最近… 

2006年01月16日(月) 17時48分
北朝鮮の金氏に動きが見えるようですね
もしかしたらブッシュ大統領の任期切れギリギリに
戦争が起こるかも知れません
ここで問題なのはアメリカが北朝鮮に攻め込んだらどうしますか
という質問をソウル在住のかた100人に聞いたところ、
口をそろえて「日本を相手に戦います」的なこと言っているらしいです
日本人は戦争に対してちょっと勘違いしているような気がします
日本が今まで戦争に巻き込まれなかったのは
平和を誓う憲法があるからじゃないです
アメリカの背中に隠れていたからです

スイスのような中立国ほど敵国が攻めてこないよう威嚇するために
軍事力は強大なんです。
残念ながら平和は武力で守られているのが現状

しかも、アメリカと戦争したところで、
北朝鮮はアメリカまで核ミサイルを飛ばす技術はないです
飛ばせるとしたらせいぜい日本までとか…
アメリカと北朝鮮が戦争始めたら、
日本は核ミサイルの餌食になる可能性があるんです

ほんとにダメだよ。
戦争は何も生み出さないもん
命と自由を奪うだけ
武器の値段が子供の命より高いってどういうこと
自爆テロはどんな人がいくらでやるか知ってる
子供〜青年が¥2000を家族に渡すために
爆弾抱えて人ごみに走っていく…
それでいいわけそんなわけないじゃん
大体大人が武器を高い値段で取引するから悪いんだって。
その金で学校とか本とか建てたり買ったりしようよ
募金とか
ほんとに頼むよ
うちらが大人になったときとかいわずに
いまから出来ることしていきたい
でも、みんな知らない&深く考えてなさ過ぎる
嫌がらずに考えようよもっともっと

中国の環境問題2 

2005年12月24日(土) 14時24分
さすがにこの状況はまずいと政府は判断したのかな
北京緑化計画」が実行されているようです
でも、そこでやってるのは工場から汚染物質が流れ出ないようにするとか、
枯れた草木を植えなおすような地道な努力じゃないんだな〜…



これ、何しているかわる
枯れた草を着色料で緑色に染めているんです
人口が多い北京でさえこの状態。
人里はなれたところはどうなっているんでしょうね
しかも、このような「緑化計画」が進められる中で行われる

北京オリンピック

いや〜、楽しみですね

「自分には関係ない」と思っている方。
昨日も書きましたが、これらのことは隣の国で起こっているのです。
春1番に乗って汚染された黄砂が飛んできたら?
汚染物質たっぷりの中国の川が氷った氷が
流氷として北海道にどんぶらこ〜どんぶらこ〜してるらしいでっせ
春になってそれが溶けたとき、日本海が汚染されて
そこで漁ができなくなる危険があるということで日本の漁師さんは
頭を抱えています同じくロシアの皆さんも流氷に関して
神経を尖らせているみたいです。
充分日本でも困ったことになります

 私はあくまで「こういう考え方もあるよ」という
  1例を挙げたに過ぎません。
  別に中国の方や政府を全面的に批判しているわけではありません。
  そこのご理解をよろしくお願いいたします。

中国の環境問題。 

2005年12月23日(金) 18時33分
結構社会科の時間に中国の環境問題が
話題にされるんだけど、いや、すごいね…中国
なんかね〜…昔の日本みたいな公害が今起きてるみたい。
でも、規模とかは昔の日本の比じゃないと思われ。

ちょっととあるサイトで拾ってきた画像をいくつか。
中国のニュース番組で実際に使われた画像らしいです。



これ、スライムですか?



後ろに見える紫色のものはです
相当の異臭を放っているもよう。

こんな状態のお水ですから、もちろんお魚たちは…



こうなるわけです

大気の方も相当です。



ほんっとにきっつい写真ですよね。
でも、これ、お隣の国ですよ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kirakira51
読者になる
Yapme!一覧
読者になる