オークランドにて。 

2005年08月24日(水) 18時22分
宿泊先のパソコンのため、今回画像はナシです(>_<)

23日夕方に出発した、ニュージーランド一週間一人旅☆
一泊目の夜から、さみしさにへこたれた↓↓
これには自分でも本気びっくりした。
あのやる気と、楽しみはどこいった?!ってほどだった。
日本食や、日本に残してきた彼氏が恋しくて恋しくて仕方なくなった。
私、感情が暴走して空回りしてしまうところがあるから、
それをどうやってセーブしていいか分からなかった。

でも、ノー天気な彼氏とのノンキなメールのやりとりで、何とか自分を取り戻せた。
そーだ、私、わざわざ落ち込みにきたんじゃないのよ!!!
そして、何だかんだ彼に支えられてるなって再確認。
愛してるよ、こーちゃん☆☆☆

心配だった英語も、今のところそんな不自由はしてない。
季節が真逆で寒いのと、バスメインの地理感覚には手こずってるけど、
今日でけっこう学習したし、明日はもっと広範囲を見て回るぞ★

LOVE OR FREE? 

2005年08月20日(土) 2時25分
「空飛ぶ自由は独り者の特権さ。」

ちょっとオーバーなタイトル付けてしまったかな^^;でもこれは、今回の旅行の2nd-Themeなのです。
マジです。

私は来年一年間休学して、
海外で生活したいって考える。
当然、彼は私の考えを淋しく思ってる。
私だって好きだもん。
離れてやっていけるか分からないくらい、
大切な人だと思ってる。
「彼か憧れか?」
このジレンマからいつまでも抜け出せない。

私は自分の揺れやすさを知ってるから、
彼と離れた時に近くで支えてくれる存在が現れたら
きっと心が揺らいでしまう。

彼が悲しむのは私はすごく嫌だし、そんな自分は許せない。
ずっと側にいれば
ずっと愛し合っていける自信もある。

でも、
旅をして
色んな人に出会って
色んなことを経験してみたい。
恋愛の意味でなく、もっと普遍的な意味でね。
そうゆう自由を過ごしてみたい。
こんな気持ちも私の中に芽生えてしまった。

私は欲張りだから
どっちかなんて選べない。
いつも両立・共存の道を探してる。
二者択一なんかできない。
それは、両方ともを中途半端にしてしまうのかもしれないけど……

今回の旅行は一人で行く。
そこで、一人で考えてみたい。
私は納得のいく中間の道を見つけられるのか?
それとも、やっぱりどっちかを選ぶのか?

NOVAにて。 

2005年08月16日(火) 9時51分
「Hello

昨日NOVAで、一緒にレッスン受けた生徒さんの話聞いて、
ちょっと考えることがあった。

私が8月末に行くニュージーランド旅行の話題をレッスン中に出したところ、
終わってから、その人が
「NZ行くんですか?私ワーキングホリデーで行ってたんですよぉ」

それから少し話して、
日本人が多かったことや、ワーホリしやすい国だったことなど聞いた。
「NZはほんとに日本人多いから、自分から機会つくらなきゃでしたね〜」
最後にその人はこう付け加えて、その話は終わった。
これ自体はよく聞いてきた話だし、ある程度私もわきまえてるつもり。

でもね?
その人、ワーキングホリデー行った後なのに
私とおんなじレベルでNOVA通ってるの?
レッスン中も全然積極的に英語話そうとしなかったし?
正直私のがしゃべれてるんじゃ・・・?

私留学より実践的に英語学びたいって思って、
ワーキングホリデーを考えてたのに。
行っても、英語力この程度なの???
何かあんましワーホリに魅力を感じられなくなってしまった。

もちろんね、向こうでどう過ごすかってので結果は全然違ってくると思う。
だから、一概に英語力が伸びるかどうかは言えない。
駅前留学でもぺらぺらになっちゃう人もいるし、
外国行っても、上達しない人もいる。
結局自分がどうするかってのによるんだけど。
私は、がんばるよ!!!

とりあえず、8月末ニュージーランド一人旅行ってくる
そこでいろいろ考えよかな◎

初記事。 

2005年08月15日(月) 1時54分
最初なので、キリンの絵を載せてみました。
「これから日記っぽくいろいろ書いてきたいと思います、よろしく。」
と、←の彼が申しております。

まず、今日の気づき。
最近バイトが10時であがらされてまう。
ほんまは11:30までやのに。
お店暇やからしゃーないかなって思うけど、これじゃ稼げんじゃん!!

って思ってたんだけど、
1時間半も早く帰れると、その後の楽さが全っ然違うのに気づいた。
お風呂もゆっくり入れるし、
早寝の彼氏と電話できるし、
こうしてブログもできる。
このゆとりを思えば、たかだか+\1200程度の給料なんて何でもないかも。

生活には、もちろんお金も大切だし必要だけど、
マイペースな私にとって、ゆとりはもっと大切みたい。

暮らしの中の「ゆとり」の大切さ、忘れないようにしたい。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kirin_kirin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる