。

季節の変わり目に限らずですが、
体調を崩しやすい人は下記の点に注意してみてください。

【良質の睡眠をとる】

睡眠不足は体の免疫機能が低下するので、
しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

【しっかり食事を摂る】

しっかりと食事を摂って
季節の変わり目に負けない体つくりをしておきましょう。

そして、体を内側から守る力をサポートするのが
「乳酸菌」です。

乳酸菌を腸にまで届けることで
体調を崩すことなく維持することができるようになります。

中でも、ハウス食品の「ラクトプランL-137」は
乳酸菌を加熱処理することでパワーアップさせて、
腸にまで届く力を持っています。

乳酸菌HK L-137に4種類のビタミンB群とビタミンCを配合しているので
体の中から季節や加齢に負けない守る力を補助できます。

WEB限定で初回32%オフで購入できるので、
気になる方は下記の公式サイトをご覧ください。
  ↓        ↓        ↓