Sex Sleep Eat Drink Dream

2005年10月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像すかし
移転 (2008年10月19日)
アイコン画像じゃぶ
移転 (2008年10月05日)
アイコン画像まさる
移転 (2008年09月30日)
アイコン画像酢だこ
移転 (2008年09月26日)
アイコン画像まあむ
移転 (2008年09月24日)
アイコン画像竹内幸二郎
シックインジェクター#2 (2006年06月21日)
アイコン画像Teratini
移転 (2005年12月01日)
アイコン画像ルー
移転 (2005年12月01日)
アイコン画像Teratini
移転 (2005年12月01日)
アイコン画像ルー
移転 (2005年11月30日)
MyClip
 Amazon.co.jpアソシエイト
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kirie
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
移転 / 2005年10月12日(水)
Movable Typeに宗旨替えしますた。
http://www.platon.co.jp/〜hem/
 
   
Posted at 07:57/ この記事のURL
コメント(10)
mixi 続 / 2005年03月02日(水)
が、やっぱり連動は解除した。
mixi側のコメント通知の方が便利だ。
ここは閉鎖して、mixiに完全移行するかどうか迷い中。
 
   
Posted at 14:27 / ネット / この記事のURL
コメント(0)
mixi / 2005年03月02日(水)
知りあい系サイトmixiの日記機能とヤプログを連動させてみた。
使い勝手は良いのか悪いのか?
mixi側からはアクセスできるが、ヤプログ側からmixi側へはアクセスできんのだろうなあ。
しばらく様子見。
 
   
Posted at 14:03 / ネット / この記事のURL
コメント(0)
きょうのこんだて / 2004年12月14日(火)
○ポテトサラダの残り
○大根葉の炒め物
○ひとくちカツ
○煮物の残り
○漬物
○かぶとにんじんの味噌汁

小麦粉と卵とパン粉を使って、無造作にフライを揚げられるようになっている。
もはやクッキングパパである。
問題は、生き物をさばけないことか。先週生きたワタリガニを3匹鍋用に買ってきたのだが、縦真っ二つに断ち切る作業は妻に泣きついてやってもらった。カニが往生する場面は見るに忍びなく、陰でこぶしを握りしめて泣いていた。(嘘)
 
   
Posted at 23:50 / 生活 / この記事のURL
コメント(0)
きょうのこんだて / 2004年12月13日(月)
○ポテトサラダ
○えびマカロニグラタン
○和風煮物

最近マカロニグラタンが好評である。
ポテサラよりもマカロニサラダの方が子供たちに評判がいいのだが、じゃがいもが余っているのだ。かにかま、オリーブオイルと黒酢が決め手。味の素を入れるのを忘れてしまった。
深夜帰宅し、グラタンの残りを肴にBourMore1杯で就寝。
 
   
Posted at 23:38 / 生活 / この記事のURL
コメント(0)
痛風 / 2004年09月10日(金)
先週土曜、目が覚めると妙に右足土踏まずが痛い。どっかで打ったのか?いや、この痛みは…(滝汗)。2002年11月のat Heart Beat 悶絶ライブ以来の発作だ。ハイハットを4分8分16分裏と開け閉めするたびに激痛に身を貫かれ、演奏中に吠えまくりながら耐え抜いたあの日がつい昨日のようだ。MCでVoのまりえが客におばらしになりやがって、ギャラリーアンケートのドラム欄には判で押したように「痛風とは何か?」という質問が大量にあったことだなあ。
土曜はとりあえず、2年前にもらって余っていた鎮痛剤を飲んでごまかした。で、今朝起きたら、今度はいつもの左足親指第一関節周辺に不気味な痛みが…(泪)。今日も鎮痛剤を飲んでごまかしたが、さすがに明日は病院に行かねばなるまい。
あろうことか、9/23は八女提灯祭り夕時コンサート出演である。その前に、明日は幼なじみTeratiniを交えたクリムゾン・セッションである。ライブ直前には3日連続の練習もある。眩暈が…。やはり、この夏に大量に摂取したビールのプリン体が原因だろうなあ。今日からプリン体99%オフの端麗アルファにしよう。いや、やはり食生活そのものを改善しなければ…。などと2年前にも考えたものだったが、発作が治まって以来そんなことは今まできれいに忘れ去り果てていたといふのに…(泪)。
 
   
Posted at 01:02 / バンド / この記事のURL
コメント(2)
元祖住吉亭白雲荘 / 2004年09月04日(土)
天神での仕事を終え、田主丸での所用まで2時間ほど間が空いたので、博多さぬきうどんに向かったが、あいにく閉まっていた。太宰府まで一般道を進み、「男汁」というTVで見たラーメン屋を探したが見つからず、しかたなく水城の元祖住吉亭白雲荘に入る。ここは、いつも通っている博多駅南の「ラーメン住吉亭」とは何の関係もない(byラーメン住吉亭)らしいのだが、なぜか名前も味も酷似している。のれん分けの際にいろいろあったのかもしれないが、味に関してはラーメン住吉亭の方に軍配を上げたい。
ラーメン住吉亭よりもやや黄濁したスープは、あっさり系を目指しているのか博多豚骨系を目指しているのかが判然とせず、個々のパーツ自体はおいしいのだが、全体的な調和(特に麺とスープ)がとれていないような気がする。好みで各自加えられるように辛子味噌の壺が備え付けられているが、辛子高菜以外にスープの性格を変えてしまう香辛料を添えることは、ラーメン住吉亭では考えられないことではなかろうか。
 
   
Posted at 05:48 / 博多の食(ラーメン) / この記事のURL
コメント(0)
レノン / 2004年09月03日(金)
樅だれ屋を出て、満腹&ほろ酔いのまま、すぐ近くのロック・バーLENNONに入り、キープしてあるOLD CROWをロックで飲む。ここに通うようになって、すでに20年近くは経過している。超絶的な音響環境で、好きなジャンルの音楽を聴くのが目的で通っているのだが、ここ数年は他の客と会話せざるを得ない状況に陥ることが多く、最近はなんだかなあって感じである。まあ、興味深い話ができる場合もあるので、それはそれで悪くはないのだが…。
1時すぎにのんびりと自宅に向かって歩いていると、2人組の若者に突然声をかけられた。ごく普通の外見であり、普段接している教え子たちと大差ない連中である。「オリンピックと志村けん、どっちが好きですか?」酔っ払いかと思いつつ、「志村けん」と答えると、「じゃあ、志村けんのギャグをなにかお願いします」一瞬躊躇したが、気がつくと「あい〜ん」をやっていた(笑)。その後も、3人で同時にジャンプしてくれの、ラインブレークがどうしたの、タックルさせてくれのとうるさいので、それ以上相手にするのをやめて橋を渡ってすたすた歩き去ったが、川べりを歩いていると対岸の道を1人の若者がなにやら全力で逃げている。追っているのは2人組の若造だった。フェンスを乗り越えて、必死で逃げまくっていたので、よほどのことがあったのだろう。「いたぞ」「あそこだ」などという叫び声も聞こえてくる。
今にして思うと、あの2人組は強請たかりの輩だったのかもしれない。私が無事だったのは、ビビりもせずに平然としていたからではなかろうか。箱崎周辺の治安が悪化しているという噂は聞いていたが、実際自分に振りかかるとは考えもしなかった。危害が及ばなかっただけでも幸運だったのかもしれない。
 
   
Posted at 05:32 / 博多の食(飲み屋) / この記事のURL
コメント(0)
樅だれ屋 / 2004年09月03日(金)
21時ごろ帰宅し、懸案の手羽グリルセットを目当てに一人樅だれ屋まで歩いた。店はいつものように大学生の集団で大賑わいだったので、1席だけ空いていたカウンターに座れたのは僥倖であった。手羽セットは売り切れ状態だったが、来店するたびにまだ見ぬ手羽焼きを求めていた私のために、2本だけ残っていた手羽でセットを出してくれた。ガスコンロで手羽・砂ずり・軟骨を焼きながらビールを飲む。やや複雑な割引システムの恩恵で、手羽セットのビールは1杯¥90で飲めるという、今どき信じられない店である。樅だれをたっぷりつけた手羽はビールを誘発し、気がつくと立て続けにすでに3杯空けている。マカロニサラダ(¥190)、チキンサラダ(¥290)を追加注文し、レア・ブリードのロックを飲みながらあっという間に平らげてしまった。塩味の利いた、樅だれであえたマカロニサラダがさらに酒を呼ぶ。最後に樅だれ豆腐丼を頼み、勘定を訊ねると都合¥1,750であった。学生街の店とはいえ、これで本当に採算は取れるのだろうか?(汗)
 
   
Posted at 04:42 / 博多の食(飲み屋) / この記事のURL
コメント(0)
箱崎亭 / 2004年09月02日(木)
前日は夜須のA氏宅でのルーマン研究会終了後、あれこれ議論しながら朝4時まで鯨飲していたために、したたかに二日酔いであった。昼の予定をメールでキャンセルし、午後過ぎまでA氏宅で爆睡。カレーライスをいただいた後、後輩のO氏を載せて、夜須近辺の薬店を回ってシックインジェクターホルダーを探しながら福岡に戻ってきた。今回はホルダーは発見できず。二日市でO氏と別れ、帰宅するとなぜか酔いがぶり返し、夜の予定もキャンセルして21時頃までうとうとしていた。空腹を覚えたので吉左衛門の丼定食を食べようと車で箱崎へ向かったが、あいにく定休日だった。予定を変更し、最近毎週のように足を運んでいるラーメン店箱崎亭に向かう。
地下鉄箱崎九大前から細い裏通りを筥崎宮に向かって100mほど行ったところにある、ひっそりとした店である。
ラーメン、ライス、餃子のラーメンセットが¥500という破壊的な料金だが、ここのラーメンは最近ひそかに注目していたりする。八角?の香りが特徴的な非常に濃厚なスープにコシの固い中細麺のマッチングが良く、ライスとの相性は抜群である。いつ来ても客が少なく(私を含めて2名しか客がいなかった)、店主の無愛想も相変わらずだったが、ここは隠れた名店だと思う。
 
   
Posted at 04:01 / 博多の食(ラーメン) / この記事のURL
コメント(0)
  | 次へ  
 
Global Media Online INC.