練を残さずにコンビ二でバイトするなど 

November 10 [Tue], 2009, 6:59
また、押尾被告の保釈中に、水面下では、その半生を振り返る著書の出版も計画されていたというのだが、今回の厳しい有罪判決を受け、計画は頓挫。押尾被告に協力するスポンサー離れも始まっているという。

また、前出の関係者は、「本当は芸能界に未練を残さずにコンビ二でバイトするなど地道に生きるのがいいんですよ。たとえ写真週刊誌の餌食になろうとも。でも、彼はぶち壊してしまった仕事の違約金を稼がなくてはならない。となると、やはり芸能界にしがみつかざるをえない」とも語っているのだが、全ては、押尾被告の再逮捕の有無次第ということになりそうだ。