予知能力 

April 17 [Mon], 2006, 23:57
私には昔から不思議な力が出るときがある。

意識をしないうちに未来がふっと見える。

それは毎日あることではなくて

見たいから見えるものではなくて

あるときふっと見える。

フラッシュバックのように目の前というか、頭の中にバババっと映像が見える。

時には雰囲気というか空気で私に伝わってくる。



ある日、友達の森村さんと話してるときに

また予知が見えた。



沙織「私、結婚する人ができそう」

森村「え?」

沙織「今、見えたの」



白いドレスを着てはにかみながら笑ってる私。

その隣にいる人がはっきり見えた。




黒髪の優しそうな顔の人

A型の人



私たちはみつめあって笑ってた





沙織「きっと、もうすぐ出逢うの」



目の前にでてくる

頭の中に入ってくる

映像をそのまま口にコトバに出した





えと・・・・それは・・・・



沙織「この人だ」





それはネットで知り合ったばかりの

まだ会ったこともない

あまり知らない人だった






好きとか

そんな感情はまだまだなかった





けど、私にはわかった


見えた





私の隣で笑うこの人の姿が見えた。




本名すら知らない。

声すら聞いたこともない。





けど、なぜか私には彼だとわかった。

予知を見た日から 

April 18 [Tue], 2006, 0:08
予知が見えた日は3月13日だった。


そして、その3日後の3月16日。

私と彼はついに出会うことになった。






前の日、自分の見た予知に半信半疑になった。

「いくら私だって、あんなにはっきり見えたからと言っても当たるとは限らないだろう」



天気予報は60%雨。

晴れるといいねって言い合ったけど、

どう見ても曇りになりそうだった。





彼に会うために服を買った。

どんな服がいいだろうって

どうしたらかわいくなれるだろうって

まだ会ったこともないのに

こんなに服に悩んだのは初めてだった。





靴を見るだけでいくつのお店を見てまわったのだろう

足が痛くなって

やっと見つけた





しかし、会ったこともない人にたいして

そこまで浮かれたり

自分の予知に踊らされるのはどうだろうと

ふと冷静になる自分がいた






「てるてるぼうず作らなきゃね」



彼からのメッセージを見てほほえましく思った




暗黙の了解というのか

社交辞令のひとつだと思ってた





その日の彼の日記を見て

私はびっくりした。




そこには

「どうしても晴れてほしい日があるから」



11人のてるてるぼうずの写真があった




全員に顔を描いてあった




見た瞬間、涙が出た





きっと、きっとこの人だ  って。


もう、迷わないよ。




きっとあなたなんだ。

他の人じゃだめなんだ。




あなたの守ってくれた約束は

どんなちいさいことでも

私にとってはとても特別で

涙が出るくらいにうれしいことなんだ。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kirari301
読者になる
Yapme!一覧
読者になる