ラーメン食堂 石井製麺所 塩らーめん

January 05 [Sat], 2013, 6:53



スープの色は茶色味の強いクリーム色。
粘性が強く、滑らかなとろみは口の中でしっかりと実感できるほど。

そしてこのスープ、結構脂のニュアンスが強い。
一口目から「むわっ!」と攻めてくる。

この「むわっ!」っと感がオレのお気に入り。
これを感じるたびに、「ああ??キタ??」と実感できる。

ただし「好き」と「嫌い」は紙一重。
自分はこの「むわっ!」が好きだからいいんだけど、苦手な人には結構キツイかもしれない。
そういう意味では好き嫌いの別れるスタイルと言える。

でも大丈夫!
「むわっ!」が好きになればいい!(笑)




麺はやんわり縮れの入った中太麺。
茹で加減柔らかめで、優しいスープに寄り添うような柔らかな食感。

スープ・麺ともに控えめな主張で、強烈な押しはない。
その分無理なく、するすると食べられる。




チャーシューは中サイズで厚みのたっぷりあるやつが1枚。
みちみちっとした噛み応えがすごくイイ!
しみ出すスープと肉汁がとろとろと絡んで、何とも言えない充実したうま味が広がる。

これは美味い!
力強い、そして質の高い美味しさが思いっきり楽しめます。


トリプルウェーバー

中華亭 高橋軒 秋野菜の濃厚ベジポタラーメン

January 05 [Sat], 2013, 6:53



画像からはイメージ伝わり辛いけど、スープはかなり油ギトギト。
ここまでガッツリ爽やかさがないと、なんか変な意味で感心してしまう(笑)。

おかげで終盤になると、かなりキツイ。
食べれば食べるほど、スープがドロドロしたペースト状になってくる。
それが麺にベッタリからむから、これでもか!というくらい攻められる(←?)。

ここまで来ると、もう食事というよりはほとんど戦いの世界。
根性なきゃムリだ!!




麺はコシのある中太麺。
食べてみると分かるけど、ものすごく弾力があって、噛むとギュッと押し返してくる。

なかなか反抗的な麺だ(笑)。




チャーシュはトロトロ系。
ハシで持ち上げようとするとモロく崩れる。

口の中に入れるとゆるりと砕け、肉の芳醇なうま味をじっとりと広げる。
甘く、そして深みのある味わい。
上質なうま味はひっかかりなくスッと舌にしみいってくる。

これはイイね?♪


鼻呼吸グッズ

中華食堂 中西 冷やし塩ラーメン

January 05 [Sat], 2013, 6:53



スープは濁りの強い茶色。

粘度はさほど強くないけど、濃厚さはしっかり。
豚骨の野性味あふれる骨太な味が最初にズンと来て、多層的なうま味が輪のように幾重にも広がる。

美味いね!

厚みのある構成。
力強い重量感。
ゆるゆると続く余韻。

充実した深みのある味はさすが!




麺は太麺ストレート。
茹で加減は中程度、若干柔らかめ。

表面がつるつるで、文字通り”ちゅるちゅる”と口の中に入っていく。
喉を通る時の滑りもよく、テンポよくすいすいと食べられる。

小麦の風味が生きたふんわりとした味で、力のあるスープとの相性はピッタリ。
弾力があり粘りもかなり強いので、噛んでいる時の感触がなんとも心地よい。

”食べている”を実感できる、いい麺です。




チャーシューだって黙っちゃいない!?

脂肪分たっぷりのチャーシューは、口の中に入れるとトロリと脂がにじみ出す。
ぷるぷるの食感はさらに食欲をそそり、もう一切れ欲しいというところでなくなってしまう・・・。

ああ・・・なんて思わせぶりなチャーシュ!(笑)


いびき防止テープ

中華食堂 水野製麺 鶏とんこつWからし醤油

January 05 [Sat], 2013, 6:53



このスープがたまらない!
だしの旨味がたっぷりと乗った濃厚な味つけで、麺のピュアな味をしっかりとデコレーションしてくれる。

なるほどこの強いスープに合わせるなら、麺自体にも強さが必要だなと納得。
どっちが負けてしまっても、この美味さは出せない。




麺は平打ちの太麺。
本家は丸い麺だから、もうこれは全然別物ですね。

表面はつるつるでのど越しはよし、弾力感もイイ感じ。
ただこねた小麦から来る、あの独特のふくよかな優しい味の広がりはないですね。
何というか、どことなくこんにゃくっぽい食味。




山盛りもやしの下には超巨大チャーシュー。
ただ面積が大きいだけじゃなくて、厚みもブ厚い。

うれしい?♪

ゼリー状の脂はぷるぷるとした食感で、食べると口の中でとろんと溶けていく。
ちょうど焼肉屋さんで食べる軟骨とよく似た感触。

お肉の部分はみっちりとした食べ心地。
肉汁はほとんどなく、ちょっとパサついた感じのハードな肉質。
ワイルド系ですね。
スープが濃いから、この乾いた感じが余計に引き立つ。
ハード+ハードで、Wハード。
しつこい??(笑)。


こうしてバトル系ラーメンしっかり完食。
んまかったぁ???♪♪


ネルネルテープ

ラーメン 吉川屋 重厚つけ麺

January 05 [Sat], 2013, 6:53



頼んだのはノーマルのらーめん。

いいッスね、このシンプルさ。
奇をてらわず、ごくごくオーソドックスに作り込まれたラーメン。
でもキラッと光る個性がある。
これこそプロのラーメンですね!

スープは温かみのある茶色。

レンゲですくってつつっとすすると、肉厚な豚骨のうま味がしっかりと、そして力強く伝わってくる。
濃厚ながらも、しつこくない、実にバランス感に優れたスタイル。

やっぱ美味いわ??♪




麺は”まさか”の細麺。
ハリガネまでは行かないけど、よく替え玉で出てくるようなあのレベルの太さ。
勝手に太麺イメージしてたオレは、思わず「おお???そう来たか!」って感じ(笑)。

この麺、美味しいですね。
ツルツルっとしてて、きれに喉に滑り落ちて行く。
ソフトな味は強めのスープの押しを抑えて、味わいのバランスをきれいに整えてくれる。

茹で加減は中程度。
ほんの少し芯を残すくらいの茹でで、しっかりした噛み応え・弾力が感じられる。

うん、美味い!




チャーシューはふっと口の中を走る抜けるような爽やかなうま味。
脂でどろどろしているようなニュアンスは皆無で、スキッとしたキレのある肉の美味しさだけが光る。

これイイですね!
ラーメン全体に、何というか、エネルギー感を与えています。
質の高い、見事なチャーシューです。


鼻呼吸テープ

ラーメン 井上屋 KARA辛つけ麺

January 05 [Sat], 2013, 6:53



スープの色は茶色の入ったクリーム色。
濁りはかなり強い。

必須のにんにくはしっかりつける。
明日は休みなので安心。
家族はすごく嫌がるが・・・(汗)。




麺は中太麺。
今回も程よい弾力感。
口の中でむちむちっと心地よい反発力を返してくる。

そしてふわふわとした、小麦の柔らかな味。

これがまたいいんですね。
ハードなスープに優しさを添えるようで。
ちょうどコーヒーとミルクのような関係。
両極なふたつの個性がぶつかることで中庸になるわけではなく、逆にお互いの良さがさらに強調されるように響き合う。




チャーシューは中程度のサイズのものが2枚。
肉質のキュっと締まったタイプで、脂ぎったベトつきは全くない。

口当たりはスキッとしたストレートな味が広がり、後半肉の濃厚な風味が尻上がりに増してくる。
豚肉の純な味をそのまま表現した分かりやすい味。


ネルネル

ラーメン亭 長谷川屋 牡蠣白湯麺

January 05 [Sat], 2013, 6:53



スープは、ちょっと画像からはニュアンス伝わりにくいけど、グレーがかった色調。
そう、カニみそのあのグレー。

で、味。
モロにカニみそ。
もうごちゃごちゃ説明する必要がない。
あのまんまのテイスト。

あまりにダイレクトなんでびっくりしたわ(笑)。

そして美味いんだぁ?コレが♪
直球ド真ん中の濃厚な磯の風味。
ミネラル感抜群で、じっとりと舌に浸み渡るカニみその味。

これウメーーわっ!

そして何がスゴイって、カニみそ風味が完全に豚骨の風味を押してる点。
普通豚骨の方が強いでしょ?
どんだけ投入してんすか?って感じ。




麺は細麺。
コリコリッとした食感が心地いい。

強烈な濃度で力づくな主張をするのではなく、程よくうま味の充実したスープと、しっかりとコシのある麺が絡むことで、素朴で素直な美味しさが楽しめる。
実にバランスのいいラーメンです。




チャーシューはその名の通り表面をバーナーで炙ったもの。
たっぷり4枚入り。

柔らかくとろとろの状態で、口に入れると肉のうま味がドドッと溢れ出す。

おおー、こりゃ美味いわ!

重量感のある豚肉の味に、程よい苦味、そして脂のとろんとした透き通った甘み。
チャーシューというより、焼肉に近い味。
それだけにこれ単体だけで見ると、ブラックペッパーが見事に生きるんだな。
何の違和感もない。
その一方でスープの味は濁してしまう。

あっちを立てれば、こっちが立たず。
んーーー料理って難しい・・・・

まあオレは食べて勝手な事つべこべ言うだけですが(笑)。


スカルコントロール

ラーメン 秋山 お塩小太郎

January 05 [Sat], 2013, 6:53



色は濁りのある薄茶色。

豚骨らしい力のあるギュッと詰まったうま味と、動物系のゆるりとした甘みが、交差しながらゆっくりと広がる。
舌の上でとろんとした感触がはっきりと感じられるほどの粘性があるけど、味はそれほど重たくない。

美味しいですね。
丁寧に作り込んでるんだな?というニュアンスが素直に伝わってくる。




麺は細麺、バリかたで注文しました。

ん?、イイ茹で加減。
ゴワゴワした食感に、ポキポキとした噛み応え。
そこに粘性の高い真っ赤なスパイシースープがどろりと絡み、旨辛い独特の美味しさが広がる。

あ?辛いのLOVE♪




チャーシューは拍子木状のヤツが数本。
これにもやっぱりド粘系スープがべったりと絡む。

肉は中心までしっかりと柔らかく、噛むとジューシーな肉汁がジュワッとあふれてくる。
すがすがしく、キレのある味。
スープがソースのように絡むことで、さらに味の層が厚くなる。

このチャーシューもイイですね!
素直に美味しいです。


腹筋トレーニング器具

麺屋 山内 家系ラーメン

January 05 [Sat], 2013, 6:53



スープは真っ黒。
ここまで黒いとスゴイな。

早速レンゲでひとすくい、そのままつっとすすると、なんだろう、とにかく味がきれい。
ゴテゴテとデコレーションされた味じゃなくて、必要な味だけを拾って組み立ててあるような、そんなシンプルさ。
いやシンプルというのとも違うな。
醤油独特のじっとりとした味の広がり、鶏ガラの香ばしいうま味、そして濃くはないけど力のある不思議な食べ心地。
余計な要素を一切差し込まない、潔い吹っ切れた味わい構成。

だからかな、本当に澄んだきれいな味。




麺は太麺。
弾力感が見事で、噛むたびにむっちりとした反発を返してくる。

この食感がイイ!

ひと噛みごとの感覚的ボリューム感、そして濃厚なスープの味覚的ボリューム感。
このふたつが融合して生まれる、何とも言えない充実感。

やっぱ美味いょ?!!




チャーシューはちょっと弾力のある食感。
トロトロ系とはまた違った食べ心地を楽しめる。

汁をしっかりと吸っていながら、お肉の旨味も失っていないから、口の中での存在感は抜群。
ゆっくりゆっくり味わいながら食べることで、チャーシューの持つ豊かな風味を存分に堪能できる。

んん????イイ!!


超音波温熱吸入器

ラーメン食堂 渡邊 がっつりしょうゆめん

December 28 [Fri], 2012, 6:13



スープはご覧の通り濁りの強い薄茶色。
ノーマルラーメンの照りの強い黒っぽいスープとはかなり違う。

口に含むとぽったりとした食感。
マイルド&クリーミーで、確かに濃厚と言えば濃厚。
かなりの粘度で舌の上にべったり貼り付く。

とは言え、味はそれほど濃厚ではない。
中庸な濃度で、くどさしつこさは全くない。

自分としてはちょうどいい濃度感。
このくらいが一番気持ちよく食べられる。

味わいは深みたっぷり。

豚骨独特のとろりとした旨味と柔らかな甘みは、程よく調和しながらゆっくりとした速度で広がっていく。
そして口の中に溶けるように沁み渡りながら、しっとりとした風味が最後まで後を引く。

イイ感じです。




麺は細麺。

茹で加減柔らかめ。

この麺もクセがなく、ツルツルと食べられる。

正直特徴に乏しいけど、まあこんな感じかな・・と。
スープとのマッチングは申し分なし。




チャーシューは分厚いのが4枚。
いいね?このゴージャス感。

この店のチャーシュー、トロッとしてたり、メチャメチャ味付けが濃かったり、パサパサしてたり、その時々なんだけど、今日はちょっとパサパサ系。
でもおかげでスープとの馴染みが良くて、すごく美味しかった。

しかもこのボリュームだから、満足度十分♪


ネスレドルチェ
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kipling_world/index1_0.rdf