妊婦さんに限らず部分的な冷えで困りませんか?

October 08 [Thu], 2015, 18:07
どんどん寒くなってきて妊婦さんに限らず多くの女性や男性でも
上半身だけとか下半身だけなど部分的な冷えがなかなか改善されず
活動にいろいろ制限ができて困る方も多いですよね。

たとえば、下半身の冷えがひどいときには40℃位のお湯で足浴すると
その間は気持ちが良いのですが後片付けをしているうちに冷えがぶり
かえしてきたりスグ布団に入ってもどんどん冷える方も多いです。

それで、湯たんぽやアンカ、電気毛布などが手放せないという方も
多いですが芯からきている冷えだとなかなか手先や足先まで温まる
のに時間がかかったり全く温まらないという方も多くいます。

なので、普段から食事は朝食を野菜たっぷりのおかずや味噌汁を自炊して
昼も夜もおかずを変えながら自炊したものを食べるようにして
血流などのめぐりが活発になるように変えてみましょう。

材料は、茹でた野菜なら枝豆やアサツキ、アスパラガスなども良く
生のウニやイクラ、ホタテなどや納豆や甘栗、海苔なども
血流を活発にしてめぐりを良くしてくれるといわれています。

また、血海や梁丘という膝の太もも側(上)のくぼみ始めたあたりの
内側と外側の骨にあたりそうなツボや内踝の上から手の指4本分上の
三陰交というツボを深呼吸しながら気持ち良い位押すのも効果的です。

そして、仰向けに寝てでも椅子に座ってでも良いので
鳩尾と下腹部に手を当てて鼻から息を吸って口をすぼめて
息を吹き出すように深呼吸をくり返すのもおすすめできます。

できれば、膝に大きな負担がかからないように(湯船の中や)
椅子に座って椅子の両端に手の平を着きつま先が天井に向くように
ゆっくり深呼吸しながら曲げ伸ばしをくり返すと良いです。

でも、どんどん寒くなってきたり忙しいときや時間がとりにくい
ことも多くなかなかこれらの血流に良いことを全部やるのは
難しく大変だったりしますよね。

そんなときは、遠赤外線の肌着が「冷え」でお悩みの身体を芯まで
温めるという岩盤浴に使われる天然鉱石を練り込んだ繊維を
使っているものに変えてみてはいかがでしょうか?

BSFINEの着る岩盤浴シリーズなら部分的なケアで温められ
レッグウォーマーの愛用者の中にはむくみや痛みも改善された
という方も多くいます。

妊婦さんに限らず部分的な冷えで困り
BSFINEの着る岩盤浴シリーズ肌着が
気になる方は下記サイトをくわしくご覧ください。
↓ ↓ ↓


現代人に多い低体温はケガや病気も通年で多い?

October 08 [Thu], 2015, 18:06
現代人に多い低体温になると、一般的に血行が悪くなり、
免疫力が低下し、疲労やアレルギー、生活習慣病などの多くの病気に
かかりやすい状態になるといわれていますよね。

とくに、婦人科疾患は低体温や冷えが関係するといわれていて
健康な人の基礎体温は約36.5℃、細胞の新陳代謝が活発で免疫力も高く、
ほとんど病気をしない状態を保つともいわれるくらいです。

低体温の人の体温は35℃台以下ぐらいで、新陳代謝が悪くなり、
体温が下がって基礎代謝が低下するので、
体調を崩す原因になることも多くなってしまうんですよね。

体温が下がって免疫力が低下すると、カゼなどの感染症や
病気にかかりやすくなったり、花粉症などのアレルギー症状が出やすく、
いろいろな体調不良の原因になるとも言われています。

また、かぜ等に感染すると体温を上げてウイルスを死滅させようとしますが、
低体温では内臓の温度が上がりにくく、
抵抗力が弱まってかぜが治りにくくなるともいわれます。

なので、今からでも息を鼻から吸って口をすぼめて吹き出すようにして
少しづつ体温を上げてなるべくゆっくりの動作をこころがけて
しっかりと手足を指先まで伸ばす意識をしてみましょう。

更年期障害、自律神経失調症、生理不順なども低体温から?

October 08 [Thu], 2015, 18:05
低体温(35℃)になると、更年期障害や新陳代謝の低下による肌のくすみ、
自律神経失調症、生理不順などを招くことが考えられています。

低体温や冷えは万病の元とも言われ、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、
生理痛、不眠などの不快症状が現れてきやすいと場合があります。

自分では気づかないうちに低体温になってしまっている場合もあるので、
体温を高く保つための工夫をすると症状が改善される可能性は
とても多くあると考えられています。

冷たい食べ物や甘い食べ物は身体を冷やしてしまい、
低体温の原因となるのでなるべく温かいものを多く食べて
甘いものが少なくなるようにした方がいいかもしれません。

無理に食べない系ダイエットをすることで、
ミネラル・ビタミンのバランスが崩れてしまいますから
体重が落ちる以上に筋力や免疫力も急激に落ちてしまいます。

有酸素の運動も不足すると血液を送る筋力を刺激しない状態が続き、
筋力が低下して低体温になりやすくなりますので
息を鼻から吸って口をすぼめて吹き出すようにしましょう。

ほかにも、精神的なストレスが解消されずにたまったり
冷暖房が体調と合わない状態が長く続くことで
体の芯まで冷え切ってしまうこともあります。