健康第一だよ

January 26 [Sat], 2013, 20:12
トコトリエノールの働きは酸化を遅らせる効果が一番知られてはいますが、それ以外にも肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生産を抑制したりするというようなことが確認されています。
ポリフェノールで最も有名な特性はL-アスコルビン酸やトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化を防ぐ効果をいかんなく発揮するのです。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間でクッションと同様の役割を担っている椎間板(ついかんばん)という名前の柔らかい円形の線維軟骨が飛び出してしまった症状のことを表します。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と呼んでおり、カビの一種である白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、お尻などの部分に何らかの理由でうつり、定着してしまった病気の事であり簡単に言うと水虫です。
ストレスがかかり、溜まるという理屈や、手軽なストレスケア方法など、ストレスについて詳しい知識をお持ちの方は、まだ少ないようです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は就寝中ではなく覚醒状態で生命を保っていく(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の活動、体温や筋緊張の保持など)ために要る基本的なエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。
耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分かれていますが、中耳の近くにばい菌やウィルスなどがうつることで炎症が発症したり、体液が滞留する病気を中耳炎と称しているのです。
人間の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類されますが、この中耳付近に黴菌やウィルスが感染し、発赤等の炎症がみられたり、体液が滞留する病気を中耳炎と称しています。
毎日の規則正しい暮らし、食べ過ぎないこと、適切な運動や体操など、アナログとも言える身体へのおこないが皮膚の老化防止にも役立つのです。
大体は水虫といえば足を思いつき、こと足の裏に現れる皮膚病だと捉えられていますが、白癬菌にかかるのは足しかないのではなく、全身どこにでも感染するという危険性があります。
ご高齢の方や慢性的な疾患を持っている方は、特に肺炎に罹りやすく治療が長引くという傾向にあるので、予防策の徹底や早めの手当が大切なのです。
老化による耳の聞こえにくさにおいてはなだらかに聴力が低くなるものの、通常は60歳を超えないと耳の悪さを確信を持って把握できないものです。
筋緊張性頭痛とは肩凝り、首こり、張りから来る患者数が多い頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような激しい痛み」「頭が重苦しいような鈍い頭痛」と言い表されます。
塩分と脂肪の大量摂取を控えた上で適切な運動を行い、ストレスの少ないような暮らしを意識することが狭心症の素因である動脈硬化を予め防ぐポイントだといえます。
収縮期血圧140以上の高血圧がある程度続くと、血管に重い負荷がかかり、頭の先から足の先までありとあらゆる血管にトラブルが起きて、合併症になってしまうパーセンテージが大きくなります。

リンク: ミュゼ香川
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kis333
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kis333/index1_0.rdf